スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

ヒーリングについて読者の質問に答えてみた件その1

どうも。夏樹です。

忙しい日々が続くが、なんとか月イチの神秘学講座も
継続されてきている。
ライフワークだけに今後も続けるつもりだというところで、
ここと本記事末に、
次回3/21(土)の講座への募集ページへと
リンクを張るのでよろしく。

さて。
今回は、過去のメルマガ編集記事だ。
なかなか良い質問をもらったことから考えてみた内容だ。

お題はヒーリング関係・・・。

それはそうと、
実は「癒したい」と思う人の方が、
「癒されたい」という言葉より
グーグル検索ボリュームが多いんだよね。

これは「優しい人」が多いというより、
ヒーラーになりたい!と思う、
「エゴ」の強い人の方が多いからだと思うのは、
穿ちすぎかね…?

まぁとにかく、
本題に入ろう。

 

読者の質問を考える―まず前提の整理

さて、今回はヒーリングについてのQandAだ。
読者の方からこんな質問がきた。

「ヒーラーは、
患者からのマイナスの気を引き受けてしまうか?」

「ヒーラーは、他人のカルマに干渉していないか?」

というものなんだ。

これは非常にグッドクエスチョンだと思う。

この質問者がこの質問をしたのには、
まずこういう前提があったんだ。

1. ヒーラーは早死、
    相手の悪い気を受けとると聞いた。
   身を削って治療する結果なのか。

2.知り合いの熟練の気功家は年配だが、
 そんなことはないように思う。
 彼は体力を消耗することすらないようだ。

3.ダスカロスはヒーラーだが長生きだった。
  また、他者のカルマを引き受けて
  自分が病んでいたこともあったと思う。
  それは例外なのか。
  マスターレベルになると話が違うのだろうか。

※ダスカロス
 世界一のヒーラーと言われたキリスト教神秘主義の神秘家、
 マスター。
 創造エーテルも使用可能であり、
 筋骨の物質化・非物質化を使用して再生までしてしまう弩級のヒーラーだった。
 
※創造エーテル
 エーテル(気)を4分類にすると、
 感覚性テール、記録性エーテル、運動性エーテル、そして創造性エーテルがある。
 創造性エーテルは、生命そのものを可能とする高次のエーテルであり、
 生命存在、創造を可能とする力のこと。
 意識的に活用できるのは、霊性を進化させ、聖霊より許可が下りた者たちだけである。

 

それでは、じっくり考えてみよう。

 

質問内容は、異なるレベルの問題を一緒にしている

さて、上記の質問と疑問は、
異なるレベルのヒーリングが混在してしまっているために、
混乱が生じているんだな。
順番に話していこう。

まずひとつ目の質問。
患者からマイナスの気を引き受けるのか。

これはイエスであり、ノーだ。
当たり前だが、水は高きから低きへと流れる。
同じように、気(エーテル)もそうなんだ。

病んだ者と健全な者が並べば、
癒したい、癒されたいという思いとは関係なく、
それだけで健全な者からエーテルは、
病んでいる者へと流れる。

なんとなく、
いっしょにいるだけで疲れる人っているだろ。
まぁ似たようなものだ。

同時に、気功でいう「邪気」(悪い気)を受ける。
ましてやそれがヒーラー、
治療家になってしまえば、
恒常的に悪い気を受けるともいえる。

オレの講座に参加した人は覚えているだろうか。

ごく初歩の技術として、
自分から悪い気を出す気功もやったな。
気功家は当然こういうのは初めにやるので、
問題はない。

癒しに携わる者は、当然知っておくべきスキルだ。

というより、
一般的な気功の訓練をやっていれば、
カラダから邪気を出してしまうけどね。

気功の世界でそれは一般的に、
「せいしゅ」という。
スワイショウとも言うな。
講座でやったものは、
https://www.kikoukakumei.com/work_intro.htm
このページに紹介されているものと同じだ。

これは手を前後に振るというシンプルなものだが、
カラダを軸にして、
デンデン太鼓のように-例えが古い?w-
手を振り回すものもある。

個人的には後者のほうが気持ちよくて好きなんだが、
講座では会場スペースの都合で前者を選ぶことが多い。

効果はまあ同じだ。

だから仮にも気功家等の治療家であれば、
邪気を受けるとか、
あまり心配しなくていいんだよ。

ヒーラーは、
まず第一に自分の浄化はできる。

そんなことは、
当たり前の話ということさ。

これも講座で話したことなんだが、
ヒーラーは、癒しに携わる者として、
「ヒーリング」をするためのエネルギーを自分のカラダを通し、
癒されたいと願う者に必要なだけ流す。

いわば、水道管の役目だ。

さて、
もしここで水道管がサビていたらどうだ?

ここで言う「サビ」とは、
誰もが持っている、
心身の穢れ、
病気的な悪いエネルギー、
多すぎるストレス、
「おれはヒーラー、癒してあげるぜ」
というエゴイズム・・・。

「癒してあげる」という気持ち。
それ自体がエゴイズムというケースが、

非常に多くてハラが立つ。

思わずこんなカオしちまいそうだ。

rp_20140813175614eb6.jpg

・・・それはそうと、
そうしたものの総体を、
気功の世界だと「邪気」という。

そう、人を癒そうと思うなら、
まず自分をクリーンにしなくてはならない。

伝統的な気功とかの世界だと、
まず自分をクリアにし、
癒していくプロセスに、
五年、十年かけてじっくり行うのは当たり前のことなんだ。

そりゃ、
世の自称「ヒーラー」に対して、
「インスタントヒーラーww」
とオレが言うのも分かるだろってなもんだ。

そりゃ、口を開けば「癒されたい癒されたい」
ばかり言うのも腹がたつけど。

それはともかく、
技術的にも、
エネルギー的にも、
たかが数回のアチューンメントだかなんだかで、
高い次元からのエネルギーを下ろせるとかいう触れ込みが、
なんのジョークだと。

ほんとにそんなすげぇのが可能なら、
世界中のエソテリック-神秘学派-な導師たちが、
数千年の歴史の間に、
とっくに開発して導入してるっての。

それをしないということは、
まぁ推して知るべしだな。(藁

 

回答をまとめると

さて。話が長くなってきたので、

もう一度まとめると、
ヒーラーは邪気を受けないかという問。

それは受けることは受けるということでイエスだが、
問題なく対処しているので、
ノーともいえる。

こういうと、
●●ヒーリングだと遠隔だから問題ないとか、
▼▼ヒーリングだと邪気が初めから
自分のカラダに入ってこないとか、
言ってくる人いるんだよねぇ。

ま。はいはい、わかったわかった、
としか対応しねぇけど。

それはさておき、
もうひとつの質問は次回のメルマガで回答したく思う。

こっちの方が、
神秘学的に重要な内容となるだろう。
じっくり回答しよう。

ま。そんな話だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
質問があると、
自分の復習になるし、
ときに自分でも思っていなかった問いを自らにすることがある。

それはオレにとっても、
非常に勉強にもなるな。

ぽまいらも、
なんかあったらいつでも寄越してくれ。
すべての質問を採用できるとは限らないが、
できる限り、
取り組みたい。

追伸
2015年3/21(土曜)に神秘学講座Vol.4を
行います。
詳細はコチラから。
今回からの参加もOKです。

追伸2

メルマガ「魂の神秘学」は、
ガチに本物の神秘学の探究を進めます。
本物のスピリチュアリティとは・・・?
と真摯に問う方の登録を待ってるよ。
登録はコチラから。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter