スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

メルマガ【魂の神秘学】VOL.9 読者からの「Q and A」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■VOL.9「今号のコンテンツ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・読者からの「Q and A」
・編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■読者からの「Q and A」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いよぅ。
オレさまだ。
ぽまいら、今日も元気に働いてっか?

市井の暮らしをまっとうに保ち、
誰恥じることない稼業に勤しみ、
市民の務め、父としての、母として、
兄として、妹として、そして誰かの友として。


そんなごく当たり前の在り方をまず生きる。
その土台を外したスピななんてありえねぇからな。


さて。今回は、オレさまに届けられたQandA、
それ自体をメルマガのコンテンツとして送ろうと思う。


ちなみにぽまいらも、
ブログやFBページを通して質問よこしてくれていいんだからな。


シンプルならその場で答えるし、
大物(笑)なら、こうしてメルマガになる。


さて。始めよう。

今回は、文化論的というか社会心理学的というか。
ちとうざいので、こういう話が好きじゃないのは、
読むのやめてもぜんぜんいいからな。

質問自体も、少し長い。
ちなみに、増刊号1を読んでの質問だ。

質問:
「日本がエキゾチックとありましたが、
日本人・日本文化そのものが異界寄りというか、
シャーマン体質的(?)である割合が高いということでしょうか。

もしそうであるのならば、
男性であれ女性であれ 余程のことがない限り、
どれだけ理論的に生きても、決して行過ぎにはならないと感じたのですが、
いかがでしょう?

私は日本人特有の察しと思いやりの精神という考え方そのものが、
共依存や共存、境界例に近いものに感じています。

もしそうである場合、
相手のことを思いやるという意識や行為が、
一種のチャネリング・相手と(極端に)つながる・つながろうとする
状態を引き起こするのではないか?と感じます。

だとしたら、無意識的に自分が他人になり代わろうとしていることに気づかず、
自分がナニモノかわからなくなって くるのでは?

自分がある程度頑丈でない場合、
相手のことを思いやるという意識・
もしくは文化自体が自身を危険にさらすものになりうるのではないか?

であるならば、行為に対して男女問わず自分なりの理由づけをして
心身の頑丈さを身に着けていかない限り、
自分自身でい続けることそのものが難しいのではないかなあ?

と、考えて先ほどの質問に至りました。」


なかなか、
面白いな。まず、後半から答えよう。


しかし、基本的に人に質問するときは、
「なぜ●●なのか」と、一文でスパン!と問いを立てるように。

いい「問い」というのは、
それ自体がセクシーなのだ。(藁

おっと、話がそれた。


「私は日本人特有の察しと思いやりの精神という考え方そのものが共依存や共存、
境界例に近いものに感じています。

もしそうである場合、相手のことを思いやるという意識や行為が、
一種のチャネリング・相手と(極端に)つながる・
つながろうとする状態を引き起こするのではないか?」

と、この人は書いているが、
ここはむしろ社会心理学の範疇ではないだろうか。


「甘えの構造」という土居健太郎氏の著作がある。
端的に言うと、日本人の人間関係の構築の仕方について書かれたものだが、
それによると、
日本人の思う「理想の人間関係」というものは、
実は「親子関係」なんだそうだ。



・・・・つづきは、コチラ。









↓【Facebookページ】「いいね!」をクリックして、各コンテンツ記事をどうぞ。↓






関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter