スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

日常シリーズ〜なるほどわからん。

親愛なる皆様

どうもこんにちは、たーこです。

スギ花粉が本格化してくれたお陰で、てんやわんやですが、皆様いかがお過ごしですか?

デジアナ変換がもうすぐ終了してしまうらしいことに、

テレビの買い替えをし忘れていた私たちは恐れおののいています。

 

さて。

私は本を読むのにとても時間がかかります。

オレオレ詐欺のオレさま夏樹が常時お勧めている

「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」とかいう物々しいタイトルの書籍に関しては

一回読了するのに3年かかりました。(まじ。)

※そして、読了にかかった時間が3年というだけで、

読解にかかった時間ではないというところがミソ。

 

で、最近また別の本を読んでいるのですが絶望する力、

言い換えると現実を直視し受け容れる力についてとかとか書かれた本なのですが

書かれていることは分かる。

しかし、解らない。

絶望力について理解する前に「自分にはこの本を読解することは不可能だ」と、絶望しそうです。

ブログ20まあ、「いかにして〜」よりは大分わかりやすい本なので頑張って読解していこうと思います。

諦めるのも大事だけど、諦めの悪さってのも大事ですよね!ね!!?(血眼

 

そういえば、本日のメルマガでは

夏樹が避けようもない現実を直視することにした

・・・という物語が綴られています。

ご興味ある方はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter