“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

日銀黒田バズーカは消費税10%への序章か。

金持ちあんちゃん

 

 

どうも。夏樹です。

今日は、いかにして、消費税から生活を守るかについて。

 

なんかさー、昨今、

日銀黒田バズーカで円安進んで、日本の景気に貢献とか言ってるけど・・・。

なんか、消費税10%の決断理由にしか思えないだが。

まったく、ますます住みにくい国になりそうだぜー。

消費税8%でさえ、

結構物価が上がった感があったというのに・・・。

で、オレは正直、

「金で金を増やす」投資というシステムには疑問を

持っている。

霊的にそれは正しい行為か?という疑問だ。

一方で、

現在の経済システムにおいては、

「必要なところに必要な金銭がいく」

のであれば、有用なシステムかもしれないという

想いもある。


シュタイナーの理念に基づいた銀行では、

自分の選んだ先に投資される預金の仕方なのだ。


スピリチュアル的に正しい投資というのも、

見出すことは可能かもしれない。


なかなか自分自身、

この日本ではそれを見出すことは難しいが、

日本社会がこのままならば、

少なくとも「税金分」くらいは、

なんとか別途で利益を立てないと、

生活防衛も難しいかもしれない。(汗

 

だったら、

おれは外連味のない投資方法を教えてくれる青柳さんを推す。

個人的にも知っている方という安心感もある。

 

彼女に言わせると、日銀の言うとおりなら、

消費税を除いても、

5年で物価が10%上昇するかもしれないとのこと。

マジっすか・・・。

この国に住む一人として、

防衛手段の一つに。

そんな方法を、

青柳さんこと通称あおやんが、

Webブセミナーで教えてくれる。

視聴予約は、コチラだ。

あおやん、ヘルプヘルプ!!

 

 

まぁ正直、あおやんなら安心ですわ。

 

【追伸】

前も一度、

あおやんを紹介したことがあったなー。

今じゃテレビにも取材に出るほどになって。。

すっかり売れっ子。

実力派ファイナンシャル・プランナーとして

頭角を見せている様子です。

WEBでのレクチャーだけでもかなり勉強になるよ。

お金のコトが苦手な女性でも、

若い方でもわかりやすい。

視聴予約はこちら。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter