スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

スピリチュアルで言う“波動”を上げるってどういう意味だ?

はーい、夏樹です。

おまいら元気?

そろそろオレちゃんの記事が欲しくて

ヨダレをダラダラ流していたんじゃねぇの?

OKOK,おまいらのオレちゃんに対する渇望はよーく分かった。

そろそろ更新してやっからよく読んでいくんだぜ?(藁

 

さて。

最近は色々と、

スピリチュアル用語が一般的になってきたな。

いいんだか、

悪いんだかの世界だぜ、ったく。

 

まぁなんというか。

引き寄せとか。

原因と結果とか。

そのテの本が、

本屋さんで普通にビジネス領域にあったりする。

 

それで波動ってのも、

昔からよく言うし、

スピリチュアル系はよく使うよな。

 

物理用語の波動との違いはなんだ!

と詰め寄る人もいたりしますが。(笑)

で、スピリチュアルな人が言う

「波動」ってなんだろうね。

 

つか、波動を上げるとか、なんやねんな。

天ぷら揚げるのと何が違うねん!?

 

……おっと、天ぷら食べたさにヒートアップしちまったぜ・・・。

 

まぁ神秘家にとっては明瞭なんよ、一応。

周波数の高さがどうのこうのとは言わんよ。

物理学との違いとなると、おれも説明できねぇし。

 

ただ、スピリチュアルな世界において、

波動が高いとは、

存在次元の高さを意味する。

 

霊的進化度合と言い換えてもいい。

 

この宇宙は、階層性だ。

キリスト教の天使のヒエラルキー

や仏教の神々の階層性も、

そうしたヒエラルキーを象徴している。

 

この階層性が高いほど、

愛(神)に近しいものとなる。

 

だからめっちゃ極論すると、

波動を高める=神に近づく。

ということを意味してくる。

 

現世で学ぶ身としては、

自身を浄化していくこと、

とシンプルにまとめたいところだ。

 

で、波動つながりで(笑)、

今日の本論。

今までが壮大な前フリ。

ほんとはこっちがメイン。

おーけー。

 


ちょうどいま、

無料メール講座のようなものを考えている。

 

堅苦しいモノよりも、

「波動を高めると人生が

 スムーズになる。

 ステップアップで波動を

 高める●つの方法」


みたいな『ソフトな入口』の

無料メール講座作ろうかなと思う次第。

 

何かこういうメール講座があったら

いいなみたいなアイディア思いついたら

くださいな、と。

 

本当は去年のうちに創りたかったのだが、

忙しさにかまけて今年・・・も終わりそう。(涙


と、市場(?)調査なワケです。


ま。そんな話だ。

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

昨今、告知を忘れていた無料メール講座。

「復活の呪文」

★★★★★★★★★★★★★★
プロのヒーラーが学びに訪れる
スピリチュアルの専門家が
書き上げました!
 
1055人が読むだけで元気になり、
 
「人生を諦めない!」
 
と気力が爆発した8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳、
オトナたちのために書かれています。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/


より詳細な説明はコチラから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter