“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

正しい思考とスピリチュアル

どーも、
夏樹です。


スピリチュアルな活動をしていて思うのたが、
そもそも「正しい思考」というものを世の「スピ系」はまるで触れないか、
軽視しているように思う。


ヒーリングだ、
チャネリングだ、
●●の法則だ、
というのは結構だが、
そもそも、「スピリチュアル」という領域は何かと言えば、
霊性進化を自らの意志で歩もうとする道だ。


ちょっと古めかしい言い方をすれば、
「真理の探究」なんだな。

そのために必要な大前提が、
「正しい思考」だ。


物事を正しく捉え、
理性を使って分析し、
考察する。






このことが神という絶対性とは何かという問い、
すなわち真理を理解させる旅を歩ませ、
オレさまたちを進化へと進ませる。


この場合の正しさとは、
「神―絶対性へと向かう」という方向性が基準だ。
そして正しさそれ自体は、
自身の進化の足跡が見せてくれるだろう。


これは仏教で言う八正道における、
正思惟(しょうしゆい)ってヤツだ。


洋の東西は違えども、
正しくスピリチュアルな道を歩もうと思えば、
基礎とするところは同じようなものになるものなのだ。


そんなベースをすっぽかして、
やれなんちゃらかんちゃらでアセンション!とか言ってんのは、
ただの妄言にすぎないもんさ。

よこ好んで使うダスカロスの言葉になるが、
「本当に人生で大切なことは、ひとつしかない」のだ。


せっかく、
スピリチュアルな領域に関心を持ったのだったら、
そもそもの最初を誤ることのないようにしたいものだと思う。


ま。そんな話さ。


≪メルマガ魂の神秘学はこうした話をより深く語ります≫

登録はコチラ。

ちなみに今登録された方には、
神秘学ベーシックテキスト、
もれなくプレゼントします。

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/05/22)
    思わずyoutubeで調べてもうたわww
    » アセンションは禁止します。
  • User Avatar せつな さんより(19/05/22)
    まさに同じです(笑) 左遷されたの間違いじゃないのかな?と思いました。 クリスタルチルドレンといえば、数年前にNHKのみんなの歌で「クリスタルチルドレンの歌」というのがありまして、ドン引きしたのを思い出しました。
    » アセンションは禁止します。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/05/22)
    >せつな うぉー、インディゴネタも流行ったなぁ!(笑) クリスタルとかレインボーとかにも続くんだよなww まっつたく、カラフルなソウルだぜw >かなーり選民意識バリバリで、話が全然通じませんでした(-.-;) わかるww  とくにインディゴだと、 ・空気読まなくても許される ・独りよがりでうぇいうぇいしても「インディゴなんで」で通用する ・ワガママ上等 ・協調性なくてもOK ・なぜならインディゴは古い文化を壊すためにやってきたから。 みたいな感じだろ?w おれの知り合いにもいたわw 70年代以前の生まれなんだが、インディゴの先遣隊が70年代前に生まれたようで、 「自分はそれ」 と言い切るやつだったわ。
    » アセンションは禁止します。
  • User Avatar せつな さんより(19/05/22)
    銀河連邦から何故か銀河英雄伝説を連想してしまいました(笑) 冗談はさておき、アセンションネタが盛り上がっていた時と同じ位にスピ系好きのママさんの間で、インディゴチルドレンの話が出ていました。 この手をガチで信じているママさんとやり取りした事がありますが、かなーり選民意識バリバリで、話が全然通じませんでした(-.-;) 筋トレは大事ですね!体幹がしっかりしていると、色々ぶれなくなる気がします。
    » アセンションは禁止します。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter