スピリチュアルとは何か。瞑想のやり方や理論、霊的学びや真理の探究など。

善は死なない。

どーも。


オレさまです。


しかし、アレだな。


世の中殺伐としているというか、
ニュースなんか見てると、
いつもどこかでヒデェことが起こっているような気さえするな。
常に世界のどこかでは戦争・紛争は絶えやしねぇし。


ほんとに人間は成長してんのかな?と。


だが、
それでも、
人は人に対しての善意を失いはしない。
そして善意の総量が悪意の総量を大きく上回れれば、
大きなベクトルとして社会は善なるものにベースを置いた世界へと刷新されていくだろう。


それは、一人ひとりの為す積み重ねであっていい。
一人ひとりができることの蓄積としてがいい。


何か超人的なマスターとか、
宇宙人なナニガシとかによって、
世界が劇的にすべて変わるというものであっては
むしろダメなのだ。


一人ひとりの善への歩みが、
世界を変えるのだ。


「人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになります。……善を行うのに飽いてはいけません。失望せずにいれば、時期が来て、刈り取ることになります」(聖書/ガラテヤ6:6,9)







種をまく人




本来人間は、
一人ひとりが偉大なヒーラーだ。


一人ひとりが、
出会う一人ひとりへのヒーラーとなるとき。


善は積み重なり、
世界を癒すことになるだろう。


その刈入れと収穫期は、
一人ひとりの努力の結果であるからこそ、
尊い。


そしてここに、偉大なる福音がある。


「人よ、耳あるならば聞きなさい。
 口があるなら、伝えなさい。
 あなた方が地に、そして人心に蒔く善なる種は、
 決して枯れはしないのです。
 どれほどの時を必要としても、
 その種は必ず芽吹きます。
 それは約束です。
 あなた方と、あなた方を愛してやまない方との約束です。
 永遠の約束なのです。」

 


だとさ。


ま。そんな話だ。

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/12/12)
    ビギ まぁ神智学ではないのだが・・・それはともかく、 >何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? かまわんよ。またコメントするなりメルマガに返信するなりしてくれ。
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ビギ さんより(21/12/05)
    どうにもその神智学は自分にはまだ少し早い様子、何なら手を付けないのも選択肢に含まれそうです。ですが何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか?
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/12/05)
    ビギ おう。ご希望にそえない点もあったかと思うが、すまんね。
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ビギ さんより(21/12/04)
    返信しないとばかり思っていました(・・;) ①の方はほっとくはそう思います。現実に向き合うと言い出しているみたいです。神=キリストなら宗教観が総崩れですね(・・;) キリストの水は検討ついてましたが、物質おばけみたいな魔女とか一緒にわかるとは思いませんでした。 ②も含めて返信ありがとうございました
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter