“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

スピリチュアルと食べ物の関係について

 

スピリチュアルと食べ物の話

みなさん。重大発表があります。

ありやがります。

心して聴いちゃってください。

今日から加藤夏樹やめます。改めます。

 

 

改めまくります。T.M.ナツキーションです。

これでいきます。

今日から軽くレボリューションします。

革命です。


日本中のカラダを夏に仕向けていきます。


・・・・

 


ウソです。


言ってみたかっただけです。


さ。掴みはOK!(ということにしますw)

というわけで、スピリチュアルと食べ物の話です。ススピリチュアルな視点で食べ物についてちょっとだけ考えてみます。

 

食べ物で異なるスピリチュアルな発達


先日、ふとヨメちゃんとの会話から、日本人ならコメを食え、菜食根菜がベストだという話をしていた。


昔、師匠ことダンブルドアが言ってたわけ。


「日本人はパンなんか食ってるから霊性が落ちるんだ。

 コメと菜食根菜。古い日本人の食事。

 身体(と内臓の働き)と食べ物とスピリチュアリティは密接に関係する」

 

うるせーよ。

パンやらパスタやら好きなんだっつーの。

と、思わないでもない。

 

とはいえ、関連があるのはスピ業界?では広く言われるところでもある。


たとえば、日本人はカラダの位置でいうハラ(丹田)への造詣が深い。

まつわる言葉も多い。

ハラに落ちる、ハラが据わるetc…

 

これは下から三番目、

いわゆるマニプラチャクラってのが発達しやすい民族だから、マニプラチャクラにまつわる文化が発達している。

 

マニプラの発達は、食べ物やそこから生まれる消化能力(内臓)等によって生まれている。

 

日本人は欧米人より腸が長い、とは聞いたことあるだろ。

食物繊維の多い食事が多いため、消化能力が高くするためにそうなった。

そんな物理的な身体の特徴や、さらには、「食べ物」によって

取り入れる、その土地のエーテルの違いなんかも関係している。

 


そんなものが積み重なって

「民族性」が育まれ、

人種ごとの霊性やその育み方の

違いも生まれている。


そんな話から、「食べ物」って大事なんだぜ、と。

ぽまいらも、

日頃食べているものに

よって「霊性」にどんな影響があるのか。

考えてみるのも面白いかもしれねぇよ。

 

 

とくに講座の受講生は、自分で食物に沈潜して調べてみるのもいいだろうさ。

 

スピリチュアル傾向が高い人はあえて「落ちる」食べ物を

こういうスピリチュアルと食べ物の関係はヨガなんかをやっている人はわりと普通のことだろう。

真面目にやっていると、食べ物への指導なんかもちゃんとあったりする。

一方で、シュタイナーのいうことだが、カンタンに趣旨を言うと、ベジタリアンでスピ傾向が強い人は、牛乳もたまには飲んでおけ、と。

動物性の食品は、唯物傾向を高める。

 

つまり地に足がつきやすいんだ。

スピ傾向ばかり強くなっていくと、ふわついてくる。

脳みそお花畑へと向かっていく。スピまっしぐらだ。

 

まぁルシファーパトスが強いなんて表現する。

そこに反対にアーリマンパトス、唯物論傾向を高めるものも摂って、バランスを整えろ、と。

 

そういうことも必要なのだ。キリストとは中庸も意味している。

まあ何事もバランスぜよ。

 

結論としてはな

 

しかしな、師匠ダンブルドアよ。

生姜焼きをもっさり食べながら

言っても説得力ねぇんだよwww


ま。そんな話さ。

 

編集後記



思わずふと思い出した、ダンブルドアとのワンシーン。

ネタにしてみた。

あの頃は若かった・・・。(遠い目

 

 

「人生が変わる」「魂が変わる」8本のメールレッスン
~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」
と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の活力を高め、

人生を切り開く力がパワフルに高まる
メールをお届けします。

このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、オトナたちのために書かれています。


今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!

【コンテンツ一覧】
1. 人生は「そもそも論」で考えろ!
2. 欲求の階層を把握しろ!
3. 意識にコスモス(秩序)をもたらせ!
4. スピリチュアル・リンケージを生み出せ!
5. 1009回目のプロポーズ
6. 視覚化が未来を拓く
7. 自分の真の敵を知れ
8. もう一度、あなたが立つための力


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という概念を知り、身に着けてください。

☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter