“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

講座サマリー

すっかり久々の更新になっちまったー。前回の講座もサマライズしてねぇし。



ってなもんで、今期の講座も終わりが見えてきましたぜ。



あと少し、気張っていこう。



今回は前回に引き続き、30近くの質問を自分にすることで、今世において、自分が目指す(目指したい)方向性を理解し、現状を把握しようというもの。



人はそれぞれの価値観や魂が生まれ持ってきた役割や目的がある。それを見失って、目先の利益や欲求に飛びついてばかりだと、人生が混乱してしまう。



そうしたことがないように、絶えず自分と対話し、人生の指針をチェックしていかなくてはな。



そのために用意した質問集を前回・今回とで取り組んでもらったわけだ。前回休んだ人は、ペーパーを持ち帰り、前半部分を自分でやってくれよ。



また折にふれてセルフチェックに利用してくれ。



人生、40にして惑わず、と孔子もいったけど、実際、40でホントに「不惑」になっているなんて珍しいくらいなのだ。だが、早めに取り組むことで、40前にして不惑に達することもまた可能なのだから。



そのようなチェックのあと、薔薇十字瞑想。今回で、とりあえず一通りプロセスを経ることができた。



今回は、初めて一通りやり通したこともあり、詳細に取り組んだため、40分以上かかった。自分だけで取り組むと、多分、最初はものの10分~15分くらいで終わってしまうだろう。



しかし、プロセスを暗記して、またじっくり意識が集中できるようになると、やっぱり3、40分なんてこの瞑想では要してしまう。



当面はプロセスの暗記が大変かもしれないけれど、それ以後は、一つ一つのイメージに魂を沈潜させて、その意味をじっくり考え、うちから湧き上がる感情の響きを体験するように。


(※魂を沈潜させるとは、たとえば記憶像で樹木を思い出し、詳細に観察する。樹の匂い、手触り、質感などど事細かに観察する。その作業が魂を沈潜させる、ということ。)



とりわけ、最後の薔薇十字の像に関しては、丁寧に、その響きを魂に響かせるように。その響き、波動が、ぽまいらの魂を浄化し、必要な霊的能力の獲得へと近づけていってくれる。



また能力の獲得それそのものよりも、魂の浄化、霊性の向上こそが寛容なので、意識はむしろそっちにあわせておいてくれよ。



その後、エネルギーワーク。



気功から入ってエーテルを軽く貯めて、呼吸法でさらに貯め、周天法で練り上げる。そのあと、また新たに追加されたワークでアレなことを実践。アレはとくに気をつけてな。



シンプルだが、周天法以上にオーバーワークは悪い結果をもたらすので。



その後、ハートへ働きかけるヒーリングワークでしめ。



今回はこんなカンジだったな。また駆け足だったが、お疲れちゃんだ。あと少し。がんがっていこう。




それにしても、今回はいろいろと脅かされたわー。



遅刻して入ってきた人がさー、短期間で、しかし健康的に、運動だけで20キロ!体重落としたんだぜ。一、二ヶ月前も「あれ、随分やせたな・・・」と思っていたら、今日なんて別人かと思ったっての。w



思わず「部屋違いますよ」と言いそうになっちまったw



で、そのあとみんなとメシ食ってるときに、意識的に幽体離脱した話を二人から聞いていた。



そのうちの一人の話がとくに秀逸で、「そのやりかたマジかよ!!www」とハゲシク藁っちまったよ。w



まったく、自己流のおもろいメソッドがあったもんだと。w



まぁリクツ的にありえないわけでもないし、そのリアリティは確かにできているので、うまく行っているようだ。まったく、人間はおもろいwと思った次第。




まぁそんなわけで、引き続き、ぽつぽつ継続していこう。



ま。そんな話だ。






                     訂正 1  






                        人気ブログランキングへ



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter