“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

魂の神秘学■ 『正しい思考とは?』質問に答えてその2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Vol.83 『正しい思考とは?』質問に答えてその2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「いぇーい。

 夏樹です。

 ボクはキメ顔でそう言った。」



・・・・。



すみません、

まだ西尾維新「物語」シリーズ熱が去ってません。

さてさて。

今回も前回と同じく、

質問の続きなんだが、

複数から来ていた質問に答えていきたい。



それは、

スピリチュアルな成長においては、

「正しい思考」(オーソロギスモス)を

身に着けていくことが重要だということを

折に触れてダスカロスはよく言うという趣旨

のことを書いた。



すると、

そもそも「正しい思考」とは何か、と。

確かに、ダスカロスらの書籍、アーティクルを

読むと、結構この正しさは、

「今更言うまでもない」的に「正しい思考」

は正しい前提(笑)で記されている。

だから、この「正しさ」の基準原則的なものが

分からないんだな。

質問者もそう感じたようだ。



そして残念ながら、

「これが原則です」といえるような便利な原則はない。

我々は、この世界において、

霊的に成長すること、そしてやがて神と一体化すること。

これだけを唯一のゲームとして行う存在だ。

人生において大切なことは、

本当はこの一つしかない。




すると、この成長のために、

肉体も、魂も浄化し、

「上」へと向かわなくてはいけない。

肉体の場合は分かりやすいよな。

表面的な汚れは風呂に入って湯で流せばいいし、

体内的には新鮮や野菜やフルーツを主体に食せばいい。


では、魂は?

逆を考えると分かりやすい。

「魂が汚れる」とはどういうことか。

それは自己中心的で自堕落な欲望・感情にまみれることだ。

つまり正しい思考とは、

この汚れ(自己中で自堕落な欲望・感情)を洗い流すものだ。

自分の中から湧き上がる欲望・・・たとえば、

7つの大罪だっけか。

傲慢、物欲、嫉妬、怒り、貪食、肉欲、怠惰。


まぁ人間の持つネガティブな欲望の代表だな。


こうした欲望を鎮静化させる逆ベクトル。

それが「正しい思考」だな。

アストラル体(想念・感情・欲望)ってさ、

なんとなくオーラの卵型のイメージあるだろ?

ところが、霊的に進化した人って、

アストラル体も人間型なわけ。

それは、「正しい思考」によって、

彫塑的に人型に磨かれていくわけ。

霊的に進化した人のオーラ(アストラル体)は、

だから人型をしている。



ついでに言うと、

これが本当の想念の浄化ね。

そして「正しい思考」をしているかという判断は、

自分では難しいかもしれないが、

それが上記の七つの大罪のような欲望をコントロール

しようとする理性的なものであるとか、

そうしたことが基準としては比較的わかりやすい

のではないだろうか。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さてさて。

そして最後に。

質問者はさ、

自分に自信がないし、すぐに落ち込むし、

自分がやりたいことも分からないという。

そしてどうせ死ぬのだから、

何を成し遂げても、

何の意味もない、

と虚無的にもなることがあるという。

さて。

神秘学は、

そんな迷える魂に何か対処できることがあるのか?

結論から言うと、ないよ。

ミもフタもないけどな。


甘えんな。

いいかい。

神秘学はあくまでも、

自らの意志で道を歩き、

成長したいと願う魂のものだ。

それ以前の状態のもには、

ただ霊的な事実を伝えるしかない。

ただし、

その霊的事実は、

魂を温めるものだ、とおれは言おう。



なぜ、いまおまえさんは虚無的で、

すべてを空しく感じているのだろうか。

それは、知らないからだ。

いや、忘れているからだ。


だからこそ、学ぶんだ。

プラトンは、学ぶとは思いだすことだと

言った。(想起説)



そう、魂は知っているんだ。

深いところでは、

おまえさんは魂の出自を知っている。

どこから来たのか、知っている。

すべての記憶が、

永遠の原子にはちゃんと記録されている。

その中には、

かつておまえさんが知っていた、

光喜あふれる世界の記憶も残っているんだ。



そうした世界と関わる、

霊的学問―神秘学を学ぶと、

おまえさんの中のその「記憶」が刺激される。

思い出されようとするんだ。


そのときそれは内なる闇を払い、

虚ろに凍える魂を暖める叡智の輝きを

もたらすことだろうぜ。


ま。そんな話さ。





≪メルマガ魂の神秘学は、こうした神秘学をより深く語ります≫


登録はコチラ。


ちなみに今登録された方には、
神秘学ベーシックテキスト、
もれなくプレゼントします。

※ご登録するメアドは、
ヤフーメールとGメールはできる限りさけてください。
迷惑メールボックスに入りやすいからです。
あなたに届ける有益な情報が見落とされることは
さけたく思います。

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

    • たまに あそぶ
    • 2015年 12月 30日

    なつき様 こんにちは

    内省をして、何を基準に反省するのか、考えていました。

    やはり、勉強しなきゃと、思うこのごろです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/01/28)
    ゆうゆう まーほんと。 そういうこと言うヤツぁ流行りに のっかってるだけだろ。 「占い師に過去世とか聞いてくる人たちもいて困る」 という占い師側の苦悩も言う人はいるけどw 機械のやつな。どうだろう。 いわゆる「オーラ」とされている色に、 身体のになんらかの情報を変換しているだけだろ。 そこにどんなアルゴリズムがあるか しらんけど。 信ぴょう性はないと思ってる。
    » 占いでオーラが見えるは嘘!スピリチュアルの本質を理解しよう
  • User Avatar ゆうゆう さんより(19/01/28)
    興味深く拝見いたしました(^^) 実際、まともな占い師さんで「オーラが…」なんて言いだす人はいませんね。 オーラといえばキルリアン写真を思い出しますが、あれは信ぴょう性あるのでしょうか… ゲーセンやスピサロンでオーラ写真とかオーラ判定とかやってますよね。あれもどうなんだろ? ご意見お聞かせ願います。
    » 占いでオーラが見えるは嘘!スピリチュアルの本質を理解しよう
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/01/18)
    >justice いや、別に強い表現とかとは気にしてねぇよー。 そうか、あんたの「救いたい」は 業界というよりも、 「ヒーラー」とかやっちまう病んだ連中の 心なのかもしれねぇなぁ。
    » 偽物スピリチュアルヒーラーの実態と3つの見抜き方
  • User Avatar justice さんより(19/01/18)
    すみません、誤解を与えたようです。 文面をよく見ると、表現が強かったですね、すみません(笑) ただこの問題については、意外と根が深いと思います。 ご存じだとは思いますが、スピリチュアルのお仕事している圧倒的多くは、さまざまな事情でスピリチュアルの世界に辿りつき、心の拠りどころとしてスピリチュアルを自分の居場所をとしている方が多いです。 心にいろいろ問題を抱えているのだと思います。だから、理屈に合わない行動を取り、スピリチュアルの仕事やクライアントを「モノ」として利用してしまう人が多くなったのだと思います。 偉そうに言ってすみません。文面の一部は、今日書いたわたしのブログから抜粋しています。 こんなこと書いていますが、スピリチュアルは好きです。 加藤夏樹さんのキャラも好きで、記事も楽しく読ませてもらってます。
    » 偽物スピリチュアルヒーラーの実態と3つの見抜き方

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter