スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

メルマガ【魂の神秘学】Vol2.「スピリチュアルは、内省だけでも十分だ!」

メルマガ、Vol2。


いきましたぜ。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■VOL.2【今号のコンテンツ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今号のコンテンツ
・内省とは何か
・内省と瞑想との違い
・基礎的内省の実践
・編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■内省とは何か
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あー、ども。
加藤夏樹です。
というか、オレさまです。
ノリが完全にブログ調に戻ってすまねーが、
もうこれがこのテのことを書くときの地になっている……。
勘弁してくれ。


さて。
今回から数回に分けて、
内省の基礎をやろうと思う。


「内省」ってのは、読者のみんなが、ヒーラーであったり、チャネラー、
カウンセラーであったり、もしくは、
いずれかを今目指しているという立場であったとしても、欠かせない。


というより、
それがスピリチュアルな道である以上、必ずベースとなる。
それが内省なんだ。



いやまぁ、フツーに人生を送るとしても、
すごく大切なことには違いないのだけど。


では、内省とは、そもそも何か。


結論から言うと、
内省とは「神と一体化するための霊的修練」なんだ。


スピリチュアルな道は、
究極、目的はこの一点に尽きる。
いやまぁ人間存在すべての目的であるのだが。


で、この内省、
日本語の意味として考えると、

「内(面)を省みる」


読んで、字の如しだ。


そして洋の東西を問わず、
霊的な道では、実践されている。


キリスト教の黙想。


イスラム教神秘主義(スーフィズム)においても、
スーフィーとは「スーフ」(羊毛)を着て、清貧と内省に努めて、
神との一体化を目指す、と簡単に定義できるわけだ。

(※元々、神秘主義とは、
「神」と一体化できると考える宗教思想の総称。
その意味で、教会キリスト教以外は、
概ね神秘主義といえるとオレさまは考える。)


仏教(密教)方面では、内省(内観)など、
メソッドは数限りなくある。
(※厳密には内省と内観は分けて考えられるが、
ここでは類似した、ほぼ同一のものとして扱う。)

内観のベースにもなった浄土真宗の「身調べ」なども、
有名な修法のひとつだろう。


そして乱暴な言い方でくくってしまえば、
内観は実施プロセスにおいて、
小さな自己意識から産まれた自分の卑小な言動を自覚し、
改めて、内側奥深くにある本当の「私」に
出会うことを目的としている。


こうした内観に取り組むことによって、
多様な慢性症状の改善が見られることから、
内観療法という医療的行為も産まれているな。


なぜ症状が良くなるのか、
という点で神経医学的な解説がよくある。


もし坊主がそんな医学的解釈を信じていたなら
ちゃんちゃらおかしいのだが、
それはまた別の話。


本質的には、内省で解くカルマの話になってしまい、
ここでのテーマからはそれてしまう。


ここでぽまいらに理解して欲しいのは、

「内省とは、エゴイスティックな自分の言動を
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
見つめなおし、
~~~~~~~~~~~~~~
反省し、己の奥深くに輝く神性に気づくこと」だ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


・・・・つづきは、コチラ。








↓【Facebookページ】「いいね!」をクリックして、各コンテンツ記事をどうぞ。↓





関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter