“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

≪グラウンディングについて考える≫エーテル系プラクティスで地に足をつける

信心 人参 ウィルキンソン

どうも。意味不明系スピリチュアル@夏樹です。

今日もぽまいらはいかがまったりお過ごしでいやがりますか。

さてさて。講座も近くなって考えるコトも多いのだが、

前回実施したベーシック講座1,2受講者の中に、

もともとオレさまが提供する神秘学の内容、

プラクティスに近しいものにすでに取り組んでいる経験者がいてね。

その人は、まず【内省】をきちんと取り組んでいたようだ。

 

1.内省に取り組む

僧

色々と経験があったために、

講座内容にスムーズに入り込めたという経験者氏。

素晴らしいよな。

とくに内省は、スピリチュアルな領域、

つまりは真理の探究者たちには欠かせない。

エゴイズムを減らし、

カルマを自力で解消する、

唯一のワークと言ってもいい。

そんな内省の秩序だった経験があり、

日々行っているということは、

それだけアドバンテージがある。

スピリチュアルな学びで内省を

行うことは、

色々な宗派で重要視している。

入門者から、高い導師まで。

この内省については、

また折に触れて解説していきたい。

とにもかくも、最重要ワークだ。

 

2.エーテル(気)を貯めるということ

ダンベル
さて。

そんな瞑想やヨガ等の経験がある人でも、

エーテルを貯めるという訓練は初めてだった、と。

オレはとくに初期はこのエーテルの訓練、

とくに身体技法を用いる

エーテル系プラクティス(気功)を重視している。

キリスト教神秘主義の系譜に連なる自分ではあるが、

これには次のような理由があるんだ。

 

・単純に師匠ダンブルドアの勧め。

・シュタイナー曰く人智学(神秘学)は東洋には東洋の形態に合わせるのがいい。

・西洋人は人種的特性として思考力が高いので(だから科学が発達した)、

 思考力・意志力だけで十分エーテルの技法を体得していける。

・東洋人は感覚、身体感覚が発達しており、

 この感覚に基づいたエーテルプラクティスが充実している。

・文化的に見ても東洋のほうがエーテル文化なので、

 効果の高さは折り紙つき。

オマケの理由では、

たまたま十代から拳法を学んでいた関係で、
あわせて気功を併修していたから、
オレ自身もいろいろスキルがすでにある。

こうした理由から、
初期のエーテル系プラクティスは、

まず気功系を中心に取り入れている。

すると、次のような効果を得られる。

・スピ系に多い、
 地に足のつかないフワフワした状態に陥ることの予防。
 (身体の中心軸の確立)

なぜ予防できるかと言うと、

意識的に“地に足のついた状態”

というものを作り出すからなんだ。

技法として、それを体得してしまおう、と。

この感覚があるナシというのが、

そのあとの成長に本当に大切なんだ。

スピリチュアルにハマるヤシは、

たいてい、フワフワしてしまうのが多い。

ブログやメルマガでもよく触れる通りだ。

身体の気の状態を見ると、

実際に気が上に行き過ぎている。

ところが、一昔前の日本人をみると、

びっくりするくらいに丹田に気が落ちており、

足が木の根のように地にはっている。

写真でわかるほどだ。

これは日本語でも多いが、

“ハラ”というものを日本人が重視していた証拠だ。

腹が据わっている、とかいうだろ。

“ハラ”(丹田)に力(気)がはいっている状態だな。

まずは、この状態を確立する。

もう現代人は日々の生活で得るのは、

住まいや仕事上の環境的にも非常に難しいので、

スキルとして得てしまうのがてっとり早い。

 

3.“気の感覚”を得る。

ヨガ
エーテル(気)を貯める訓練をしていくと、

最初は熱感覚、ある主の弾力的、

磁力的なビリビリ感など、

最初の気の感覚をしっかり得ていくことができる。

初歩的な感じ方だけど、

以上のことができないまま、スピリチュアルな学びを進めると、

よくスピな人に多い、身体と心のバランスが悪い、

どこかフワフワした、

悪くいうと少しイカレたへんなヤシができあがるということになる。

ヒーリングひとつとっても、

「なんのエネルギーも流れていねぇぞ?」なんて、

そのヘンのヒーラーに対してすぐわかるようになる。

エーテル系プラクティスで、地に足をつけて生きる。

それはホントに重要なことなんだ。

ま。そんな話だ。

(今回の内容は、メルマガVol.28を編集して書かれました。)

 

追伸

11月に開講する神秘学ベーシック講座は、
基礎的なところから学んでいく学習講座です。
詳細はコチラ

 

追伸2

よりディープにスピリチュアルな神秘学について
知りたい方は、
メルマガ「魂の神秘学」へどうぞ。
今、登録者には、E-book『神秘学ベーシックテキスト』を
プレゼントしています。
ダウンロードして、
ヒーリングなど、スピリチュアルの基礎的学習に活用してください。

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/11/19)
    そうそう!結局内観が一番のコアですよ。ここに取り組み、それだけで問題ないっす。
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar たかメイ さんより(18/11/19)
    こんにちは! 最近、つくづく思うのです。夏樹さんも言っていたと思われますが(違ってたらごめんなさい)、「内観だけでいい」と。 過去に意識をやたらフォーカスしてしまうと、それが国家規模になるとすごいルサンチマンになってしまいます。 個人たとトラウマですか。 未来にフォーカスだとまだ、希望的観測がありますが、いまここでいられる(時間を忘れている)無我夢中状態というのは、集中力が必須だと思います。 日常で、いまここに立ち帰れるというのは 内観 しかないのではないのかと。 仕事に集中できるってことはいいことなのですね。 「内観」、すごいですね!
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter