スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

【魂の神秘学】VOL.24「スピリチュアルの“プロ”の問題点」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■VOL.24「今号のコンテンツ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・スピリチュアルの“プロ”の問題点

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■スピリチュアルの“プロ”の問題点
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪神秘学講座開講します。≫
申込み詳細はコチラ。
https://wizardofsoul.org/blog-entry-914.html


どーも。オレさまです。

さて。

今回は、
世の多くのスピの「プロ」の問題点について。


オレさまの神秘学講座ベーシック概論は、
これからスピリチュアルを始めようとしている者に向けて
編成されているのは事実だ。


だが、同時に、すでにスピリチュアルな領域で仕事しているヤシにも
適しているということを書いている。


どういう点から、
「プロ」にとっても適しているのかというと、
その点こそ、
今の「プロ」に欠けている問題点でもあるからだ。


今回は、
そんな話から、
今、にいる多くの「プロ」の問題点を考えたい。


オレさまが、世の

・ヒーラー
・スピリチュアル・カウンセラー
・チャネラー
・フォーチュンテラー
・パワーストーン販売者

etc…

を見ていて、
非常に危惧する点がある。

これらの全部に共通している点だが、
それは

「地に足がついていない」

という点なんだ。



たぶん、
上記のようなことを生業にしたものは、

・生来、勘が鋭く霊感(霊能)を有していた。


・人とは違う視点で生きてきて、いつも人の輪に入りづらかった。


・人と接していると、自然と本当に考えていることが分かった。


・人を癒すことに喜びを感じる。


・多くの人が、自分に何かを投げ込むように話をしていく。

(しかし、聞き役の自分は一時は聞いてあげたことに満足するが、
ダメージが蓄積する)


・一般的社会では生き辛く、
元来の性向(スピ的な)にあった仕事をしたいと願うようになった。


といった傾向を持つ人たちだと思う。


感受性が高かったり、繊細だったり、
一般的にいって「優しい」人たちだろう。


で、そうした傾向を持つ人たちは、
心理学を学んでカウンセラーをやってみたり、

何かしらの医療職を目指したり、

ヒーリングを学んでヒーラーになったり、

占術を学んで人の相談に乗ったり。


など、
「困ってる人の役に立とう」とする。


またこうした優しい人たちは、
えてして「自分の世界」「価値観」を大切にしており、
観念的で、理想世界をもっている。


すると、
自己の精神(頭)に気が集中しており、
地に足がつかず(気が上部にばかりある)、
非常に不安定な状態になりやすい。


ところが、
スピリチュアルな何かしらの「問題」を
抱えた人(相談者)たちはどうだろう。


さらに不安定で、ネガティブで、
浸食するかのようなエネルギー状態だ。


そんなところに、
優しいばかりのヒーラーが相対すれば、
もちろんダメージを受ける。


多くのヒーラーは、
無自覚だ。


しかし、「気」は高きから低きへ流れる。


優しければなおさら「受け入れて」しまい、
自分を削る。


相談者はそれなりに満足するだろう。


だが、そんなことを繰り返せば、
自分が病んでしまう。


「スピリチュアル」な領域で役に立とうとしているのに、
圧倒的に、知識不足・スキル不足なんだ。


よく比較するが、伝統的な気功の世界では、
心身の浄化・プロテクトだけでも、
軽く数年はかける世界だ。


ほんの少しのレッスンで「はい、あなたも今日からヒーラーです」
なんてことは決して言わない。


ところが、世のスピ系ヒーラー量産システムは、
簡単にヒーラーを作り上げる。


これは本当に無謀で、
危険なことなんだ。


聞いたことないか?


心療内科・精神科の先生ほど、
ほんとは精神科の治療が必要だって。


彼らは現代の医学・心理学には精通しているかもしれないが、
「魂」のことはもとより、
問題を抱えた(霊的身体が歪んだ)人たちへの対応を知らない。


精神科医で有名なM先生なんてどうもその典型のようだな。
著書は立派なこと書いてるようだが、
昨今実際に治療にいった人たちの評判はすこぶる悪い。
自分がおかしくなっていることに気付けない。


ここがポイントだ。


「自分で自分が悪くなっている」と気づく
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ためには、在るべき自分の「軸」を認識
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
しなくてはならない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


軸とは身体的には体幹であり、
精神的には心のバランスだ。


心とカラダ(気)。


双方を安定させなくてはならないが、
昨今のスピリチュアルなメソッドには圧倒的には足りない。
シュタイナーも言っているように、


本来的には、
アストラル体(精神・思考)よりもエーテル体
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(気)に働きかけるほうが難しい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし、伝統的なメソッドは、
むしろ身体→エーテルに働きかけるメソッドが確立されており、
とくに東洋人にはなじみやすい。
東洋は気の文化だ。


ゆえにオレさまもまた、
エーテル・メソッドを重視しているし、
他者―とくに病んだ人―と日頃から向き合う必要のある
「プロフェッショナル」こそ、
きっちりと習熟してほしいと願っている。


そんなこともあり、
オレさまの講座のプラクティスは、
エーテル系メソッドを初期中期には非常に重視している。
ま。そんな話だ。


≪神秘学講座開講します。≫
申込み詳細はコチラ。
https://wizardofsoul.org/blog-entry-914.html


━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━
講座開講に伴い、
ぽつぽつと質問に答えつつ、
メルマガ書いたりしている。
質問自体が、
今回のようにいいネタになるもんだな。
そんなわけで質問は引き続き歓迎だよ。






・・・せっかく来たので押していただけると、
   とってもうれしゅうございまする。。。
   はい、ぽちっとな♪   



          人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter