“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

メルマガ【魂の神秘学】VOL.9 読者からの「Q and A」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■VOL.9「今号のコンテンツ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・読者からの「Q and A」

・編集後記



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■読者からの「Q and A」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いよぅ。

オレさまだ。

ぽまいら、今日も元気に働いてっか?



市井の暮らしをまっとうに保ち、

誰恥じることない稼業に勤しみ、

市民の務め、父としての、母として、

兄として、妹として、そして誰かの友として。





そんなごく当たり前の在り方をまず生きる。

その土台を外したスピななんてありえねぇからな。





さて。今回は、オレさまに届けられたQandA、

それ自体をメルマガのコンテンツとして送ろうと思う。





ちなみにぽまいらも、

ブログやFBページを通して質問よこしてくれていいんだからな。





シンプルならその場で答えるし、

大物(笑)なら、こうしてメルマガになる。





さて。始めよう。



今回は、文化論的というか社会心理学的というか。

ちとうざいので、こういう話が好きじゃないのは、

読むのやめてもぜんぜんいいからな。



質問自体も、少し長い。

ちなみに、増刊号1を読んでの質問だ。



質問:

「日本がエキゾチックとありましたが、

日本人・日本文化そのものが異界寄りというか、

シャーマン体質的(?)である割合が高いということでしょうか。



もしそうであるのならば、

男性であれ女性であれ 余程のことがない限り、

どれだけ理論的に生きても、決して行過ぎにはならないと感じたのですが、

いかがでしょう?



私は日本人特有の察しと思いやりの精神という考え方そのものが、

共依存や共存、境界例に近いものに感じています。



もしそうである場合、

相手のことを思いやるという意識や行為が、

一種のチャネリング・相手と(極端に)つながる・つながろうとする

状態を引き起こするのではないか?と感じます。



だとしたら、無意識的に自分が他人になり代わろうとしていることに気づかず、

自分がナニモノかわからなくなって くるのでは?



自分がある程度頑丈でない場合、

相手のことを思いやるという意識・

もしくは文化自体が自身を危険にさらすものになりうるのではないか?



であるならば、行為に対して男女問わず自分なりの理由づけをして

心身の頑丈さを身に着けていかない限り、

自分自身でい続けることそのものが難しいのではないかなあ?



と、考えて先ほどの質問に至りました。」





なかなか、

面白いな。まず、後半から答えよう。





しかし、基本的に人に質問するときは、

「なぜ●●なのか」と、一文でスパン!と問いを立てるように。



いい「問い」というのは、

それ自体がセクシーなのだ。(藁



おっと、話がそれた。





「私は日本人特有の察しと思いやりの精神という考え方そのものが共依存や共存、

境界例に近いものに感じています。



もしそうである場合、相手のことを思いやるという意識や行為が、

一種のチャネリング・相手と(極端に)つながる・

つながろうとする状態を引き起こするのではないか?」



と、この人は書いているが、

ここはむしろ社会心理学の範疇ではないだろうか。





「甘えの構造」という土居健太郎氏の著作がある。

端的に言うと、日本人の人間関係の構築の仕方について書かれたものだが、

それによると、

日本人の思う「理想の人間関係」というものは、

実は「親子関係」なんだそうだ。







・・・・つづきは、コチラ。


















↓【Facebookページ】「いいね!」をクリックして、各コンテンツ記事をどうぞ。↓













関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter