スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

「傾聴」―内から智恵を得るということのサポート

はい、どーも。オレさまです。前回の記事で、心理学を専攻していたという占い師が良いコメントをくれたので、それを元ネタにする。


まず、文化庁長官でもあった心理学者(心理療法家)として著名だった故・河合隼雄が『ケルト巡り』(NHK出版)という本で書いていたという内容。



アイルランドで、ケルトの“魔女”ってのにタロット占いをしてもらい、心理療法との類似性に気づき、以下のように記していたそうだ。以下、コメントのコピペ。


「そのとき魔女がほとんど助言をしないのを見て、
「これは相当な人だ」と感心した。
私たち心理療法士は助言や忠告をほとんどしない。
私たちはタロットは使わないので、ただ「どうですか?」などと言う」
「ケルト巡り」河合隼雄(NHK出版)より



同様に、心理学者の海保博之(オレさまは知らないが)氏は『心理学ってどんなもの』(岩波ジュニア新書)において占い師とカウンセリングの類似点を次のようにまとめていたという。



・相談者への共感すること。
・傾聴により悩みの自覚とカタルシスを与えること。
・自力解決の支援をすること 。


(アンダーラインはオレさま)



だってさ。



分かるだろ? 大抵、占いであれカウンセリングであれ、どちらかが「立場」が上になってしまうものだ。先輩後輩関係であれ、上司部下、友人関係であれ。相談を持ちかけた時点で、「回答」する側が「上」になってしまう。




その相談に限ったときでさえ、支配―被支配の関係はできてしまうものなのだ。そうすると、何かしらの回答を「与える側」と「もらう側」ということになってしまい、答えをもらう側は、一見自分で得た答えに見えても、そこに至るように“誘導されて”しまっているパターンが多い。というか、回答する側が無意識にそうしていることも多いだろう。



このとき、支配関係ができてしまっていると、人は自立する力、自分で考える力を相手に与えてしまい、依存するようになっていくし、支配されてしまう関係ができあがる。洗脳と同じなんだ。




それでは、自らの解決能力を奪ってしまうのに等しい。そしてゆくゆくは隷属する者を生み出してしまうだろう。一般論的に宗教に走るのが「ラク」なのは、自分で考えることをせずとも、「教義」が何かにつけて答え・方針を与えてくれるからだ。

(※これは宗教自身が教義というものの意味を見失っているためでもあるのだが、それはまた別の内容なのでここでは触れない)



村上春樹作品の登場人物(確か「ねずみ」)の台詞ではないが、「考えて五十年生きることは、何も考えずに五千年生きるよりも大変」ということだ。人はそうした苦闘から逃げがちだ。しかし、ここで自分で考えて生きることを放棄しては、本当の意味で自分の人生を自分で生きていくことにはなるまい。



そして対話相手をそんな状態に追い込んでしまっては、もちろん本物のカウンセラーでも占い師でもない。悩める本人にとってもっとも的確なアドバイス、方針、智恵をもたらすことができるのは、いつだって自分本人だ。それが内なる叡智というものだ。優れた―というよりきちんと弁えた―プロフェッショナルは、その点を弁えている。




人と対話し、癒しなどの力になろうとするならば、「相手の自立する力」を奪うことなく、むしろ「高める」形で実施しなくてはならない。



以前読んだ『神との対話』でこんな趣旨の言葉があった。どんな形であれ、援助を与えるならば、相手を弱めるのではなく、強めるものでなくてはならない、と。



それは、占いであれカウセリングであれスピリチュアル・カウンセリングであれ。心のサポートをするならばなおのこと注意しなくてはならない点だと思うぜ。



ま。そんな話だ。







関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter