スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

目はふさぎ、耳は閉じられてもなお、「世界は美しい」と言える。それが魂の力だ。

今日も「在る」ことの意味を問い続ける探求者な皆さまこんばんは。

夜の世界を散歩する男、オレさまです。

「夜の月は、おめぇの瞳に浮かぶときが、もっとも美しいんだぜ」

なんてセリフを平気で言い放ち気味ですが、だいじょうぶ、

インフルにはまだかかってません。(藁



さて。こうした神秘学的な学びをしていると、まま言われることがある。

たとえ霊的な世界を信じていたり感じていたりしても、「ぶっちゃけ見えないんで、よくわかんねぇし、学ぶことに意味あるのかね」と。


まぁ、当然、思うことだろうし、何度も似たようなことは言われた。

とくにこのテの思いはぜんぜん興味ないヤシらよりも、信じたい気持ちはある、でも見えないから意義が見出せない、という心情のヤシに多いようだ。



まぁ、そうなら無理しないでいれば?と思わないでもないが、歩き続ける魂のともし火を遺したのも、ルドルフ・シュタイナーなど、過去の偉大な神秘家たちだ。

上記のようなコメントをもらったこともあるので、シュタイナーの言葉をもって返答としよう。



シュタイナー自身が似たような問いを受けたとき、下記のように答えた。少し、長くなる。



「……わたしはヘレン・ケラーの美しい言葉で答えたいと思う。彼女は二歳のとき盲唖になった。

七歳のとき、彼女は一種の動物のようであった。

そして、彼女は愛情に満ちた才能のある教師、アン・マンスフィールド・サリヴァンに巡りあった。


そして今日(1906年)、26歳になったヘレン・ケラーは、アメリカで最も学識ある人物の一人になっている。


彼女は学問に精通し、驚くほど博識である。古典文学、近代文学だけでなく、プラトンやスピノザなどの哲学者についても、彼女はくわしく研究している。

いまでも、光と音の世界は、彼女には閉ざされているのだが、感動的な生きる勇気を持ち、世界の美と崇高さに対して心から喜びを持っている。


その著『楽観主義』の中で、彼女は次のように書いている。

「何年もの間、夜と闇が私を取り巻いていた。それから、わたしは教えられ、夜と闇のかわりに、平和と希望があらわれた」。

ほかのところには、「わたしは思考と感情を通して天国を得た」と、書かれている。


彼女に与えられたのは、視覚でも聴覚でもない。感覚界は彼女に閉ざされたままである。

彼女はほかの人から教えられたことによって、感覚界に達したのである。

偉大な天才たちの崇高な思考が彼女の中に流れ込み、学問を通して、彼女はわたしたちが知っている世界に関与するようになったのである。


ほかの人から高次の世界のことを聞き、自分では高次の世界を見ることができない人も、このような状態にある。このような比較は、高次の世界からの伝達の重要性を教える。」
(20p~21p,ルドルフ・シュタイナー『神智学の門前にて』:下線部強調はオレ)



目も見えず、耳も聞こえない。



そのようなヘレン・ケラーにとってこの物質世界は、ちょうど多くの人にとっての高次世界と同じように「見えず、聞こえない」世界だった。



だが、ヘレン・ケラーは自らの思考に注ぎこまれた偉大な「先人たちの思考」によって世界を認識した。それだけに留まらなかった。さらに<世界は美しい>と感じ取り、その魂は歓びに打ち震えることさえできた。



五感が揃っていながら、世界が美しいと感じれないほど魂が弱ったヤシもいるというのに、なんという違いだろうか。



つまるところ、ヘレン・ケラーが示したのは、今は見えないと感じている上位世界も「思考」という魂の力で共感し、認識することができるということだ。



彼女と同じように、多くの人々は、霊的な、高次の世界を見ること・聞くことができないだろ?



だが、学ぶことを通して世界を見た彼女は、「世界は美しい」と感じて魂をふるわせ、生きることを肯定する力を魂の内から沸き立たせたんだ。



同じように、今は盲目であっても、先人の遺した高き世界を示す叡智を魂のうちでふるわせるとき、やはり同じようにオレさまたちも、さらなる世界とその美しさを認識しうる。

それは、ヘレン・ケラーに生きる力を与えたように、オレさまたちの心魂にも、人生を、そして宇宙を肯定する無限の力を沸き立たせてくれるのだ。



それだけでも、途方も無い価値があることだと、オレさまは思ってるぜ。



ま。そんな話だ。

人生を変える8本のメールレッスン

昨今、告知を忘れていた無料メール講座。

「復活の呪文」

★★★★★★★★★★★★★★
プロのヒーラーが学びに訪れる
スピリチュアルの専門家が
書き上げました!
 
1055人が読むだけで元気になり、
 
「人生を諦めない!」
 
と気力が爆発した8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/


より詳細な説明はコチラから

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/06/07)
    おっと、コメントに気づかず承認が遅れて失礼! お、うちの会社も本体事業はソーシャルビジネスなんで、 そういうのに興味もってくれるのもうれしいね!
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar ポチ さんより(21/06/02)
    たびたびすみません。 投資家より、事業オーナーを目指すなら、宗教・精神世界に生きる人達にピッタリなアクティビストの書籍があるので紹介させてください。 7つの習慣は個人主義ではなく人格主義なあるべき論ですが、あるべき論を超えて「事業オーナー」のソーシャルビジネスノウハウ書籍です。 素敵な書籍をご紹介頂いたので、なうな書籍をご紹介返しさせてください。 (有名な方なのでご存知かもしれませんが。。。) https://www.amazon.co.jp/dp/456984913X この会社のシステムを見れば意思が垣間見れるかもしれません。 こちらをご覧ください。 https://www.borderless-japan.com/whoweare/ 経済に友愛を、お邪魔しました。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar ポチ さんより(21/05/27)
    「教える」は重要ですが、力はムーブメントで時代精神なので、感じる人が率先して証明するのが理想だと思います。 ファシリートは誘導の力で必要ですが、思い切りは結局は意志の力なので「覚悟を決めろ」に尽きるとやり取りで学びました。 頑張ります。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/05/11)
    生物多様性と霊性多様性はわりと同じ意味ってことで(笑) なんてやり取りを見ていた人から 神秘学選書講座に「七つの習慣」はどうかという声が(笑) あれをファシリテートするのは難しいねぇ。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter