スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

エーテル体と行法関連

ツイッターのシュタイナーbotで下記の言葉を拾った。


性格や気質の変化を生じさせる働きは、エーテル体の領域に属していて、生命の領域を支配している成長力、消化力、生殖力と同質のものである。




これとっても重要な示唆でね。



このわずかな言葉を拡大解釈していくと、<エーテル>と呼ばれる力をコントロールすることは、「性格、気質」といった精神的な領域と「成長力、消化力、生殖力」という「生命活動」そのものをコントロールすることである、ということにつながる。



つまり、エーテルの意識的なコントロールは、<生命力>のコントロールだ、ということ。そしてその領域は肉体だけにとどまらず、精神的な領域にも及ぶ、と言っているわけだ。



これは、精神的な領域から生命力に及ぼすことが可能であり、逆に肉体的な領域から生命力に影響を及ぼすことが可能である、と。



西洋の神秘学派のメソッドだと、主に思考・意志力によってエーテルをコントロールし、東洋だと反対に肉体、つまり身体操作のアプローチからエーテルのコントロール(気功やヨガ)を行う。



どちらかのアプローチも可能だ、ということ。


オレさま講座の受講者は思い出して欲しいが、うちだと、気功の身体操作のアプローチと、イメージ瞑想と記憶訓練による精神(思考・意志)領域の双方から行うようにしているだろ。



いずれにしても、それは自身の<生命力>に意識的働きかけるということなんだ。



この個我(わたしはわたし、と思う意識体。自己の本質。ノエティック体)がエーテル体に意識的に働きかけることで、悟性魂が生まれる。(物事を考える力、理性の力が増す。)

(※このプロセスは人間は成長期に自然に行っている。霊的修行において改めて意識的に行うことで、エーテルの力を底上げしていく。)


そしてさらに個我によってアストラル体に働きかけ、霊我(より霊的な個我の段階)を目覚めさせる。(より本格的な霊的修行の段階。霊我の覚醒が、ほんとの秘儀参入となる。)



まぁそこに至る前に、まずはエーテルのコントロールがすべてだ。



エーテルをコントロールできる意志の力、集中力。



コントロールをできるようになったとき、身についている十分な自身の生命力。



それはようやく自他へのヒーリングが可能になる「霊的な身体づくり」がうまくいったということだ。



この段階に至って、ほんとに個我によるアストラル体への働きかけが意味を持つようになる。




この道に関っちまったヤシらは、めげずにらっくり取り組んでくれ。



ま。そんな話だ。





                     訂正 1  


「あたいも気功でもやってみるかなー」と思ったら、でぽちっとな。(藁


                        人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter