スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

過去世、現世、来世

さて。タイトルの仕組みや真偽についてウンヌンは言わない。いちお、神秘学系ブログ。今さら、そうした議論はしない。



在るという前提で様々な議論を展開はするが。今回はちと違う。モノの記事で読んだのだが、江原氏氏に対して、占い師からクレームがかなりあるらしい。



巷ではまだまだ占い師と霊能者の区別が曖昧で、占い師に来世はどうなる、とか占って欲しいと来たりするそうだ。そのうち、来世に期待して自殺なんてヤシも出たりしないだろうな、とその記事ではあった。



別に江原氏に限らず、そんな来世に期待して自殺なんてバカげたことをすればトンデモないカルマになるということくらいは述べている。普通に彼らの言説を受け止めれば、現世をマジメに生きなきゃいかんな、となりはすれ、逃避の自殺なんてむしろ減るはずなのだが。



さて。そんなことよりも、過去世について安易に教えることについて、オレさまはむしろ警戒する。ダンブルドアは一応、このテの学びの道にいる弟子たちには、準備があるとみなして語ることは多々ある。オレさまはあまり過去世には関心がないほうだが、自分の覚えているものや「こうじゃないかな」と思しきものについては聞いたりしている。



以前、ひょんなことから観てもらった別の霊能者も同じ過去世を指摘していたので、まぁ間違いはないだろう。ディティールが同じだったので、さすがに偶然はあるまい。



だが、「準備」ができていないときには、自分で思い出したならともかく(それこそ準備が整ったという一番の兆しなんだが)、別の人に教えてもらうと、あまりいいことはない。ましてや、それが歴史上の人物だったり、今と比べて華やかな人物だったりした日には、そっちにばかり気をとられてしまうのだ。先祖がえりならぬ過去世返りをしてしまう。



本当は、どんなに華やかな過去世があっても、「今」がもっとも進化している。あるいは、霊的な償いの道に在る。わざわざ過去の自分を顕在化させてしまうのは、退化に他ならない。いま、過去の自分を思い出していないというのは、そうである必要があるからこそ、覚えていないのだ。それはこの世界のシステムをくみ上げた神の恩寵ですらあるのだ。だからこそ、過去世について教えるのであれば、弟子などその人物をよく知っていて、教えても大丈夫だろうという確信があったり、いわゆる過去世療法のように、あえて過去世を知ることで、学びや癒しにつながるだろうと考えられるケースに限ったりした方が良いと思う。



すぐれた神秘家はいわずもがなで行うことだが。知らぬべきことは知らせないものだ。ダンブルドアを見ていても、そう思う。



一方、江原氏の番組とかだと、おかまいなしにタレントたちに教えているそうだな。エンターテイメントである以上、そうした要素が欠かせないのは分かる。しかし、安易に過去世はなんだかんだと語りまくるのも、本人にとって(またテレビという万人が見てるメディァとして)、いかがなものかと思わないでもない。



精神世界文化(伝統的なものではなく、今“スピ系”と言われるもの)が黎明期に在る以上、ゆっくり適切に育って欲しいもんだぜ。そうでなくては、まだまだ根強い唯物論の潮流に飲み込まれ、人類にとっての不幸を招きかねない。



ま。そんな話だ。

 

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter