“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

【秘儀の世界】考えるんじゃない、感じるんだ!【イチロー、3000安打まであと一本!】

画像出典:google画像検索

あー、どもども。


せんべい食べながら、反閇(へんばい)しているなんちゃって陰陽師オレさまです。

・・・

ウソです。ごめんなさい。

せんべいとへんばいかー。

ちぃと無理があったな。。。

と少し後悔してます、

ごめんなさい、

もうしません。


・・・いえ、

それこそウソです。

冒頭のマクラ言葉シリーズは続きます。

なんたって、わしとおまいのピロートークじゃけんね!

マクラ言葉だけに!

 

さて。それはともかく。イチローの3000安打が目前だ。次の試合がいつかしらんけど、もしかしたら、明日明後日にでも達しているかもしれない。すげぇよな。おれより一つ二つ上の歳であの身体能力は恐れ入る。そんなイチローの過去世を含めてちょいとつづった記事は、それなりに反響があった。興味があればこちらもどうぞ。もし突然イチローが練習中に現れたなら?~スピリチュアル系の言うグラウンディングとイチローの過去世とか~

 

もはやバットを刀に持ち替えただけじゃねえの?というようなイチローの過去が垣間見える。
(※ただしおれレベルの霊視なんぞ正確性には自信がないので、ひとつファンタジーと受け取るように。)

 

で、そんなイチローのことを思っていたら、過去のメルマガ記事をツラツラと改変してお送りしたくなった。

タイトルは、考えるんじゃない、感じるんだ!というもの。

なんとなく、おれの中でつながっている。

 

考えるんじゃない、感じるんだ!

さてさて。

今回の話として、唐突だが、前提として、まず押さえていて欲しいことがある。

 

それは「思考とは、ギフトである」ということ。

誰からのギフトかといえば、それは神からの恩恵であり、恩寵だ。

 

この「考える」という創造力のこの源泉は、人に生まれながらにして与えられた偉大なギフトなんだ、ということを現代人は結構知らない。

思考とは、自らが自らの意志で生み出す、能動的な、創造性の能力なんだ。人が神の似姿たるゆえんの一つだ。一方でよく対比される感情、感性といった感覚的な能力は、「受動性」の能力だ。それは何かへの反応として生じる受身的なものであり、判定する感覚だ。

 

また神秘学的にも、思考の世界は「ノエティック」と言って、そこは五次元の世界領域だ。叡智界ともいう。そして感覚性の世界は、サイキック界(アストラル界)といって四次元である。つまり、思考能力の方が、高次元なものであるということ。

 


ただそれでいて、


「考えるな。感じて分かるまでとにかくやれ」


といった行法も確かにあるんだ。そこが少しややこしい。

 

 

秘儀の世界

さてさて。


まぁ自分自身がね、今そういう「Don’t think,feel it!!」

みたいな、「おめーはブルース・リーか!」

と言いたくなる行法への取り組みが増えてしまってやれやれふー。なわけです。

 

基本的に理屈っぽいオレとしては、むしろそういう感覚的な把握を上位に置くような取組は、基本、マユツバに思うほうだ。

 

それでもなんというか、

 

・言語的枠組みを提示すると、余計に間違う。

・先に感得してしまう方が誤解がない。

・先に言葉で説明されると、バイアスが生まれる。

 


といった理由で、

言語的説明は最低限、


「あとは分かるまでとにかくやれ」


な、体育会系な世界で取り組むモンもあるのだなーと、今更ながら思うこともある。

 

 

まぁそれでも確かに、それで特殊な、高次のエネルギーとかに触れると、一応モノ書きの端くれたるオレの言語能力、表現能力を破壊する世界であったりもして確かに厄介だ。


「・・・炭酸のようにパチパチシュワシュワと弾けて、その弾けた波動が全身の細胞に行きわたり、法悦感のような喜びが全身に満ちていき・・・両手からは白い炎のようにエネルギーが立ち上り・・・」

 


なんて言われても、そりゃピンとこんだろうよ。(笑)

上記の説明だって、自分で体験して、なんとかひねり出した描写だ。

 

多分、分かるのは自分だけ。


事前に説明されても、まぁわからん。


一人ひとりやるしかない。


結局、自分で体得するしかない。


成長するしかない。


まぁ、オレさまもぽちぽち成長すべく頑張ってますよ、って話でしかない。

 

多分、イチローが今の境地に至っているのも、彼は非常にクレバーな選手なんで、徹底的に彼の思想、理論に基づいて考え、トライアル・アンド・エラーの結果、至っているはずだ。一方で、彼が指導者としてたったとき、どれだけその理論を言語化して伝達し、選手を育てられるかはまた疑問でもある。

 

とはいえ、この道は可能な限り説明できるシステムとして存在もしている。

いつか、ぽまいら一人ひとりによりキチンと教えれる高みに在れるようにオレも歩き続けたいと思う。

たゆまず、倦まず。

飽きることなく。

 

その遠い旅路の果てで、共に笑いあえたなら。

それはきっと、幸せなことに違いない。

 

この世界を探究するという壮大でワイルドで、エキサイティングな冒険の一つが、確かに神秘の小道にはあるのだ。


ま。そんな話だ。

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで読者の魂の力を賦活する
8本のメールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージという
概念を知り、身に着けてください。

それが、キモだぜ!
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter