スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

波動をあげるって?2

はい、そんなわけでこのシリーズの続き。2つ目。


ではでは。そもそも、「波動を上げる」ということは、霊的に高き世界に近づく在り方をする、というところまで書いたよな。



そんなところから、まず大枠としての在り方を考えていこう。



逆から考えれば、まずそこは簡単なんだ。



では、まず高次元の在り方をしようと思ったら、高次元についての理解、つまり世界観を得ればいい。



どういう世界を高次の世界(つまり根源(神)に近いのか)というのかといったさ。



そうすると、別に神智学でも人智学でもスーフィーでも密教でもいいんだが、「高き世界」を描いている世界観(思想など)を学び、理解しようと務めることが求められる。



目指すべき方向についての理解なり知見があって、そちらをイメージできなければ、どこに向かっていいのかわかんねえだろ。



東西南北、どっちを向くか。それが決まらないと話は始まらない。だから、「上」を指し示してもらわないと、そもそもの第一歩からミスってしまうわけだ。



「なんだ、簡単じゃん」



そう思うだろ?



ところが、意外と世のスピ系はこの出発点を重視していない。



たとえばヒーリングにしても、霊的なエネルギーの取り扱い方や使用方法はそれなりにやるのだろうが、そもそも世界観の部分をしっかりやらない。



その結果、自分の扱う・扱おうとするエネルギーについてほんとのところはくわかっていない。だからその後の自己練磨、向上ができにくくなっているように思う。



ヒーラーの訓練=とにかく実践、みたいなさ。


これはヒーリングに限らず、たとえば「引き寄せの法則」系のセミナーでも多いんじゃないかと思う。それなりにオレさまもこのテの本を渉猟してみた。



その結果思うのは、とくに近年のものは、法則の使用方法そのものは詳細だが、そもそもなぜそうした法則が機能するのか、なぜ存在するのか、といった根本的なところは放置されている。



だから単なる「豊かになるためのスピなスキル」に堕している。



ドライビングテクニックは習うが、車の原理や構造については無知、みたいな。だからエンジンがかからないだけで「なんで動かないの!?」となっているように思う。



引き寄せの法則は、根本は原因と結果(カルマ)の法則だ。そして多くの偉大な神秘家が「もっともミステリアスな領域」といったように、深い謎と神的な叡智にあふれている。



しっかりと学ばないことには意味がないだろうし、そりゃあ誤ってしまうというものだ。だから本来的に、ヒーリングでも引き寄せでも、そこだけを抜き出した各論とそのスキルだけの教授というのは、前提から失敗しているのではないかと思う。




では、前提として、高き世界を指し示す理念をその胸に宿したら。次はどういう歩みをしていくべきなのだろう。ここに来て、ようやく各論にはいっていけるのだと、オレさまは思う。




そんなワケで、各論は次から。



ま。そんな話だ。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


はいはい。そんなワケで。オレさま主催の『神秘学講座 基礎編』の案内だ。


↓ここ見ておくんなまし。参加してみっか、という奇特なヤシはどうぞ。


第一期受付は2月いっぱいまでです。


神秘学講座 基礎編 参加要綱はこちら


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                     訂正 1  



せっかく来んだから、押しておけって、コレ。(藁↓
                        人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter