“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

年末・年始の掃除とスピリチュアル_ネガティブな波動に注意

年末・年始の掃除とスピリチュアル_ネガティブな波動に注意の記事の概要

どもども。なつきちです。年末ですね。今日から休みの人も多いのではないですかね。さて、この時期になると、朝、出勤するときにヨメによく言われるのです。

「街ん中の酔っ払いのケンカとかに、首をつっこんだらダメだからね!」

Oh,,,,そんな隠れ情熱武闘派神秘家な路線だったよーな気がしないでもないですが、仮に神秘界のK-1ことS-1(ねーよ、むしろ漫才かよw)でもあれば、結構上位に食いこむ自信もあった気がしないでもないですが、最近はうちの講座に拳法の先生もいるので、肉弾戦だと引けを取りそうです。ナモナモ。

とりあえず、日々の筋トレは別に攻撃力の退化を防いでるわけじゃねぇぞw

 

さて、冗談はともかく、そんな年末・年始のあたり、とくに年末は、スピリチュアルな環境というのは、ネガティブな波動に巻き込まれやすいものです。

では、そんな時には何に注意しましょうかね。

 

年末は、スピリチュアルには「澱(おり)」がたまる時期

一年の終わり。それは物理的にも霊的にも「汚れ」がたまっていくまさに決算期だ。仕事もたまるけどw

それだけに、人心は慌ただしくく、焦り、騒がしいし、同時にイライラもしやすい。

 

まぁ講座に出ている人たちは、例のロウソクの瞑想や、卵型のフィールド展開のプロテクションで、そうした荒々しい想念(エレメンタル)からの悪影響は受け付けないようにした方がいいだろう。

 

とはいえ、この時期、日本人には、素晴らしい習慣がひとつある。それが、大掃除だ

 

払うことは祓うというスピリチュアルな側面

元々は仏教の知恵なのか、日本人の民間の知恵なのか。出どころは知らない。しかし、この年末の大掃除、「今年の汚れは今年のうちに」(別に某掃除道具のステマではないw)というのは、本当に素晴らしい知恵だと思う。

 

たとえば、なぜ寺はいつも掃除をしているのか。払い清めることは、建物や空間だけでなく、心も祓い浄める。

素人でもできる「お祓い」なのだ。

これはほんとによい習慣だと思うぜ。物理的にキレイになるのはもちろん当たり前だが、心も霊的空間も、キレイになる。

 

部屋にため込んだ汚れやごみは、心に貯めたゴミ(悪想念,エレメンタル)の象徴だ。

まさに年末、今年の汚れは今年のうちに、がっつりとケリをつけてしまおうや。

 

街の中など、人の集まるところというのは、とくに年末は、酒のせいもあって理性が弱り、そうした悪い波動が人の心から噴出しやすい。そして自分の中に、それらと共鳴してしまうエレメンタルがあると、巻き込まれやすいものだ。

 

大掃除に取り組むことだけでも、そんなネガティブな事象に巻き込まれることから避けていける。

 

除夜の鐘で日本の霊的空間に祓いを響かせる

そして一年が終わり、新たに明けるとき。

まさに生命の刷新だ。

新しく生まれ変わったようなすがすがしさを感じる人も多いだろう。そうした刷新に一役買っているのは、年末の除夜の鐘だ。

 

ただの「行事」と侮るもんじゃないぜ。

「除夜の鐘は、煩悩を祓う」と長年日本人はそう考えて、風物詩的に行われてきた。

日本人がみんなで信じた「善いエレメンタル」がすでにあり、機能しているわけだ。日本人が長年かけて、育んできたエレメンタルだ。

それは強力に働く。

鐘の音とともに、日本全土を浄化するために機能する。

 

・・・ところがだ。

 

最近は、うるさいだのなんだのの苦情が出て、除夜の鐘をやめるところも増えてきているとか。

 

バカじゃねーのか。

 

と、本気で思う。つか、それこそ唯物論の魔霊の影響じゃねぇだろうなと思わないでもない。

「近所に保育園を作るな!」と騒ぎ立てるジジババのような、ノイジィマイノリティに、良識や善が屈してどうするよ、とマジで思う。

 

年末・年始こそ、スピリチュアル的には静かに決意しよう

とまぁしょうもないことも書いてしまったが、年末は、大掃除など、物理的、霊的、心理的に「祓い」に努めよう。

 

そして年の明けた清浄なときは、神に願いを托すのではなく、神に自分の行動を誓おう。

 

初詣、っていくだろ?

ああした場ってさ、神さまに願うよりも、神様に、「私はこれをやります」と伝えることで、自分への誓い、神様への誓いとして宣言することが、いいんじゃないのかね。

欲々しい欲望丸出しの願いを託すなんて、自分のエゴイズムを肥大化させる芽をまくようなものだ。

それよりも、自分が何をするのか。何を決意しているのか。

この点を神の前に清明に宣言することで、自分を律する約束とする。

そうした方が、よほど叶いやすいし、実行力も高まると思うぜ。

 

と、そんなわけでお送りした年末年始のスピリチュアル。楽しめただろうか。

今年もあと少しだな。

新年の占い企画も準備ができてきたので、まぁ楽しみに待っててくれ。

ブログ、メルマガの双方で発表するぜ。

と、そんな話でしたとさ。

 

 

受講者1000人以上! たった8本で人生が変わる魂のメールレッスン

~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」

と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。

★★★★★★★★★★★★★★

 

「もう引き寄せの法則とか、いりません」

 

メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、

伝統的神秘学を平易にかみ砕き、

そのエッセンスで

読者の魂の活力を高め、

人生を切り開く力がパワフルに高まる

メールをお届けします。



このメールは、

ともすれば自分の人生に

見切りをつけ始めた、

とくにover40歳など、オトナたちのために書かれています。


今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!

【コンテンツ一覧】

1. 人生は「そもそも論」で考えろ!

2. 欲求の階層を把握しろ!

3. 意識にコスモス(秩序)をもたらせ!

4. スピリチュアル・リンケージを生み出せ!

5. 1009回目のプロポーズ

6. 視覚化が未来を拓く

7. 自分の真の敵を知れ

8. もう一度、あなたが立つための力


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という概念を知り、身に着けてください。



☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter