スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

波動をあげるって?4

思わず忘れていた連載もの。波動をあげるってシリーズ最後。



そう、世の中にはすぴなことなど知らなくても妙に清々しく「波動高そう」というヤシもいれば、詳しいにもかかわらず低いのもいたりする。



では、実際問題として波動高い人たちの共通点とはなんだろう?



結論から言うと。



「否定語を使わない」



これなんだ。(笑


たったコレだけ。とはいっても、その中身をもう少し詳細に考えていくと、なかなか難しいこともわかる。どういうことか。



人のあり方を決定するのは、常日頃の「思考」なんだ。そして思考は、言葉で構成されている。人は言葉でものを考えている。



この日頃何気なく考えている段階で、徹底的に否定方面へと意識を向けないあり方ができるかという点にある。一時はやったポジティブシンキングと違うのは、現実とのマッチングだ。



そしてすぴな世界と非常にかぶるのが、「批判・判断・決め付け」をしないという点でもある。



言葉こそ人の波動を決定付ける最重要な要素なんだ。「人は考えている通りの存在である」というよく聞く言葉そのとおりだ。



何かにつけて「僕には無理」「あいつはダメだ」という批判・判断(否定系)を使っていると、別にそこに善悪や感情の問題がなかったとしても、ただ否定方面の思考を発しているというだけですでに波動的にはさがる方向へと向かってしまう。



前回、きんちゃんの本を参考書籍としてあげたのもまさにこの点。彼の「運気をあげる」最大のコツは、辛くとも「今は運をためている。ラッキー♪」と考えること、そして「人には優しい言葉をつねにかける」という点で構成されていた。



実際問題、運気というものそれ自体はオレさまは無いと考えているが、きんちゃんの考え方を実践すると、


・波動があがる
・つねに良い原因をインプットしている(カルマ、原因と結果の法則的にいって)
・続けていると良い原因(言葉・思考)の結果があらわれる

このプロセスを彼は観察し、体験し、原因と結果の法則なんて知らないだろうから、彼はより一般的な運という考え方で説明していたように思う。


そんなわけで「良い原因」を常に思考の段階でインプットすること。それ自体が波動をあげていく、ということにつながる。


人は日頃考えているとおりの存在へとなるってなもんだ。引き寄せの法則がうまくいかないと嘆いているヤシは、この点で自分の思考を観察したり、そもそも「その願いが自分に許されるものだろうか」という点の2方面から考察すると、また違ってくるんじゃないかね。



ま。そんな話だ。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


はいはい。そんなワケで。オレさま主催の『神秘学講座 基礎編』の案内だ。


↓ここ見ておくんなまし。参加してみっか、という奇特なヤシはどうぞ。


第一期受付は2月いっぱいまでです。


神秘学講座 基礎編 参加要綱はこちら


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                     訂正 1  



せっかく来んだから、押しておけって、コレ。(藁↓
                        人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter