“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

冬至と聖夜、ミトラ教の祭

どうも。なつきです。

昨夜は、クリスマス・イブでした。

前夜祭でも、
日本の社会ではイブこそ本番、
といった盛り上がり方をしますね。


とはいえ、本番は今夜。
キリスト教徒であってもなくても、
静かに祈りを捧げたいものです。


さて、クリスマスとは、元々はキリスト教ではなく、
ミトラ教の主神、
太陽神ソル・インウィクトゥス(ミトラス)の
誕生をお祝いするお祭りでした。


より正確には、冬至をお祝いするもの。
それは、
まさに日が再び長くなっていく「太陽の復活」だからです。



ミトラ教であっても、キリスト教であっても、
キリスト教神秘主義であっても、
《冬至》の神秘に見出だした叡智には、
やはり同じものがあるようです。


さて、ではここで、聖夜の魂のこよみを。


【魂のこよみ 第38週】

私は魔法を解かれたかのように

魂の胎内に

子なる霊の存在を感じる。

明るい心の中で

聖なる宇宙の言葉が

希望という天の果実をみのらせ

その果実が 私の神的根底から

宇宙の果てにまで

歓びの声をひびかせる。



いかがでしょうか。
宗教、宗派、民族を超えて、
人はこの冬至に復活、誕生、歓びを感じてきました。


冬至の祭祀とは、
その歓びの根源へと迫り、
意味を紐解くものであったということができます。


そしてそれを宗教的儀式、
いわゆるお祭りという形式に落とし込み、
私たちは霊的秘儀を実践し、体験し、体感してきました。


では、
私たちはこの冬至にどのような叡智を見出したのでしょうか。


それは、
冬至に意味を見出した宗教、宗派、
民族を横断的に貫いた共通する意味を見出せば、
分かります。


そうです。
太陽、すなわち【生命の永遠なるサイクル】です。


いのちは、誕生があり、
衰微があります。
そして闇(死)の中に入り、
やがて復活します。


宇宙という舞台のその中で、
惑星や恒星と呼ばれる星々の役者たちが、
そのドラマを演じています。


私たちは、そのドラマを気の遠くなるほど昔から
見つめていました。


今後も、
気の遠くなるほど見続けることでしょう。


冬至の秘儀は、
私たちのとても重要な叡智を与えています。
生命の秘儀を【冬至】は、私たちに与えています。



「人よ、生命とは永遠だ。
 永遠に繰り返されるのだ

 終わりのない円環の中に、おまえたちは生きている。
 終わりのない喜びの中に、おまえたちは生きている。

 終わりのない喜びによって、おまえたちは生きている。」


そう、叡智が言葉となって内に響くのを感じられるはずです。



私たちはすでに、
【永遠なる生命】の内に生きているのです。


ま。そんな話さ。

 

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter