“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

なんか魔法的だな。w

相方ちゃんのブログ、今回のイラストはちょっとカッコイイかも。ww



さてさて。



とりあえず、こういうカタチで大天使との<アチューンメント>から入ってるわけだが。



<ミカエル>と命名されている<チカラ>が、この宇宙にはある。四元素の火だ。そして火の元素の霊的にもっとも高次の形態をミカエルと呼ぶ。



四大天使は、四元素の管理者でもあるわけだ。



つまり、この宇宙の-三次元的な意味での-管理者でもある。世界は、四元素によって成立しているのだから。



そして小宇宙としての<人体>においては、体温としての<熱>だ。霊的な意味では、熱というのはひとつの存在形態なのだ。そしてそれが、ミカエル存在でもある。



ミカエルとアチューンメントするということは、この熱存在へ意識を合わせていくことから始まる。



人間において、<熱>とはいわば生命力そのものといってもいいくらいのものだろ。風邪をひくと体温をあげてウイルスを迎撃し、ケガをしても該当部分が熱をもって細菌を倒していく。



生命力の象徴だ。人体は、ミカエルの熱によって、命を燃やし、躍動している。<死>という冷化へと抗う。



この生命力へアチューンメントする。



ミカエルとの対話とは、そのようなカタチで始まる。



このプロセスを踏まないヤシに、「本当のミカエルの声」がどんなものか、分かるわけがないのだ。





ま。そんな話さ。




                     訂正 1  




       GWだし。押しておけって。(藁↓
                        人気ブログランキングへ



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter