スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

カルマ雑感1

はい、どーも。オレさまです。今回は、神秘学においてもっともナゾの領域とされている「カルマ」や「輪廻」について少し考えてみよう。



カルマという言葉を使うと、まぁ何かと仏教でいう「業」のほんとの意味は・・・ウンヌンカンヌンという手合いも多いな。そもそも仏教で認識しているカルマの法則がどこまで正しい解釈なんだよ、とツッコミたくもなるが、ややこしくなるので、ここでは「原因と結果の法則」という呼称を採用する。



この呼称のほうが誤解がなくていい。読んで字の如しだ。



良いも悪いもない。それは物理的法則のように、石を上に放り投げれば(原因)、やがては落ちてくる(結果)。そういうものだとしておこう。



そもそもなぜこうした法則があるのか。この宇宙では、根源たる【神】から放たれた光の粒子であるオレさまたち一人ひとりの魂が、やがて根源へと帰還する。



そうしたゲームしか行われてはいない、という仮定の世界観がある。そして帰還するには、根源に再び統一されるに値する進化が必要だ。



原因と結果の法則の存在意義は、魂の進化を促すことが最大の役割だ。



そして地上に存在するすべての存在が重力など物理法則から逃れられないように、原因と結果の法則から逃れられるものは存在しない。(物理的法則だって、原因と結果の法則の物質次元における顕現だ。)



困るのは、一般的な物理法則と違い、非常に観測しにくい。この法則は輪廻を越えてついて回るので、なお更、観てとることが困難だ。この法則をなぞめいたものにする大きな理由の1つだな。



さらに、仮に霊的世界観を受け入れていたり認識していたりする者であっても、あまりの理不尽な出来事に、この法則を肯定的に受け入れがたく思ってしまうこともある。



たとえば、大切な家族や友人が酔っ払い運転のクソガキによって轢かれ、命を落とした。



イカれた通り魔によって、まだ十代なのに殺されてしまった。



オレさまの身近で起きたことだが、かわいい初孫が車の後ろで遊んでいることに気づかず、轢き殺してしまった。



また長らく行方不明だったある親類が、ある大学生に車で轢かれて命を落としたことで見つかった、ということもあった。



誰からも尊敬されるような善人、誰からも愛されるような子どもであっても、理不尽極まりないアクシデントによって他界することさえある。



こうしたケースがゴロゴロしている世の中にあって、原因と結果の法則を肯定的に受け止め、それでもこの法則を定めた存在の意図を善きものとして理解することは困難かもしれねぇな。



ただ少なくとも<輪廻>を肯定できるのであれば、考えを進めることは可能だ。もし、こうした悲劇によっていのちがほんとに失われてしまうのなら、それこそ悲劇だが。



だが、少なくとも、こうしたブログを読みにきているような連中は、それぞれの信念、思想、体験等によって死後生存、つまり魂の永遠性を受け入れていることだろう。



極論してしまうと、限りない輪廻の中における「悲劇的死」の経験なんぞ、永遠の視点から見てしまえば、「たいしたことない」んだ。それぞれの「目的」のためになら、そうした状況を設定したり、原因と結果の法則によって体験したりすることは、よくある。



こうしうことを書くと、「そう思うなら、それを理不尽な事故で身内を失った者に言えるのか!」と言って思考停止する者もよくいる。



オレさまとしては、「別に言えるけど、なにか?」だが。



ただそれとこれは話が違う。大切な人を失った者が悲嘆にくれていようがいまいが、地球の重力は変わらず存在している。その「意味」を求めるか否かは、それぞれが決めることだ。求めるならば、オレさまはいくらでも語れる。意味を求めない者には、誰が何を言っても仕方がないが。



前置きがすげぇ長くなった。



人がどう思おうとも、原因と結果の法則は存在し、無慈悲なまでに(ほんとは無慈悲じゃねぇけど)それは機能している。



この前提にたって、次はより具体的なケースを考えていこうと思う。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter