スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

「イメージ」できると、人生が変わるワケ。【視覚化のスキル】

あー、どもども。夏樹です。天国に至る黄金の5つの鍵。そんなわけで世のスピリチュアルに関心ある人たちがたびたび使用法を誤る「イメージ」(視覚化、ヴィジュアライゼーション)についてこの記事では書いていきたいと思う。

 

唐突だけど、スピリチュアルな道には、霊性を高めたり、基礎的な魂の力を磨く行法があったりするよな。

 

魂の6つの行。

あるいは、仏教でいう八正道。

 


みなそれぞれ、この道を歩く上でとても大切な能力を養ってくれる行法だ。

よく人に聴かれるのが、そういう行法、メソッドはつまるところ、どういうものなのか。


もっと言うと、それで幸せになれるのか?ということを聴く。

 


ある意味新鮮だ。そういう問いはさ。

オレはもう、ある意味、


「この世はスピリチュアルな探究、

 成長への取り組みこそが、

 本当に大事なことなんだ」

 

ということを完全に受け入れてしまった人間だ。


だから日々の仕事、人間関係、

すべてにおいて、この視点で見つめ、検討し、取り組んでいる。

だからなんと言うか、「これで幸せになるのか」というのは、「言うまでもない」ことですらあったんだ。

 

よく聞くだろ。


スピリチュアルなメソッドで、


「もっと幸せになれる」


「もっと自分が変われる」


「本当のあなたになれる」


「運気を高める」


「引き寄せの法則で願いが叶う」

「考えるだけで成功する」


こういうコトを売りにするスピリチュアルなサービスは、

まぁオススメはできん。(笑)

 

しかし、可能ではある、と言おう。単純にそれらだけをウリにすると問題はあるんだが、それはまた別のところでいろいろと話しているのでここでは割愛する。では、なぜ、自分も変えるコトができて、本当の自分になって、幸せになれるのか。

 

それはスピリチュアルな成長や探究とは、ある面では、宇宙を貫く探究、この世界の実相、そして「自分」という内的宇宙の探究だからだ。スピリチュアルな道は、本当の意味で、「自分」という宇宙を開拓し、切り開き、開拓し、豊かにするシステムだからだ。

 

観察⇒集中⇒視覚化

そしてそんな探究において、「視覚化」 (ヴィジュアライゼーション)というスキルが、とても重要になってくる。場合によっては、もっとも重要かもしれない。


なぜなら、重要なプラクティス、瞑想、スキル、ヒーリング、すべてにおいて、視覚化の能力が前提になっているからだ。


そして視覚化は、「観察」と「集中」によって養われる。


ほとんどすべての瞑想家、ヨギ、ヒーラー、あるゆる人たちが、視覚化の能力が重要であることに同意してくれるに違いない。

 

花にマインドを集中する

たとえば、あなたは「花」をじっくりと観察するとしよう。

そして記憶に保持し、「集中」する。

それが魂を沈潜させる、というプロセスだ。


このとき、あなたの「脳」は、まるで虫メガネのレンズのように、マインドと呼ばれるエネルギーを想念において再現した「花」に集中する。


このプロセスを繰り返すと何が起こるのだろう。


集中したマインドによって、あなたは花を想像し、創造し、具象化し、そして理解するだう。真に理解するだろう。

花を通して、あなたは「智慧」を得るのだ。

もちろん花に限ったことではありません。

あらゆる物事をあなたは、

マインドの集中─すなわち、観察、集中、視覚化を通して理解していくことになるのだ。

 

 

アチューンメントとは・・・

ちなみにね。よくスピリチュアルな人が

言う「アチューンメント」ね。


本物のアチューンメントは、上記の中に含まれている。集中し、魂を沈潜をさせていくプロセスはアチューンメントと呼ばれるものと同一だ。まず最初の段階なのだ。


まぁ、上記の通り、正直地道だわな。

けど、こんな地道な訓練な中に、

本当に養うべき、大切なスピリチュアルなスキルが潜んでいる。こうしたプロセスを通し、たとえばゆくゆくは「本物の」大天使など、高次の神々ともいうべき存在たちとアチューンメントが果たされていく。


なので視覚化の可能性と役割は、とても一回や二回の記事では書ききれない。


さらに言えば、これらのプロセスは、三次元的なものでなく、現実には存在しない、スピリチュアルな意味を持つ幾何学の文様等に対しても同様なんだ。おれたちはさまざまな「シンボル」とか聖なる意味を持つ幾何学模様とかに対しても同様に視覚化、そしてアチューンメントを通して、真の意味の開示を待つ。おれたちがスキルとしての視覚化とアチューンメントを高め、霊性において「ふさわしい」レベルに至るとき、真に高次の真理が、「向こうから」開示してくれるだろう。

 

 

と、そんな訓練を・・・

最近、少し疎かにしていた気もするので、また講座等でもじっくり取り組むかなーと思っている次第。

※2016年夏ま現在、実際に講座では連続して視覚化を練磨中。(笑)みなさん大変なようですw

 

どんどんと座学よりもワークが増えそうだ。(笑)


なんて書いているのも、そんな理由からだったりする。


オレ自身もね、何か分からない人生の謎、スピリチュアルな問題、哲学的な問い・・・。


それらを時折、観察、集中、視覚化を通して、その意味や答えを探ることがある。そのとき、直面していた物事や問いの表面的な意味を超えて、深遠な意味や知恵に触れることが、時折だがあるよ。


そんなとき、宇宙のタイミングの荘厳さ、全知たる存在の深い眼差しを人生の片隅に垣間見ることになるのさ。だからまぁ、スピリチュアルな道を歩むなら、視覚化をもっと養わなくてはな、

と自戒を込めて思った次第。


ま。そんな話さ。

 

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで読者の魂の力を賦活する
8本のメールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。

それが、キモだぜ!
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter