スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

講座関係―夏に向けて

はい、どーも。オレさまです。今回の記事は講座関係者に向けて。ちょっとお小言。



えーと、明日また講座だが。



最近、毎回ちゃんと出席している人はしているが、大体、50%くらいの出席率という具合に最近ダレてきてねぇか? 急なシゴトや遠方で毎回出席は無理という方は仕方ないが、そうでないのは、もう少しちゃんと頼むぜ。



自習しているのならあまりとやかくはいわんが、ちょいと自習が足りないんちゃうか?



おおむね、エーテル系ワークでそれはよくわかってしまうぜ?



現在の予定としては、夏あたりまでに基礎的なメソッドを終えて、秋~冬で基礎編の最終的な訓練に入り、エーテル・ヒーリングの基礎スキル、クレアボヤンスを発達させるためのプラクティスを覚えてもらいたい。あとは各自が気長に取り組むなら、霊眼開悟に至るのは時間と練習量の問題という状態にまでしておきたいわけで。



とくに5~9月あたりのプラクティスのメニューがそのコアとなる。



身内ネタで恐縮だが、うちのナマモノ、エーテルレベルなら視認ができ始めている。まぁ毎日なんかかんかやってるからな。元々この世界を知らないだけに、言われたことを素直にやってるようだ。




以前何度かブログに書いたことがあるが、「シュタイナーの有名な5分」という話がある。



一週間に一日35分とり組むよりも、毎日決まった時間に5分取り組むほうが効果が高い、というものだ。



筋トレだって同じらしいぜ?



一週間に一度大量にこなす、というよりも、「少しずつでも毎日」取り組むが効果があるというのはさ。



今の参加者は、事前に配布した細則に目を通してもらった上で参加しているはず。



で、ある以上、もう少し「意志」の力を発揮するように。



頼むぜ。



ま。そんなところ。


                     訂正 1  


「気合いれなおす」と思ったら、でぽちっとな。(藁


                        人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter