スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

神秘学講座の話【ヒーリングのエーテルボールの色とは? 教会ステンドグラスを参考に】

ヒーリングのイメージの共有の難しさをいかに共有するか

どうも、なつきです。

ヒーリングで作るエーテルの波動(色彩)のイメージの共有って難しいですよねー。ヒーリングで使うエーテルのボールの色の例え方。

色、つまり波動の違いが、そのまま効果の違いになるため、ここは確かなイメージを共有したいところなのだが。

肉体を活性化させるときは、輝くような赤。身体の疾病、神経の癒しにはエメラルドグリーンとか。

今回の記事は、いかにして講座の受講生とそのイメージを共有していったのか、苦闘の話です。(笑)

教会のステンドグラスには感謝ですよ。

 

波動の輝きをエーテルライト、アストラルライトという

でもな。

違うねん。普通の赤やエメラルドグリーンちゃうねん。

とか、

 

とかとかじゃ、まだまだダメやねん!!

 

 

単に色を指定するだけではバラつきがあるし、「違う」んですわ。もっと波動の高い色をイメージしなきゃいけない。

 

しかしアレです。エーテルライト、アストラルライトなんて呼ばれる次元の光は、地上の光の輝度を超えてるっちゅーね。もっとシャイニングやねん・・・!!!

 

どう説明するんだよ、バカヤロウ!みたいな。

初めてアストラル界の輝きを知って帰ってきたときは、天気は晴れの日だというのに、こちらの世界の「暗さ」に違和感すら覚えたわ。「あれ、世界はこんなに暗かったか??」みたいな。それほど輝度が違うっつーね。

それもそのはずで、こちらの世界は基本、モノは光は「反射」で生まれているが、あちらでは、なんつーか、モノっつーか原子っつーか、それら自体が発光し、すべてが「光」っつーね。そんな世界の光をイメージせにゃならんとです。

 

 

そこでまず思ったのは、ファイナルファンタジー。ゲーム脳でさーせんw

 

そこで。

一体、どうすれば、いいイメージの共有ができるのか・・・。

いっときはね。こういうのが近いんじゃないかと思ったよ、ぶっちゃけ。

まさかの。

ファイナルファンタジー、ユウナの異界送りとか。

※あくまでも色彩ね。

丁度このとき、このキャラの周りを漂っている魂(?)の輝くようなエメラルドグリーンというか・・・。

おれがCG職人だったら、よりリアルなエーテルライト、アストラルライトな輝きを表現できたのだろうか・・・!

だったら、こういう輝きが近いのでは!?と、「ライトセーバー」を例にした意見も登場。

た、確かに近い気もする・・・・w

思わず「フォースを信じるのぢゃ・・・」といってエーテル・バイタリティを集中させてやりたい。(笑)

 

 

しかし。まだ足りない・・・!

 

 

そのためにイメージ共有したものとは、実はすでにあるものだった。

 

ステンドグラスの宗教的美しさは天上の美の表現

そうなのだ。ステンドグラスを通った光線。それはまさに天上の美を表現しようとしたもの。

そういえばダスカロスもイメージの仕方で、確かステンドグラスを通ったときのような輝き、と例えていたではないか!

答えはでていたのだ。

たとえば、こんなの。仮にスカイブルーをイメージして。といったとき、青いステンドグラスを「通過したときにうまれる光線」としてのスカイブルー。それが近い。

 

 

もちっと示すと・・・・

 

 

というわけですよ!

 

 

ほかにも、こちらのブログに掲載されている写真も、イメージとして非常に近い。こっちはフリーではないのでリンクで。

http://jixji.blog.so-net.ne.jp/2009-08-10-4

 

 

ステンドグラスは、もともと文字の読めない人のための宗教画として10世紀あたりから発達したそうだ。職人たちは、まだ見ぬ神の世界の美しさを表現しようとしたのだろう。

だからこそ、その美しさは、エーテルライト、アストラルライトに近いのかもしれない。

というわけで、ヒーリングで用いるエーテルのボールの色彩をイメージするときの多様な色は、ステンドグラスを通過した光線のような輝度の高い、眩しいほど澄んだを色をイメージしてくれればいいと思う。

 

なので、光のイメージがいまいちつかない人は、ぜひ参考にして欲しい。

 

 

ま。そんな話でしたとさ。

 

 

 

1000人以上が受講した、人生を変える8本のメールレッスン
~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」
と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を高め、

意志で創造する力を高める
メールをお届けします。

このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。


今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!

 

【コンテンツ一覧】
1. 人生は「そもそも論」で考えろ!
2. 欲求の階層を把握しろ!
3. 意識にコスモス(秩序)をもたらせ!
4. スピリチュアル・リンケージを生み出せ!
5. 1009回目のプロポーズ
6. 視覚化が未来を拓く
7. 自分の真の敵を知れ
8. もう一度、あなたが立つための力


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。

☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter