“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

火の瞑想に関して

どーもー。


風邪で寝込んでいたオレさまですが、
ぽまいらはいかがお過ごし?


いや、寝込むとほんと、
思うね。


健康、最高!


よーやく今日からぽつぽつと仕事にも復帰ですわ。


さて。
昨夜はオレさまも、
かなり気合いれて「火の瞑想」に取り組んでいた。


今度は、
実際のロウソクを使いつつ。(笑


「火」というものは、キリスト教で言うところのミカエルと呼ばれる存在の力を象徴している。


そしてロウソクに揺らぐ炎とは、
自身の中に宿るミカエルの力の投影でもある。


ロウソクの炎の揺らぎは、
己の中のミカエルとのつながり度を象徴する。


曇りなく、健やかに燃え滾る炎は、
正しくミカエルの力がそのうちに現れている。


イメージだけに限らず、
実物のロウソクとの対話においても、
それはまた現れるものなのだ。


人に体温という熱を与え、
生命という炎を灯す。


血に宿り、
魂を躍動させる熱の力。


健全に燃えることができる魂は、
正しくミカエルとともに在る。


人は、
どんな人であれ、
四大天使と呼ばれる大天使たちとともに在る。


人の身体とは、
4大天使たちが調和する神殿なのだ。


神殿を美しくして、
4大天使の力を正しく機能させるのは、
人の務めなのである。


ろうそくの炎との対話。


それは、まずミカエルとの対話になるのである。


大天使とのアチューンメント(波動をあわせる、対話)というのは、
こうした作業を通して少しずつ始められるのだ。



決して、怪しい儀式だの伝授だのは、必要ない。(笑


ま。そんな話だ。



↓【Facebookページ】「いいね!」をクリックして、各コンテンツ記事をどうぞ。↓





関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter