スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

引き続き、低体温をマインドの力による克服を試みる

はい、
どーも。



バファリンの半分は優しさどころか、
オレさまを低体温症へと貶めた最大の犯人じゃねーかと疑っている今日このころですが、
ぽまいらはいかが世間の自称・優しさにヤられていやがりますか。



それでですね。



先日の小さな成功―マインドでカラダに命じて体温を上げる―に気を良くしたオレさま。



引き続き、マインドの力による体温の上昇を試みた。



やっぱホラ。



ただでさえ、
「簡易な伝授型アチューンメント系ヒーリングなぞ認めねぇ」
「チャネリング? シロートに毛のはえた程度のヤツが? バカなの?」
とか日ごろ言ってる身なわけで。



実践派としては、ここらで、
キチンと実証できるカタチで何か示さないとイカンとも思ったわけですよ。



ですからね。



継続しましたわ。



燃えてきましたよ。



燃焼系ですよ。



基礎体温あげるために肝臓やらなんちゃらが燃え尽きるほどにヒートですわ!


萌えつきるほどヒート


そんなわけで!!



マインドで身体をコントロールを試みた結果!


36.1度!!



いったいいつぶりか・・・という36度台を回復。


そんなわけであっさり36度台を回復しちまった。


あれほどしんどい思いをしてまで、
温め素材を食べ続けてあまり効果がなかったのになぁ。。。


最終的な目標は36.5度だが、まぁイケるな。(すでに余裕な気分w



と、ヤマをこえた次第。



そんなワケで魂の力、
「マインド」を練磨することは、
スピリチュアルな領域だが、かような物理的な結果をもたらせるという一つの証明でした。



ま。そんな話さ。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter