“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

ルドルフ・シュタイナーが重視した魂の6つの行について その5【思考と感情の結びつき】 

本記事の概要

どーも。夏樹です。今回も、ルドルフ・シュタイナーの神秘学こと、薔薇十字系神秘学の基礎行法「魂の6つの行」の続きを記していきますぜ。

 

なんで、世のスピリチュアルな自称専門家―スピリチュアル・カウンセリングとかをしていたり、ヒーラーを名乗っている―たちは、人に教えるときにこういうベースを築くようなことをきちんと伝えないのだろう?

 

オレにはそこが不思議でならんのだが。。。

 

まぁいいや。

少なくとも、こうしてオレんところのブログを覗きに来てくれる人たちは、
いい加減なものではなく、本物のスピリチュアルなメソッドや情報を手に入れるために来ていると信じていいるぜ。

 

そんなワケでこうしてツラツラと記している魂の6つの行も、早くも4番目だ。

 

ここで記している6つの行は、霊的進化のベースとなるだけでなく、
フツーに生きていく上でも、とても大切な精神的な力を養ってくれる訓練だ。

社会人、主婦、学生などなど、ジャンルを問わず有益なので、
モノはためしと取り組んでみて欲しいぜ。

さて。では4番目というと。

前回までのが未読なときはお先にどうぞ。

ルドルフ・シュタイナーが重視した魂の6つの行について その4

ルドルフ・シュタイナーが重視した魂の6つの行について その3

ルドルフ・シュタイナーが重視した魂の6つの行について その2

ルドルフ・シュタイナーが重視した魂の6つの行について 

 

 

思考と感情の結びつきの訓練

ヨガ1

 

4番目の取り組みは、思考と感情を結びつけることにある。

この二つを結びつけるということはどういうことか。

それはひとことで言うと、それは「積極性」の訓練となる。

 

何について積極的になるかというと、
ものごとを「肯定的にとらえる」ことについて、だ。

 

つまり、自分の中から批判を一切排除する。

これも、時間を限定したほうがいいだろう。

 

たとえば、昼の12時から、夕方5時まで、とかな。

とりわけ、ビジネスマンには難しいぜ。

ここでいう積極性を説明するにあたり、

シュタイナーの著作の翻訳等で著名な高橋巌は、

その著書『神秘学講義』の中で次のように例示している。

 

「イエス・キリストが弟子たちを連れて、ペルシアの街を歩いていたときに、たまたまある広場にさしかかった、というのです。そうすると、人々ががやがや騒ぎながら、なにやら集まっているので、キリストとその弟子たちもその集まっている方に行ってみますと、道端に犬の死骸が棄ててあって、それをとりまいて人々がなにやら話し合っていたというのです。

なんてくさいんだろうとか、こんなものを放っておいたら病気が流行るから、早く始末しなければいけない、とか、いったいどこの犬だろうとか話し合っていたわけです。

・・・中略

イエス・キリストがその犬を見てなんといったかというと、『ああなんてきれいな歯をしているのだろう』といったというのです。」

 

 

批判をしないこと。“醜”の中に“美”を見出すこと。

rp_raphael_atene.jpg


で、これには、当時はとうぜん歯医者なんてそうそうおらず、

虫歯で悩んでいる人も多かったという背景を知っておく必要がある。

そしてキリストのこの言葉を聞いた人々は、

たとえようもなく忌むべきものに、自分たちにはない美点が突然見え始めた、

という話になっているわけだ。

この姿勢を訓練するわけだ。

現実にはさ、そりゃ難しい点は多々ある。

 

理不尽な上司やクライアントの叱責やら要求、

どう考えても自分が一方的な被害者にしか見えないアクシデント。

日常生活はそんなことばかりだ。

 

そうした出来事ややり取りの中においても、美点を積極的に見出していく。

とくに、『批判をいっさいしない』で、肯定的に解釈していく。

 

思考と感情の双方から、

『無批判であり、積極的に、肯定的に解釈する』

することを自分に課していくんだ。

 

この魂の在り方は、霊的な意味での「コミュニケーション」や、

さらには霊視の最高峰たるIntuition認識(霊的合一)に

おいてもベースとなる在り方でもある。



だが、今はそんな先のことよりも、

物事の捉え方を逆転させ、

高い波動の在り方を訓練するくらいの心積もりでよいだろうぜ。

難しいだろうが、4番目は、

この訓練をやってほしい。



そしてこれは、

醜さも美しさも併存する世界の中に、

“美”という「真理」を見出すためにも欠かせない力なのさ。

ま。そんな話だ。


1000人以上が受講した、人生を変える8本のメールレッスン
~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」
と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を高め、

意志で創造する力を高める
メールをお届けします。

このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。


今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!

【コンテンツ一覧】
1. 人生は「そもそも論」で考えろ!
2. 欲求の階層を把握しろ!
3. 意識にコスモス(秩序)をもたらせ!
4. スピリチュアル・リンケージを生み出せ!
5. 1009回目のプロポーズ
6. 視覚化が未来を拓く
7. 自分の真の敵を知れ
8. もう一度、あなたが立つための力


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。

☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter