“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

エンデの言葉考

はい、オレさまです。



人智学徒として著名な作家ミヒャエル・エンデ



『モモ』や『ネバーエンディング・ストーリー』などで有名だよな。で、彼の言葉で拾ったものをもとにつらつらと考えてみよう。




灰色の男たちは、こまぎれ、分解の原理です。彼らにとっては、計算、計量、測定できるものだけしか現実性をもたない。計量思考を代弁しているのです。計量思考は現代社会をほとんど覆い尽くしている。しかし、人間は今、そこから再び全体性を見つけ出そうとしている。 『エンデと語る』




灰色の男とは、『モモ』に登場する時間どろぼうたちのことだ。



彼らはいつしか忍び寄り、人々から「時間」(いのち)を預金というカタチで奪い取っていく。しかし、当の人々は、暮らしがさらによくなると信じているわけだ。



だが、時間どろぼうとは、上記の言葉にあるように、分解の原理であり、目に見えて計れるものこそ価値があり、リアルである計量思考のシンボル。物理的世界観そのものなんだ。



そしてエンデがいう「全体性」とは、我々は本来は一つであるという方向性の原理のことだ。このポイントに向かっていくための智恵を人類は再び見出しつつある、とエンデは言う。



もちろんそれは、まだまだその萌芽が見えるという程度のこと。



だが、実際に歴史をみると、人類は確かに少しずつだが成長している。


たとえば・・・


・戦争は悲惨だが、現代は戦争ひとつ起こすにしても、環境整備が必要。大義名分など。その結果、政治の透明性が高い民主国家同士では戦争は今のところ起きていない。



一方的な侵略戦争など、少なくとも国家レベルではまず起こすことは困難だ。微々たるもんだが、こうした意味では進歩している。



しかし、それでいて、いつまでたっても、なかなか人は、「幸せ」な社会生活を万民に対して提供することが困難だ。



その根本的なところで、霊学的叡智を学んだ側から提示される智恵は、ぽつぽつと社会に向けて送られてきている。



分解の原理から統合の原理へ。



物理的世界観から霊的世界観へ。



目に見えるものだけから、目に見えないものも含んだ世界へ。



ゆるゆると、世界は「良い方向」へと進んではいる。



現代人は、社会の片隅から聞こえる福音の音に耳をすまさないと、魂が枯れてしまう。



耳をすませば、多くの福音がそこにあることに気づけるはずなのだ。



ま。そんな話だ。


                     訂正 1  



せっかく来んだから、押しておけって、コレ。(藁↓
                        



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter