スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

運命のルーレット1

運命が動くとき

 

はい、どーもー!


なつきです。

気分はびっくりするほどシェイクスピア。

天と地のはざまには、

おまえの哲学には

思いもよらぬことがあるものだ。


なんていいたい気分ですよ、

ホレイショー。

シェイクスピアも憂鬱な気になるってほど運命ってデンジャラス。

(※某氏、すみません、まだ

読めてねっす・・・orz….)


さて。


ところで。

諸君に問いたい。


問いまくりたい。

 


キミたちは、

運命というものを信じるか。

 

まぁ、おれはね。

気にくわない運命がおれの横を

通り過ぎようとしたら、

すれ違い間際にラリアート喰らわすタイプだ。

しかし。


しかしである。

 

そんなおれも、

ひとさまの運命のルーレットに

巻き込まれて蹂躙されることもある。


嘆かわしいことだが、

それも事実だ。


・・・いや。愚痴はよそう。


さぁ、みなに問おう。


ってか問いたい。


問いまくりたい。

きみたちは、

運命の導きというものを信じるか!!

(耳をすます


いい返事だ。


きっとこのブログ読者の妙齢の人たちは、

ある程度、

自身の恋愛や結婚を振り返り、

そういえば

「不思議な縁で出会ったなー」

なんて経験があるかもしれないな。

 

 

そう、この世界でもっと不思議な

運命とは

人と人との縁かもしれない。

 

 

おれも今のヨメちゃんとは、

共通の知人にたまたま呼び出された日の飲みで出会ったことが最初だ。


それが、スタート。


縁とはどこに潜み、

転がっているか分からない。

 

 

だからこそ、

おれは諸君に問いたい。

運命のルーレット、回したいか・・・?

 

・・・・


よぉし、いい返事だ。


ならば、さらに問おう。


人が、もっとも強く、あるいは

恐れ、その扉を開くときに

ためらい、期待し、

それでいて、

勇気のいる扉とは何か。

 

 

それは、
未来の伴侶へとつながる扉ではないだろうか。

 


もしかしたら。


もしかしたらだぞ。

おまいらの中には、

オレさまこと加藤夏樹の知り合いの一人と

「運命的に」つながるために

加藤のメルマガを登録した。

あるいはブログに導かれた。


そういう人だって、

いるかもしれないのだ。


いや、いる。


きっと、いる。


ってか、いてください。

 


むしろ人助けと思って存在していてください。(懇願

 


おれはいると信じている。(必死

 

ゆえに、我は問おう。

 


男性諸氏に、問おう。

 


おまえら。

この加藤夏樹を媒介として。

 

出会いたいか。


出会いたいよな。(強要


しかも。


運命的に、劇的に、

ドラスティックに出会いたいか?

 

世界は平凡か?

 

未来は退屈か?

 

現実は適当か?

 

安心しろ!

 

 

 

それでも人生は劇的だ。

 

そう、いまここで!

 

 

 


力が欲しいなら、、、

くれてやる!
(by ARMS


間違えた。

 


運命が欲しいなら、

くれてやる!!!

 

 

というわけで、

オレさまの語る運命とは!?


To be continue….

━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━
そんなわけで

運命の三女神にちなんで

3本立てでお送りする

連載企画・・・。

その真相は、

まて、次回・・・!

 

 

 

人生を変える8本のメールレッスン
~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」
と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。

このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。
今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
  
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter