スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

「正しさ」とは何か2

そんなわけで七夕だが、不似合いに記事を。先日言った通り、正義の問題をツラツラと考えてみよう。つまり「正しさ」とは何か、だ。



政治哲学的にはさ、主に3種類の原理からなる考え方がある。



1.幸福の最大化。


「最大多数の最大幸福」って聞いたコトねぇか? 多分、高校時代に社会関係の科目でも登場した言葉だ。政治経済的にも非常に重視される。多数決の原理ももとはここだよな。功利主義といわれてる。



2.自由の尊重


個人が生まれながらにもつと考えられる権利を尊重し、言論の自由や信教の自由も尊重されるべきだと考える。この自由は、たとえ多数派であったとしても侵害することは許されない。また一口に自由を尊重といっても、自由放任派と制限された自由を唱える公正派は対立している概念だ。



3.美徳の涵養(かんよう,自然に水がしみ込むように徐々に養い育てること)


正義の概念は、美徳や善良な態度や生活と関係するという理論。道徳と法体系が結びつくので自由主義者からは嫌われていることも多いが、「奴隷制度廃止論者やマーティン・ルーサー・キング・ジュニアもまた、道徳や宗教に関わる理念から正義のビジョンを引き出した」(『これから正義の話をしよう』,p31)って寸法だ。




さて。各理論のアプローチをたどる前に、ひとつの架空の話を前掲書から要約してみる。道徳のジレンマだ。ぽまいらは、いったい、どう考えるのがベストだと思うね? それぞれ考えてみてくれ。(架空の設定と話)



シーン1

おまいはいま、電車の運転手だ。しかし、ブレーキが壊れてしまった。このままでは、線路にいる5人の作業員をひき殺してしまう。



しかし。緊急退避の線路もある。そっちにも一人いる。だが、そっちにいけば一人を殺すだけですむ。そっちに行くべきだろうか・・・。



シーン2

おまいは今度は傍観者として、橋の上からこの状況を見て把握していた。やばい。5人もの作業員がこのままでははねられてしまう。(こんどは退避線路はナシ)ここからなんとか防ぐことはできないか?


おや、となりに大柄ですごく太ったオトコがいる。この男をここから線路に突き落とせば、確実に(ということにしてくれ)電車はストップするだろう。オレが飛び降りても、小柄でやせすぎなので、電車は止まらない。(ということにする)



さて。オレはこの男を突き落としてでも、5人の作業員を助けるべきだろうか・・・?



以上、シーン1と2をあわせて考えてみてくれ。そして自分がどう行動するかをきめたら、どんな理屈でそう行動することにきめたか、ちゃんと言語化しておいてくれよ。



ロマンチックな日に似合わないネタかもしれんが、まぁいいだろ。w



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter