スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

スピリチュアルビジネスに走る男

はい、どーも。欲望枯れ気味のオレさまですが、ぽまいらはいかがスピな法則を利用してまで欲々しく生きていやがりますか。



さて。



意外と、人ってのはナニを本当に欲しているのか、見失いがちだな。広報・宣伝・マーケティングの世界で生きていたオレさまは、いかに世の中の情報というものが「欲求をあおるものか」というのに接し、見てきた。



つまるところ、ほんとのところは別として「コレ欲しい!」と勘違い(?)させる手段を実施し、売り上げをつくる。まぁおおかれ少なかれ、企業ってのはこうした活動をするわけだ。需要を探して売るのではなく、「欲求」を作り出すことが、いつしか経済活動のメインとなった。



そのため、宣伝・PRの手法はどんどん進化し、人の欲求もどんどんと膨れ上がる。巨大な消費で成立する高度資本主義経済ってヤツだな。



だが、ほんとのところ、人が人生で必要とするものなんて、さしてない。モノに限らず、重要なコトでさえ、微々たるものだ。いま思い悩んでいることは、10年20年、そして100年後にも重要なことだろうか。きっと、違うはずだ。「Nothing matters much. Most things don’t matter at all.」(何もたいしたことはない。ほとんどのことは、まったく重要ではない。)とはダスカロスの好んだ言い回しだ。



実際は、人はアレやらコレやらを欲して格闘し、アレやらコレやらの問題におおいに悩んで生きる。スピリチュアルな事柄を学び始めた者にしたところで、それはさして変わらない。(ほんとは変わっていくはずだが。)



まぁオレさまは男だからな。実社会とかビジネスに携わり生きていくのは当然だし、生きる糧を得るためには必要だ。だが、一方でこうした生きることへの困難への解決として、“スピ”を利用したり、すがったりしようとしているのも(最近はオトコがとくに)多いと感じる。



とくに、スピをビジネスにする男。



ロクなのいねぇんじゃねぇか?(藁



用はスピを学んで、かぶれて、「おれの使命はコレだ!」と勘違いして。挙句はへんなセミナーを開催したりして。そこまでいかなくとも、「自分の問題」から目を背けるかのように、スピな理屈に走ってわが身を守り、あるいは事態を好転させようと試みる。



結局、どこにもいかねぇと思うけど。スピを「ビジネス」にして許されるなんて、そうは成立しねぇ。たとえばルドルフ・シュタイナーのように「神秘世界の叡智を一般科学の体裁をなして体系立てて、世に残す」なんて使命を託された、というくらいなら無論別だが。



生きること―。



その歩みのもたらす「痛み」から逃れるための避難場所としてのスピリチュアル。自覚することせざることを別にして、現実として、そうした避難場所を求めているのが大量に流れ込み、「スピ業界」が成立しているという側面が大きいのだろうなぁ。



そんなだから結局、「スピなことを知らないが、まっとうにがんばっている一職業人」に、「スピを学んでいる」にも関わらず、「おめぇのほうがずっと霊性、低いだろ(藁」という現実がフツーに転がっているのだろうぜ。



この道をともに学ぶある友人が次のようなことを逝っていた。



オレさま「なんかさ、スピリチュアルな事柄を学ぶと、“浮く”ヤシが多いよな」



友人「本当は、より地に足がつくのだけどね」



シンプルな言葉だったが、この言葉に込められた意味は、大きい。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか
  • User Avatar 塚口雅生 さんより(21/09/12)
    お疲れ様です。 今日で何年目になりましたか?
    » この世に何を遺せるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/06/07)
    おっと、コメントに気づかず承認が遅れて失礼! お、うちの会社も本体事業はソーシャルビジネスなんで、 そういうのに興味もってくれるのもうれしいね!
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar ポチ さんより(21/06/02)
    たびたびすみません。 投資家より、事業オーナーを目指すなら、宗教・精神世界に生きる人達にピッタリなアクティビストの書籍があるので紹介させてください。 7つの習慣は個人主義ではなく人格主義なあるべき論ですが、あるべき論を超えて「事業オーナー」のソーシャルビジネスノウハウ書籍です。 素敵な書籍をご紹介頂いたので、なうな書籍をご紹介返しさせてください。 (有名な方なのでご存知かもしれませんが。。。) https://www.amazon.co.jp/dp/456984913X この会社のシステムを見れば意思が垣間見れるかもしれません。 こちらをご覧ください。 https://www.borderless-japan.com/whoweare/ 経済に友愛を、お邪魔しました。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter