叡智と真理を探究する者のために

キリスト衝動

クリスマスということで、ね。神学的なことを書こうかとも思ったが、そこまで小難しくすることもないか、と。簡単に。


キリストがゴルゴダの十字架にかけられたことで、地球、そして人類は<キリスト衝動>に貫かれたんだ。簡単に言ってしまうと、精神的な愛を表現できる段階にまで、魂が進化できるようになった。



やや話はそれるんだが、仏陀は―仏教徒に怒られそうだが―、薔薇十字三大導師の一人として、地上に生を受けた。そして「神(ロゴス)」が直接この地上に生まれる先鞭として、愛を語った。「いまより約500年後、神が(仏陀はブラフマンという言葉だったのだろうか)地上に生まれる・・・」と。



仏陀が語った愛は、少しずつ人類に浸透した。いわば、道をならしたんだ。



そしてキリスト・ロゴスが受肉した。イエスその人だ。仏陀がならした道を通って、やってきた。



イエスはこの地上で愛を示した。そしてゴルゴダの丘で十字架にかかり、キリスト衝動で人類を貫いた。このとき、地球は次の進化段階へと入った。



人類は、意識魂を発達させる段階へと歩むことになった。



仏陀にせよ、キリストにせよ、彼らが示しているのは、人も、地球も、「進化(神化)」するということ。ロゴスが人になるということは、神(ロゴス)の恩寵は、人類に「下りて」くるということを意味する。



イエスが昇天(アセンション)したのは、人は神化する道があるということを示している。



恩寵(ロゴスの受肉)と超越(人の神化)。



双方向なのだ。



我らには、道はすでにある。



道を示すともし火を善意とよんでもいい。愛とよんでもいい。良識とよんでもいい。理性とよんでもいいだろう。



我らのうちには、キリスト意識が眠っている。仏教徒のように八正道で少しずつ目覚めさせてもいいだろう。内省を通じて、少しずつでもいい。何も知らなくとも、おのれの信ずる善意を発露していけば、いい。



キリストはただ、幼子が家に戻るそのときを待っている。

 

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • 加藤 夏樹 { ビギ まぁ神智学ではないのだが・・・それはともかく、 >何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? かまわんよ。またコメントするなりメルマガに返信するなりしてくれ。 }
  • ビギ { どうにもその神智学は自分にはまだ少し早い様子、何なら手を付けないのも選択肢に含まれそうです。ですが何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? }
  • 加藤 夏樹 { ビギ おう。ご希望にそえない点もあったかと思うが、すまんね。 }
  • ビギ { 返信しないとばかり思っていました(・・;) ①の方はほっとくはそう思います。現実に向き合うと言い出しているみたいです。神=キリストなら宗教観が総崩れですね(・・;) キリストの水は検討ついてましたが、物質おばけみたいな魔女とか一緒にわかるとは思いませんでした。 ②も含めて返信ありがとうございました }

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter