“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

波動をあげるって?2

はい、そんなわけでこのシリーズの続き。2つ目。


ではでは。そもそも、「波動を上げる」ということは、霊的に高き世界に近づく在り方をする、というところまで書いたよな。



そんなところから、まず大枠としての在り方を考えていこう。



逆から考えれば、まずそこは簡単なんだ。



では、まず高次元の在り方をしようと思ったら、高次元についての理解、つまり世界観を得ればいい。



どういう世界を高次の世界(つまり根源(神)に近いのか)というのかといったさ。



そうすると、別に神智学でも人智学でもスーフィーでも密教でもいいんだが、「高き世界」を描いている世界観(思想など)を学び、理解しようと務めることが求められる。



目指すべき方向についての理解なり知見があって、そちらをイメージできなければ、どこに向かっていいのかわかんねえだろ。



東西南北、どっちを向くか。それが決まらないと話は始まらない。だから、「上」を指し示してもらわないと、そもそもの第一歩からミスってしまうわけだ。



「なんだ、簡単じゃん」



そう思うだろ?



ところが、意外と世のスピ系はこの出発点を重視していない。



たとえばヒーリングにしても、霊的なエネルギーの取り扱い方や使用方法はそれなりにやるのだろうが、そもそも世界観の部分をしっかりやらない。



その結果、自分の扱う・扱おうとするエネルギーについてほんとのところはくわかっていない。だからその後の自己練磨、向上ができにくくなっているように思う。



ヒーラーの訓練=とにかく実践、みたいなさ。


これはヒーリングに限らず、たとえば「引き寄せの法則」系のセミナーでも多いんじゃないかと思う。それなりにオレさまもこのテの本を渉猟してみた。



その結果思うのは、とくに近年のものは、法則の使用方法そのものは詳細だが、そもそもなぜそうした法則が機能するのか、なぜ存在するのか、といった根本的なところは放置されている。



だから単なる「豊かになるためのスピなスキル」に堕している。



ドライビングテクニックは習うが、車の原理や構造については無知、みたいな。だからエンジンがかからないだけで「なんで動かないの!?」となっているように思う。



引き寄せの法則は、根本は原因と結果(カルマ)の法則だ。そして多くの偉大な神秘家が「もっともミステリアスな領域」といったように、深い謎と神的な叡智にあふれている。



しっかりと学ばないことには意味がないだろうし、そりゃあ誤ってしまうというものだ。だから本来的に、ヒーリングでも引き寄せでも、そこだけを抜き出した各論とそのスキルだけの教授というのは、前提から失敗しているのではないかと思う。




では、前提として、高き世界を指し示す理念をその胸に宿したら。次はどういう歩みをしていくべきなのだろう。ここに来て、ようやく各論にはいっていけるのだと、オレさまは思う。




そんなワケで、各論は次から。



ま。そんな話だ。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


はいはい。そんなワケで。オレさま主催の『神秘学講座 基礎編』の案内だ。


↓ここ見ておくんなまし。参加してみっか、という奇特なヤシはどうぞ。


第一期受付は2月いっぱいまでです。


神秘学講座 基礎編 参加要綱はこちら


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                     訂正 1  



せっかく来んだから、押しておけって、コレ。(藁↓
                        人気ブログランキングへ



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/01/28)
    ゆうゆう まーほんと。 そういうこと言うヤツぁ流行りに のっかってるだけだろ。 「占い師に過去世とか聞いてくる人たちもいて困る」 という占い師側の苦悩も言う人はいるけどw 機械のやつな。どうだろう。 いわゆる「オーラ」とされている色に、 身体のになんらかの情報を変換しているだけだろ。 そこにどんなアルゴリズムがあるか しらんけど。 信ぴょう性はないと思ってる。
    » 占いでオーラが見えるは嘘!スピリチュアルの本質を理解しよう
  • User Avatar ゆうゆう さんより(19/01/28)
    興味深く拝見いたしました(^^) 実際、まともな占い師さんで「オーラが…」なんて言いだす人はいませんね。 オーラといえばキルリアン写真を思い出しますが、あれは信ぴょう性あるのでしょうか… ゲーセンやスピサロンでオーラ写真とかオーラ判定とかやってますよね。あれもどうなんだろ? ご意見お聞かせ願います。
    » 占いでオーラが見えるは嘘!スピリチュアルの本質を理解しよう
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/01/18)
    >justice いや、別に強い表現とかとは気にしてねぇよー。 そうか、あんたの「救いたい」は 業界というよりも、 「ヒーラー」とかやっちまう病んだ連中の 心なのかもしれねぇなぁ。
    » 偽物スピリチュアルヒーラーの実態と3つの見抜き方
  • User Avatar justice さんより(19/01/18)
    すみません、誤解を与えたようです。 文面をよく見ると、表現が強かったですね、すみません(笑) ただこの問題については、意外と根が深いと思います。 ご存じだとは思いますが、スピリチュアルのお仕事している圧倒的多くは、さまざまな事情でスピリチュアルの世界に辿りつき、心の拠りどころとしてスピリチュアルを自分の居場所をとしている方が多いです。 心にいろいろ問題を抱えているのだと思います。だから、理屈に合わない行動を取り、スピリチュアルの仕事やクライアントを「モノ」として利用してしまう人が多くなったのだと思います。 偉そうに言ってすみません。文面の一部は、今日書いたわたしのブログから抜粋しています。 こんなこと書いていますが、スピリチュアルは好きです。 加藤夏樹さんのキャラも好きで、記事も楽しく読ませてもらってます。
    » 偽物スピリチュアルヒーラーの実態と3つの見抜き方

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter