スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

そこに愛はあるのかい!?

【記事の概要】

どーも。夏樹です。画像とタイトルを見て反応できた方々、こんにちは。同世代ですなw

未だに福山雅治を思わず「ちー兄ちゃん」と言いたくなるハズです(笑)

さて。今回は過去メルマガ編集記事を再編して、愛をかたります。語ります・・・騙ります・・・?

まあいいや。


今回の記事は、マーケターメルマガにしようかとも思ったが、内容的に結局「魂の神秘学」こっちにしてみたものだ。

いやね、とある大御所扱いされている、あるマーケターの講座に参加してきたのな。

まぁ売上実績はそれなりに結構すごいとは思う人だ。

 

とはいえ、この講座自体は正直時間の無駄だったわけですよ。

しかもおれが期待していたある情報についてが、「時間の都合で割愛します」だったし。ふざけんな。

 

んで。中でもド級にクリティカルに失敗だった話。そんな話をしてみます。

 

会社はいったい誰のものか

 

なんでもその人会社、いま数人で運営しているそうだが、少し前は十人以上いたそうだ。

 

でも、いま生き残っているのはほんの数人。精鋭主義といえば聞こえはいい。

 

スタッフも登壇したが、いかに社長がすごいか、今充実しているか。

いかに効率よく激務をこなすか、そんな宗教めいたことをうれしそうに話す。


しかし。


一方で社長はこんなことを臆面もなく話す。

 

・社員が残るコツは、

 給与を安くして仕事を多くする。

 

仮にも自分をほめたたえる社員を目の前にして、「おまえたち、給与、安いよな」と臆面もなく言い放つわけ。

スタッフを人として見てんのか?

 

そもそも大半が残らなくて、いま、

信 者 が 残 っ た だ け だ ろ。


みたいな。


かつて、オレはブログでこんな記事を書いた。

社会の成熟度は、

そのあり方に愛があるかで決まる、と。
https://wizardofsoul.org/3419.html

 

これはそのまんま「会社」にも当てはまる。

もちろん、無駄に甘くすればいいということじゃない。

会社は売上たてないといけないしね。


でもさ、「社会の公器」としての役割とか、人生の多くの時間を費やすことになる会社という存在に、愛がないってどうよ。

 

社長だけが潤うってどうよ。

かつて日本は社長と平社員の収入格差が非常に小さい社会だった。

アメリカほどじゃないが、格差社会と言われつつあり、いま格差がこんなところでも広がりを見せようとしている。


どんだけご立派な実績があるかしらねえけど、そんな社員の犠牲の上に成立する「富」は、「収奪」となんら変わらない。


オレはごめんだぜ。


かつてのドラマじゃないけど、やっぱり言いたいね。

 

「そこに、愛はあんのかい?」


ま。そんな話さ。

 

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

 

関連記事

コメント

    • アニキ
    • 2016年 12月 03日

    磨かれていない魂の愛は、自己愛で終わってしまうんじゃないかな。

    この社長も自己愛に支配されているように思うけど。

    資本(四本)主義自体が、弱肉強食の獣(四本足)のシステムなわけだし、その獣にも愛があるしさ。

    長くなってもうまく説明できないから飛躍するけど、愛を超えていかねばならないじゃねえのかな、獣が超えられない愛を。
    毛が生えた魂は獣(毛だもの)というように、魂を磨き生えた毛を取らないと、毛だものと化してしまう。

    それを超えたところに、良心があるんじゃないのかな。

    「目的のために手段を選ばない」なんてことは、良心に目覚めていたらできないわけだし。

    この良心が直霊に宿されて、それぞれに内在しているように思うけどね。

    そんなところかな。

    • 加藤 夏樹

      アニキ
      四本主義か。うまいこと言う。(笑)

      うん、相当な自己愛。(笑)

      >毛が生えた魂は獣(毛だもの)というように、魂を磨き生えた毛を取らないと、毛だものと化してしまう。

      長い道のりだ。
      多分、そのための道自体に興味関心がないのだろうけど。
      それでも人間はいつか、
      その目覚めがくる瞬間は来るのだけどね。

      >「目的のために手段を選ばない」なんてことは、良心に目覚めていたらできないわけだし。

      まぁ、はっきり言って資本主義には多いよねぇ。
      このテの手合いは。

      社会システムを利用する上でお金は必要だけど、
      それに支配されたら本末転倒。
      魂まで支配されるとブタになる。

      三次元世界は厄介だぜ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter