“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

メルマガ【魂の神秘学】VOL.14「名誉という罠―内省とからめて。 」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■VOL.14「今号のコンテンツ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・名誉という罠―内省とからめて。
・編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■名誉という罠―内省とからめて。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
はい、どーも。

オレさまです。
いやね、前号でさ、
アチューンメント系ヒーリングの批判めいたことをちらっと
書いたからか、
「安易な批判するな」と、
それこそブログで安易に批判されました。(苦笑


やれやれ。


いい加減なスピリチュアル批判は、
それこそ旧ブログ含めてロジカルにここ10年ほど
ケンカ売ってますが、
それこそ安易に批判しているつもりはないんだがね。


一方で、レ●キの師範資格を持っているヒトが、
別に怒るでもなく、
反対にご自分のメディアでオレさまを紹介してくれていたり。


まったく、
インスタントな小物ほどうるさい世の中だぜ。


オレさまが「エセスピ」と断定しているものを批判するのは、
それこそ安易な児戯を提供する「ビジネス」に成り下がり、
「スピリチュアリティ」を促すものではなく、
むしろ「後退させるものである」からだ。


なんなんだろうね。
カネさえ払えば誰でも「ティーチャー」やら「先生」やら
「●●マスター」と呼ばれる資格ビジネスって。


聖書じゃねーけど、
「ほう、これが“先生”と呼ばれたがるヒトたちか」と。


そんな“エゴイズム”を刺激してカネをチャラく
稼いでいるヒマがあるなら、
ヒーラー希望者に対して、
「なぜヒーラーになりたいのか」
自分の希望それ自体をじっくり
内観させたほうがいいだろうよ。


スピリチュアル系ヒーラー志望者たちのその動機の背景には、
ヒトを癒せる『特別な私』になりたいなど、
エゴイズムに裏打ちされたものが多い。
多すぎる。

……やれやれだ。


先日も、
恩のある方から聞いたばっかだよ。


結局のところスピ系に多いのは、
「すごい先生のもとで勉強しているからキミたちとは違う」
「そんな先生に認められている自分はすごい」
「“分かって悟っている自分”」

といった、名誉、名声、
ナルシズムなんかに裏打ちされたエゴイズムが
肥大化している人たちだと。

同感だ。

コレが、スピ系には多すぎる。




・・・続きは、コチラ。









↓【Facebookページ】「いいね!」をクリックして、各コンテンツ記事をどうぞ。↓






関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter