“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

我々は輪廻転生し、次に、どうやって生まれてくる?

はい、オレちゃんです。おまいさんは今日も元気に惰眠をむさぼっていやがりますか? あんまりダラダラしてっと、いかがわしいスピ系が「目覚めよ!」とか言ってくるから要注意なw

あー、さて。
今回も質問回答シリーズです。(過去メルマガ改定記事っす)

 

といっても、この問いを記していた方は、自分なりの回答をしていて、それでほとんど正しいと思うのだが。

その質問があれね。

「どうやって輪廻転生は行われるの? どう次を決めるの?」

転生
というもの。

こいつもスピリチュアル界の定番の一つだよなー。きっと、多くの人が想像していると思うが、それぞれがそれぞれの成長のために最適な時代、環境、人間関係のもとに生まれてくる。
ただ、ここは「カルマの大師」─俗にいう四大天使だが─の管理のもと、「放り込まれる」。基本的に多くを自由意志が尊重されるが、すべてが相談通り、というワケにはいかないんだ。(笑)なぜなら、原因と結果の法則のシステムは、われわれの魂の進化段階では、複雑すぎて、理解できないんだ。オレの脳みそじゃ、高度な数学はもちろん、カオス理論が理解できないようなもんだ。(笑)

 

でも、きちんと分かってる数学者(大天使)にしてみたら、

「キミはこれまでこんな学びをしてきた。

 これだけのことも達成した。 

 次の人生で、

 ●●をしたら、

 ちゃんと▲▲が学べるからね」

と理解し、適切な環境を割り当ててくれるわけだ。

とはいえ、彼らの言う「適切さ」が、こっちにしてみたら、「ちぃと辛いわボケェぇ!!(涙」となるのは、まぁよくあること。(笑) とはいえ、生まれる前は困難にも同意していたのだ。またさらに言えば、今のその辛さとは、単に現世での不適切な思考や言動の結果ということもあるのだが。

 

 

イチバン大切なのは・・・

とはいえ、転生において一番大切というか、重視されるのは、あくまでも、本人の「内的衝動」なんだ。前のメルマガでも触れたけど、死後、走馬灯の展開があると書いたよな。このとき、自分の人生を振り返り、

「次はもっとこうしたい」

という衝動を持つことになる。

そしてアストラル界で過ごし、この衝動をさらに育てる。カルマの大師たちは、適切な時期が来たら、この衝動(まぁ学習意欲と言い換えよう)に見合うカタチで、複雑な計算をして、整えてくれるわけだ。

だって考えてみなよ。

時代を超えて今世で出会う人、すべき経験、交差する数多の人生との兼ね合い、そのすべてをデザインするなんて、スーパーコンピューターでも無理だ。(笑) しかも、生前に選定される環境だけじゃなくて、生後の自由意志による選択という要素もある。無限にも近い未来を人は内包している。そそこはもう人ならざる知性に委ねるしかない。しかしいずれにしても、今いる環境、出会い、困難な事象というのは、おまえさん自身が成長するために最適なものであることは間違いがない。そして何より、人は決して、乗り越えることができない困難、過酷な運命に遭遇することはないのだ。

 

そこは信じていい。

どれほど辛くても、それはまさに、おまえさんだから、なのだ。

ま。そんな話だ。

 

編集後記

人は時に運命を呪いたくなることあるよな。とくに何かするわけではない、自然災害や生まれ持った不遇な何か。そうしたものに凹まされてさ。

 

「すべてはカルマの結果なんです」

とか言われても、

「うるせぇわボケ!!」

叫び

と言いたくもなる。

辛いことのすべてを受け入れて前向きになるなんざ、聖人の所業だ。すべての困難に神の手を見るなんざ、ほんまもんのクリスチャンだ。

そんなことはオレには無理だ。きっと、おまえさんにも難しいだろう。だから一つだけ、覚えていて欲しい。繰り返しになるが、おまえさんが出会うすべての困難、辛いことは、おまえさんならば、いずれは乗り越えることができる。そういうものなのだ。それだは間違いがない。

覚えていて欲しい。

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

より詳細な説明はコチラから

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter