“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

運命のルーレット1

運命が動くとき

 

はい、どーもー!


なつきです。

気分はびっくりするほどシェイクスピア。

天と地のはざまには、

おまえの哲学には

思いもよらぬことがあるものだ。


なんていいたい気分ですよ、

ホレイショー。

シェイクスピアも憂鬱な気になるってほど運命ってデンジャラス。


(※某氏、すみません、まだ

読めてねっす・・・orz….)


さて。


ところで。

諸君に問いたい。


問いまくりたい。

 


キミたちは、

運命というものを信じるか。

 

まぁ、おれはね。

気にくわない運命がおれの横を

通り過ぎようとしたら、

すれ違い間際にラリアート喰らわすタイプだ。

しかし。


しかしである。

 

そんなおれも、

ひとさまの運命のルーレットに

巻き込まれて蹂躙されることもある。


嘆かわしいことだが、

それも事実だ。


・・・いや。愚痴はよそう。


さぁ、みなに問おう。


ってか問いたい。


問いまくりたい。

きみたちは、

運命の導きというものを信じるか!!

(耳をすます


いい返事だ。


きっとこのブログ読者の妙齢の人たちは、

ある程度、

自身の恋愛や結婚を振り返り、

そういえば

「不思議な縁で出会ったなー」

なんて経験があるかもしれないな。

 

 

そう、この世界でもっと不思議な

運命とは

人と人との縁かもしれない。

 

 

おれも今のヨメちゃんとは、

共通の知人にたまたま呼び出された日の飲みで出会ったことが最初だ。


それが、スタート。


縁とはどこに潜み、

転がっているか分からない。

 

 

だからこそ、

おれは諸君に問いたい。

運命のルーレット、回したいか・・・?

 

・・・・


よぉし、いい返事だ。


ならば、さらに問おう。


人が、もっとも強く、あるいは

恐れ、その扉を開くときに

ためらい、期待し、

それでいて、

勇気のいる扉とは何か。

 

 

それは、

未来の伴侶へとつながる扉ではないだろうか。

 


もしかしたら。


もしかしたらだぞ。

おまいらの中には、

オレさまこと加藤夏樹の知り合いの一人と

「運命的に」つながるために

加藤のメルマガを登録した。

あるいはブログに導かれた。


そういう人だって、

いるかもしれないのだ。


いや、いる。


きっと、いる。


ってか、いてください。

 


むしろ人助けと思って存在していてください。(懇願

 


おれはいると信じている。(必死

 

ゆえに、我は問おう。

 


男性諸氏に、問おう。

 


おまえら。

この加藤夏樹を媒介として。

 

出会いたいか。


出会いたいよな。(強要


しかも。


運命的に、劇的に、

ドラスティックに出会いたいか?

 

世界は平凡か?

 

未来は退屈か?

 

現実は適当か?

 

安心しろ!

 

 

 

それでも人生は劇的だ。

 

そう、いまここで!

 

 

 


力が欲しいなら、、、

くれてやる!

(by ARMS


間違えた。

 


運命が欲しいなら、

くれてやる!!!

 

 

というわけで、

オレさまの語る運命とは!?


To be continue….

━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━

そんなわけで

運命の三女神にちなんで

3本立てでお送りする

連載企画・・・。

その真相は、

まて、次回・・・!

 

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」

と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。

★★★★★★★★★★★★★★

 

「もう引き寄せの法則とか、いりません」

 

メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、

伝統的神秘学を平易にかみ砕き、

そのエッセンスで

読者の魂の力を賦活する

メールをお届けします。



このメールは、

ともすれば自分の人生に

見切りをつけ始めた、

とくにover40歳など、

オトナたちのために書かれています。

今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という

概念を知り、身に着けてください。

  

☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/11/19)
    そうそう!結局内観が一番のコアですよ。ここに取り組み、それだけで問題ないっす。
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar たかメイ さんより(18/11/19)
    こんにちは! 最近、つくづく思うのです。夏樹さんも言っていたと思われますが(違ってたらごめんなさい)、「内観だけでいい」と。 過去に意識をやたらフォーカスしてしまうと、それが国家規模になるとすごいルサンチマンになってしまいます。 個人たとトラウマですか。 未来にフォーカスだとまだ、希望的観測がありますが、いまここでいられる(時間を忘れている)無我夢中状態というのは、集中力が必須だと思います。 日常で、いまここに立ち帰れるというのは 内観 しかないのではないのかと。 仕事に集中できるってことはいいことなのですね。 「内観」、すごいですね!
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter