“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

なぜスピリチュアルを学ぶのか。

どーも。
オレさまです。


今回は、少しマジメな記事だ。


スピリチュアルな学び・・・神秘学を学ぶ上で
必要となるのは「準備」であり、「魂のあり方」であるという点は、
よく触れてきた。


ここで大事なのは、
「誰のために学ぶのか」という姿勢だ。


哲学学び



オレさまが世の自称ヒーラー等のブログとかを見ていて思うのは、
「ヒーラーになって人々に尽くす」ということを建前にしている割には、
ずいぶんとお手軽にヒーラーになれるシステムを提供するんだな、
ということなんだ。


スピリチュアルなことを学ぶ道は、
まずは自分の霊的発達を求めての取組だ。


霊的認識の発達、自己(意識)の拡大等、
取り組むことは多々ある。


そして学んだ知識とスキルは、
すべて「社会」において還元しなきゃならない。
残念ながら、隠遁は許されない。


ダスカロスもシュタイナーも、
市井の中で活動した。


それはすべて、
先を歩く者としての使命だった。


そして今更だが、時間は少ない。
この世界の、だ。


巷で言うようなアセンシションだの、
宇宙人が登場して助けてくれるだの。


はっきり言って、
そんなご都合主義的なことは起こらない。


オレさまの知る限り60年代までさかのぼることのできる
クルクル詐欺からいい加減、覚めてもいいだろう。


いいかい。


人生で大切なことは、
本当は、たったひとつしかない。


人は本質的にスピリチュアルな存在なんだ。


物質に基づく喜びは、
一時的で足ることを知らず、結局、
魂の闇へと人を導く。


その総体が現在の文明のあり方だ。
地球を食い尽くすまで、
とどまるところを知らないだろう。


一方、魂の喜びを求める生き方は、
人を【根源】へと近づけ、
霊的進化を促す。


ただし、霊的喜びに重きを置いた道とその道程は、
厳しい。


大きなメルクマールでは《秘儀参入》が用意され、
ときには命を失うほどの試練が与えられる。


そして霊的に発達し、多様な知識と技術を得たその先は?


そうだ。
人々のもとへと戻る。
「社会」へと戻るんだ。


静かな、自然の豊かな世界で霊性を磨くのは簡単だ。


だが、この社会の中では、
霊性への関心を保ち続けることだけでも困難だ。


だが、これから一人でも多くのまともなスピリチュアルな道を歩んだ者が、
手の届く範囲でいいので、
後ろを歩く者に必要とされる手を差し伸べなくてはいけないのだ。


地球手のひら


そうした活動の積み重ねが、
潜在意識下で共鳴しあい、
小さい漣が、大きくなっていくのだ。


そしてゆるやかに社会全体を向上させる結果になっていくのだ。


社会を、文明を、そして地球人類を助けるのは宇宙人のオーバーテクノロジーでも、
アセンシションでもなんでもない。


一人ひとりのスピリチュアルな成長、
それ自体にかかっているのだ。




関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter