スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

プラスアルファ―求められる以上を果たすということ

はいどーも。ぼくちゃんです。土日はやっぱり副業タイムでぜーますことよ。はふ~。そんなわけで今日も一日パソと格闘しながら副業に勤しむわけで。そんなとき、ふと、自分の仕事に対するプラスアルファというものをふと思う。




副業においては単に作品作りに勤しむだけでなく、ついでに他者作品に対して編集者の役割を果たすことでオレさま的にはプラスアルファとして取り組んだりする。このプラスアルファを自ら行えるか否かというのは、どんな仕事においても大切ではないだろうか。



正業においても、オレさまは最近クライアントの会社等のところに毎日のように出向くことが多い。オレさまの仕事はそこではいわゆるモロモロの調査なんだが、せっかく行くんだからと頼まれてもいない営業をついでにしてくることがある。



そういうところか実際に業績へと反映したりすると、オレさま自身の評価の向上というより、求められていること以上を果たしたという一つの満足感へと至るのだが。



しかし、そうした満足感ウンヌンカンヌンよりも、求められていること以上を自分で発見して取り組んでしまうというのは、たとえば作品づくりにおいても、「もっとよくするには」といった発想と結びつきやすかったりする。



ひとつ自分を高めていく上で、習慣化するに値するスタンスだと思うわけだ。



そういうのは、副業会社の相棒の姿勢を見てつくづくそう思ったものだが。「仕事」というものへの取り組み方は、たった2歳上の相棒くんから、数え切れないほど教わったぜ。実際のメソッドまで含めてさ。そしてありがたいことに、わが副業会社にはそうした誇れる友が他にもいたりする。



昔、オヤジに「おまえ、友人はやたら恵まれているなぁ」と言われたが、それだけはオレさまの数少ない最高の財産なのだ。



ふと思うのだが。



ぽまいらは、本気で「誇れる」友を何人持っているね?



そしてその友こそが、スピ的に逝ってしまえば、おまいの今の「波動」を示しているというものさ。彼らが友であるかぎり、オレさまは本気で友との誓いを果たすために、生きていけるんだ。



ま。そんな話だ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


はいはい。そんなワケで。オレさま主催の『神秘学講座 基礎編』の案内だ。


↓ここ見ておくんなまし。参加してみっか、という奇特なヤシはどうぞ。


神秘学講座 基礎編 参加要綱はこちら


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                     訂正 1         
                        人気ブログランキングへ
ランキングバナーをぽちっとすると、友人に恵まれるらしいぜ?(藁

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter