スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

霊視を超える認識を目指して【スピリチュアルと傾聴】

さてさて。今回はメルマガバックナンバーの加筆修正記事。

俗にいう「霊視」という認識方法とその先についての話をおれんところの講座受講生の話を交えつつ。

ではでは、どうぞ。

 

連休が終わることにチカラいっぱい抵抗してみたい昨今、

「明けない夜はないのだ・・・」

なんて出勤日の早朝にボヤいているオレさまですが、ぽまいらはいかがワーカホリックしてますか。ホリックといえばCLAMPですね。侑子さんとワタヌキくんとの再会はあるのだろうか・・・。

 

なんて言いつつどうも現実逃避気味です。


さてさて。

 


それはそうと、視覚化(ヴイジュアライゼーション)ね。この訓練の重要性をここのところ何度も何度もしつこいくらいに言っている。

 


■対象をじっくり観察する。

■対象に沈潜する。

 

※沈潜とは対象を記憶像として心中に想起し、じっくりと観察し、自分と波長を合わせるコト。

 

もっと簡単に言うと、「ガタガタ言わずに心の中で、細部まで思い出せ!」ということ。


■集中し、ひたすら沈潜する。

 

このプロセスをすると、対象とのアチューンメントがおき、対象物のことがなんとなく分かる。知らないハズの情報まで、なんかピンとくる。そんな瞬間が来るんだ。


これは霊視訓練の第一歩だが、同時に、霊視(イマジネーション認識)の次の高次認識、霊聴あるいは霊的読解と呼ばれる霊的認識(インスピレーション認識)の萌芽となる。

 

インスピレーション認識とは何か

では、インスピレーション認識とは何か。ミヒャエル・エンデの「モモ」を読んだコトがある人は話が早い。モモは、人に耳を傾け、話を聞くだけで、人々は自分でも想像もつかなかった答えに辿りつく。ふと心に湧き上がるいや、人だけではない。

モモは批判も判断もせず、ただただ、耳を傾ける。

モモは批判も判断もせず、ただただ、耳を傾ける。

 

 

世界が、宇宙が、モモが耳を傾けると、

 

「自分の秘密を開示する」。そして秘密の詩を奏でだすのだ。

 

聖書にもあるだろ?

 


口はひとつだが、耳は二つある、と。この意味は実に深い。

 


いわばこのインスピレーション認識は、傾聴の高次版なのだ。

 

「愛と癒しのコミュニオン」著鈴木秀子さんが本の中で、シュタイナーとモモに触れながら、インスピレーション認識と傾聴の関係性について触れていたが、まったく同意だ。


「本当に人の話を聞く」

「存在(対象)に耳を傾ける」

 

魂をもって聞くとき、存在は本当の姿を開示する。

ゆえに霊的読解ともいわれる認識なのだ。

 

そしてとくに自然の物(者)たちは、耳を傾けられるそのときを待っている。

 

野の草花は、本当は人に自分の力を伝えたい。役割を伝えたい。

 


宇宙の星々は、地上のいのちを反射するその意味を伝えたい。

世界は、あらゆる存在の命の歌で響きあっているのだ。

本当に聴く意志ある者が、それを聴くことができる。

 

 

視覚化の練習は、本当に色々とスピリチュアルなスキル、認識へと発展する。


その土台だ。

 


時間はかかるが、じっくり養っていこう。


ちなみに、講座では、自然物を対象に視覚化して、なんとなくわかったことをあとで調べて確認すること、とやった。

 

すると、こんな成果を出した人がいた。

 

たとえば、レモン。

持っていた知識では、ビタミンC、肌にいい、くらいだったが、沈潜していくと、目に良い効果がある気がした。

 

調べたらその通りだった。また、こんな風に詳細を送ってくれた参加者もいた。

 

 

■散歩で見かけた花を対象に沈潜した。
※後で調べて「蔓日々草」と確認

 

印象:フレンドリー、友人、親しみ
効用:すりつぶして塗ると擦り傷に効きそう。煎じて飲むと胃に良い作用がありそう。

 

■調べた結果。
名前:蔓日々草、ツルビンカ
花言葉:朋友、優しい思い出、幼馴染み

効用:傷薬(モルヒネのような役割)、腸出血などの止血に薬用にする。
   毒性があって催吐薬に用いる。

効用についてはまあまあだが、面白いのは、「花言葉」の意味がほとんど正解という。(笑)

 


もしかしたら、花ことばというのも、感受性の高い人が、花の印象(霊的意味)を読み取ってつけていったものもあるのかもしれないな。

 

と思ってふと調べたら、元はギリシャ・ローマの神話からだそうだが、近年のものも、国々で意味等が違えども、「象徴言語」的に広まっていったそうだ。まさに、インスピレーション認識の

産物なのかもしれないな。

 


そんなワケで、霊視・霊聴を発達させることで、この世界、宇宙の言葉、詩、メッセージ、叡智、そして「存在」の謎をひもといていく。それが真理を探究する者って話さ。

 


ま。そんな話だ。

 

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで読者の魂の力を賦活する
8本のメールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージという
概念を知り、身に着けてください。

それが、キモだぜ!
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter