スピリチュアルとは何か。瞑想のやり方や理論、霊的学びや真理の探究など。

Imagination,Inspiration and Intuition―霊的認識の三段階

どーも。
オレさまです。


ひさびさにテンプレート、いじりました。
で、古い読者はご存知の前ブログのタイトルに戻した。


この「Imagination,Inspiration and Intuition」という言葉は、
薔薇十字系神秘学においては、
非常に馴染み深い言葉なんだ。


Imagination―霊視


Inspiration―霊聴(霊的読解)


Intuition―霊的合一(一体化による全的把握)


という霊的認識の階梯を意味しているんだ。


必ずしもこの段階通りというわけではなく、
混在しつつもしたりするが、
まずは霊視から霊的認識は始まる。


認識しようとする対象の霊的姿を把握するんだ。
人は、視力によって大半の情報を把握するが、
霊的認識においては、視力というのは基礎にすぎない。


それよりも、次にInspirationによる認識が重要なんだ。


霊的読解とも意訳されるんだが、
これは霊的視力による認識を意志の力で消し去るときに生まれる。


そして認識しようとする対象を「情報」として認識し、
まるで本を読み解くように意味を把握してしまうんだ。


もちろん、このプロセスは一瞬だよ。
実際の読書とは違う。


だが、たとえば、普通に目の前にいる人を見て、
外見から把握できる情報はどれだけあるかい?


ていねいに観察すれば、もちろんかなりの情報が得られるだろう。
だが、会話をして、知りたいことを質問すれば、
当然、さらに多くの本質的情報が得られるだろ。


目の前の人が何を好きで、どこで生まれたかという情報は、
本人の外見では分からない。


Inspiration認識は、
そうした情報を読み取っていく認識のことだ。


そしてIntuition.


直観とも訳される言葉だが、
これが霊的認識の最上位だ。


認識しようとした対象それ自体になる。


目の前の薔薇を認識すれば、
そのとき自分が薔薇そのものになる。


だからもはや謎はない。


霊的成長と霊的認識力の成長は、
軌跡を同一にしている。


我々は、
いつの日か、Intuition認識の獲得を目指して成長していく必要があるのだ。


ま。そんな話だ。







↓【Facebookページ】「いいね!」をクリックして、各コンテンツ記事をどうぞ。↓






関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/12/12)
    ビギ まぁ神智学ではないのだが・・・それはともかく、 >何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? かまわんよ。またコメントするなりメルマガに返信するなりしてくれ。
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ビギ さんより(21/12/05)
    どうにもその神智学は自分にはまだ少し早い様子、何なら手を付けないのも選択肢に含まれそうです。ですが何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか?
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/12/05)
    ビギ おう。ご希望にそえない点もあったかと思うが、すまんね。
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ビギ さんより(21/12/04)
    返信しないとばかり思っていました(・・;) ①の方はほっとくはそう思います。現実に向き合うと言い出しているみたいです。神=キリストなら宗教観が総崩れですね(・・;) キリストの水は検討ついてましたが、物質おばけみたいな魔女とか一緒にわかるとは思いませんでした。 ②も含めて返信ありがとうございました
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter