“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである

永遠の原子<permanent atom>とは

どうも、なつきちです。今回はなんか久しぶりに秘教系の記事な気がしますねー。エソテリック系の記事はどこまで公開していいのか、わりとセンシティブなところもあるので書くのは躊躇われます。

 

なので今回も「こっからはダメ」という点はあるものの、可能な限り書いていきたい。

 

それというのも神秘学を教えていて、理解が難しいテーマの一つがまさにこの永遠の原子について。ダスカロスの言う「マインド」の概念も難しいけど、こちらの永遠の原子<permanent atom>も難しい。質問が多いのもここだ。

 

なので思い立ったが吉日じゃないけども、軽くまとめておきたい。

 

まず軽く結論から書いておこう。

 

永遠の原子<permanent atom>とは単なる記録媒体ではなく、『自己認識ー魂』の霊的進化を促進するエンジンである。

この結論も決してわかりやすいとは言えない。(笑)

表現として適切なのか考える余地はまだある。折を見て改定するかもしれない。

そこは自分の経験等を省みて、おいおいということで。

とりあえず、これから詳細を語ってみよう。

 

※神智学の文献では、永遠の原子を「恒久原子」と訳しているところもある。が、自分は恒久原子よりも永遠の原子と訳す方が好きなのでこちらを採用する。なお両方ともpermanent atomのこと。

 

永遠の原子<permanent atom>の役割は、記憶媒体としての機能だけではない。

さて。永遠の原子<permanent atom>の機能を基本的に記す。基本的な役目はもちろん、まずは3つの体に存在する記録媒体的な機能だ。3つのカラダとは、肉体、サイキカル体、ノエティカル体である。この各身体のエーテル体のハートに位置している。厳密には3種類の永遠の原子があるのではなく、三つの次元に同時に存在している、という方が正しい。

 

そして小見出しのタイトルとは異なるが(笑)、とりあえず、まずは記録媒体と仮定する。

 

そこでダスカロスの『エソテリック・ティーチング』に目を通すと、

That part of the permanent personality which acts as the recorder of the experiences it has received in the place time worlds. the permanent atom is situated in the etheric heart of each body simulaneously, and registers all the emotions, thoughts, reactions and experiences as they occur in the three worlds.』なんて用語解説のところにはありますな。

 

永遠の原子<permanent atom>は、3つの身体の各エーテル・ダブルのハート・センターにあり、3つの世界で起こった感情・思考・反応をすべて記録している、と。だがここで、気になる一文もある。「That part of the permanent personality」の部分ね。永遠の原子<permanent atom>は、永遠の人格の一部である、ということを記している。

 

これは何を意味しているのだろうか。

 

なぜ霊的な記録媒体である永遠の原子<Permanent atom>は、永遠の人格の一部なのだろう?

 

 

 

永遠の原子にインプットされている記録には、カルマが含まれている。

そもそも、永遠の原子<permanent atom>は「記録媒体」と考えられているという点に触れた。

そこで疑問なのは、『なんのための記録媒体なのか』ということだ。

冷静に考えれば疑問だ。

 

霊的世界において、『無限の記録』とは非常に神的な意味を持つ。

 

たとえば神秘学的には、アカシック・レコードとかコズミック・メモリーと呼ばれる宇宙的な記録メディアの存在が指摘されている。

 

仏教でいうところの虚空蔵。神秘家は霊的発達を成し遂げることでアクセスを許され、人類の全記憶と知識を用いることが赦されるという。

永遠の原子<Permanent atom>とは、そんな宇宙的な記録の話ではない。(いや、正確にはつながってるけど。とりあえず別個で考えよう。)

一人ひとりの個人的な―しかし全転生を超えた―記録媒体ということになっている。

 

なるほど、永遠の原子<Permanent atom>とは、どうやらその文字のごとく永遠の存在であり、全転生についてくる。

 

だが、繰り返すが単に「記録」だけが仕事ではない。

 

実は次の転生で造られる身体や人生の環境は、永遠の原子<permanent atom>の情報が活用される。

 

この転生のための情報、全転生において活用されるということ。

この点にこそ、実は永遠の原子<Permanent atom>は、単なる記録媒体ではないことを示している。

 

転生をまたいで利用される記録媒体。

 

それはつまるところ輪廻のシステムと連動する、『カルマの法則』が働くメディアであるといえるのだ。

もっとシンプルにいえば、カルマを保存しているメディアだ。

 

たとえば、ある人が「前の人生で他者の足を切り落とした」ときに、次の人生にその魂が学びとして受けるべきカルマの種も保存している。

※その種を精査して、どんな風に発芽させるべきかの判断は、カルマの大天使らが関与する。永遠の人格や守護大天使もね。

 

われわれは、何度も輪廻する。

このとき、われわれは永遠の原子に保管された各転生のメモリーとカルマに応じて、次の転生で必要な心魂体を形成し、必要な環境を用意するのだ。

 

 

 

永遠の原子<Permanent atom>には、すべてが入っている

永遠の原子は、なるほど、おれたちのすべての人生の歩みが入っている。いつか天へと還るとき、それ自体が宝となる。

 

だが、もとより永遠の原子は永遠の人格の一部である。そもそもで人へと転生することを選んだ魂に永遠の原子が与えられたとき、そこには『人間のすべて』が入っていたのだ。いわば種のようなものだな。

 

たとえば杉の樹はとても高く、太く、立派に成長する。あれほど巨大に成長しても、その種子は小さい。すべての植物はそうだろうけどさ。そして種子がどれだけ小さくとも、完璧に「設計図」はそこに入っている。

 

 

今回のトピックである、永遠の原子<permanent atom>も同様だ。われわれが人として物質的、そして霊的に成長していくことができるのも、「天なる人間」としての完璧なる姿(状態)が、すでに永遠の原子<permanent atom>にインプットされているからだ。われわれは少しずつこの「天なる人間」へと向かっていく。

この天なる人間としての種は最初は小さな球形だが、次第に成長してくるのだ。

 

 

われわれの日々の活動がインプット(記録)されると、永遠の原子は保管するだけでなく、われわれの魂に働きかける。

そしてここが永遠の原子の真価ともいうべきところだが、われわれの日々に活動の入力(記録)によって、永遠の原子<permanent atom>は、3つのボディに対する成長を指令するのだ。たとえて言うと、筋肉に対して「負荷」という活動を入力すると、「太く逞しい状態へと成長しろ」と指令される。(笑) こんな関係と同じようなものだといえば、わかりやすいだろうか。だから当然、筋肉を怠けさせること(情報を入力)をすると、筋肉は衰える。

われわれの日々の活動が、魂(3つのボディ)を衰退させるようなものであれば、当然、そうなる。

 

永遠の原子は、現在の人格と情報をやりとりして、各人生を経て体験的に得た智恵を蓄えていくのだ。そしてそれを次の人生でフィードバックし、魂を成長させていくのだ。

 

 

永遠の原子は、「正しいインプット」があると、3つの身体に成長を働きかける。

そこでピン!と来てほしい。

 

筋トレに例えつつ、永遠の原子<permanent atom>の活動に保存すると、3つのカラダが成長すると伝えた。

 

もう少し分解すると、永遠の原子に

保存される情報は、思考、行為、感情などである。

保存の結果は、3つの体の成長の働きかけである。

 

つまり、ここで、原因と結果―『カルマの法則』―が働いているということ。

 

永遠の原子<permanent atom>は、カルマの働きを通して、人を成長させていくという機能を持っているのである。

 

 

永遠の原子<permanent atom>が正しく機能するためには、人格の浄化が必要

ほんでな。永遠の原子<permanent atom>にある「天の人間」へと近づいていくにはさ、すごく簡単に言うと、人格の浄化がやはり必要なわけ。

スピリチュアルな成長ではさ、「人格の成長」ってのが絶対にマストだよ、と言われるな。

その理由の一つがここにある。

 

永遠の原子    3つの身体

 

この両者の間をつなぐフィルター(⇔)に重要な秘密がある。このフィルターこそが、「人格」なんだよ。永遠の原子はもともと「永遠の人格」の一部とダスカロスは言う。現在の人格であれ永遠の人格であれ、永遠の原子は「人格」という機能に属するものだ。

 

ゆえに「保存」「出力」も、人格が濁っていたり、歪んでいると、永遠の原子<permanent atom>に正しくできない。機能しない。

つまり人格が濁っていると、正しく入力されない。

 

すると、出力がない。

 

出力がないということは、霊的成長がない、というわけだ。

 

 

だからわれわれはまずは霊的成長のための「通路」を開くために、人格を浄化する「内省」に取り組まなくてはならない。

 

 

永遠の原子<permanent atom>を育てるプラクティス

さて。

永遠の原子<permanent atom>は3つある、と記した。

そして肉体、サイキカル体、ノエティカル体だ。基本的に、その場所は各身体の(のエーテル体)ハートにある。(と、学習の初期では説明される。学びが進むと異なってくる。なぜなのかは秘儀に属するので、おれ自身も中級クラス以上でしか話さない。)

 

そして入力についてだが、簡単に記すと、

 

1.感覚性エーテル

2.運動性エーテル

3.刷り込み性エーテル

 

 

この3つを使うことになる。

 

なぜなら人生で得られる経験的学習というものは、この肉体を通した「体験」から得られる智恵だからだ。

そして体験というものは、エーテル・バイタリティーによって機能する能力によって魂に蓄積される。

 

とくに初期は、感覚性エーテルと運動性エーテルの関与が大きい

ゆえにこの二つをマスターすることにわれわれは尽力すべきだ。

 

そして刷り込み性エーテルは、視覚化の訓練であり、エソテリックな訓練でもっとも重要になるエーテルだ。

 

だが、繰り返しになるが、基礎レベルにおいては、感覚性と運動性のエーテルを訓練しないといけない。

 

この二つはエーテルの土台だ。この二つのエーテルの体得度が低いと、結果として刷り込み性エーテルを用いて行う視覚化(ヴィジュライザ―ション)がまともに機能しないか、しても効果が低いのだ。

 

そんでこっからは明かせない部分もある。本当の永遠の原子の位置と関係するため理由は明言を避けるが、やるべきことははっきり言おう。

 

「運動性エーテルと感覚性エーテルをまずはしっかり磨こう」、だ。

 

このまず訓練すべき二つのエーテルだが、その存在を実感し、コントロールするためには「肉体」を強く意識することが求められる。とくに東洋人は、理性的機能のみで把握するのは難しい。

 

だが、幸い東洋人には高度に発達したエーテル文化としての身体文化がある。

たとえばおれは気功の訓練をここで推奨する。実際に気の訓練そのものだし。運動性エーテルと感覚性エーテルがをまず使うことになるのは同じだ。

そしてこの訓練が十分積み上げられると、より意志と思考力のみで行われる「視覚化」の訓練が効果的に進むことになる。

視覚化に取り組むと、刷り込み性エーテルを使うことが求められる。そして刷り込み性エーテルの理解も進むことになるだろう。

 

さらにもう一ついえば、このとき、「永遠の原子」に記録するのが刷り込み性エーテルであると気づくが、このことに自分で気づくことに意味がある。

刷り込み性エーテルの深遠さに気付き、活用の幅が広がるはずだ。

そうなることを願っているぜ。

 

 

永遠の原子<Permanent atom>の理解はここがスタートだ

 

と、長々と永遠の原子について語ったが、まぁ語りきれるもんじゃない。

おれんところの講座でも、ベーシックではとりあえず「全転生に持っていくUSBのようなもん」といった説明だ。

 

それよりも、永遠の原子に「正しく入力」するためにも、うちの神秘学講座ではベーシックでは3つのエーテルの理解と訓練を深める方を重視する。

その方が結果として、永遠の原子<Permanent atom>の理解を深めることに通じるだろうからだ。

 

何を学び、深めていくのか。こういう順番はとても重要だと思う。神秘学派では古来、この点を重視していた。

 

そのために意味のない秘密主義という誤解も受ける。だが、実際はとても意味も意義もあるのだ。

いつか、永遠の原子<Permanent atom>の働きかけによって3つの身体が霊的に進化していくということについてまた語ってみたい。

 

ま。そんな話さ。

 

 

「人生が変わる」「魂が変わる」8本のメールレッスン

~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」

と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。

★★★★★★★★★★★★★★

 

「もう引き寄せの法則とか、いりません」

 

メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、

伝統的神秘学を平易にかみ砕き、

そのエッセンスで

読者の魂の活力を高め、

人生を切り開く力がパワフルに高まる

メールをお届けします。



このメールは、

ともすれば自分の人生に

見切りをつけ始めた、

とくにover40歳など、オトナたちのために書かれています。


今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!

【コンテンツ一覧】

1. 人生は「そもそも論」で考えろ!

2. 欲求の階層を把握しろ!

3. 意識にコスモス(秩序)をもたらせ!

4. スピリチュアル・リンケージを生み出せ!

5. 1009回目のプロポーズ

6. 視覚化が未来を拓く

7. 自分の真の敵を知れ

8. もう一度、あなたが立つための力


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という概念を知り、身に着けてください。

(注!!)icloudのメルアドはマジで届かないです。。。



☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

    • たかメイ
    • 2018年 11月 19日

    こんにちは!
    最近、つくづく思うのです。夏樹さんも言っていたと思われますが(違ってたらごめんなさい)、「内観だけでいい」と。

    過去に意識をやたらフォーカスしてしまうと、それが国家規模になるとすごいルサンチマンになってしまいます。
    個人たとトラウマですか。

    未来にフォーカスだとまだ、希望的観測がありますが、いまここでいられる(時間を忘れている)無我夢中状態というのは、集中力が必須だと思います。

    日常で、いまここに立ち帰れるというのは 内観 しかないのではないのかと。

    仕事に集中できるってことはいいことなのですね。

    「内観」、すごいですね!

    • 加藤 夏樹

      そうそう!結局内観が一番のコアですよ。ここに取り組み、それだけで問題ないっす。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/11/19)
    そうそう!結局内観が一番のコアですよ。ここに取り組み、それだけで問題ないっす。
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar たかメイ さんより(18/11/19)
    こんにちは! 最近、つくづく思うのです。夏樹さんも言っていたと思われますが(違ってたらごめんなさい)、「内観だけでいい」と。 過去に意識をやたらフォーカスしてしまうと、それが国家規模になるとすごいルサンチマンになってしまいます。 個人たとトラウマですか。 未来にフォーカスだとまだ、希望的観測がありますが、いまここでいられる(時間を忘れている)無我夢中状態というのは、集中力が必須だと思います。 日常で、いまここに立ち帰れるというのは 内観 しかないのではないのかと。 仕事に集中できるってことはいいことなのですね。 「内観」、すごいですね!
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter