“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

動物霊は憑依するという話を考えたみた。

どうも、夏樹です。

ぽまいらはいかがお過ごしでいやがりますか。

ところで、今回は少しオカルトです。過去メルマガの編集です。

ちょっと長めの記事なので、まずは軽く要旨のまとめから。

 

今回の記事の要旨

今回のお題は動物霊の憑依とかとかです。

日本には昔からこのテの話はあるワケで。

動物霊が憑依。僧侶、霊能者が霊視して、「狐が憑いた!」とか。

そしてお祓い、除霊とかとか。そういうことをする「文化」があったりした。

そんなテーマを少し語るのも、季節外れでいいかしれない。

とはいえ、神秘家としては、動物霊という古来から共有された

社会的物語の文脈に落とし込むより、

【人が生み出す想念形態としてのエレメンタルの話と絡めつつ、

展開してみたい。

基本的に筆者は、動物霊の憑依という現象を信じていないために、

今回は内容となった。

 

まずはエレメンタルの話から

さて。
オレはまず基本的に「動物霊憑依」というもを信じていない。
たいていは、「エレメンタル」(想念形態)が
観る者文化背景によって動物的に観える、
ということだとふんでいる。
たとえば、キプロス神秘家ダスカロスに言わせると、
欲望エレメンタルとかがヘビようなカタチとなって
本人に取り付いてるがせ霊視者にはみえる、という。

そしてそ霊視者育った文化背景によっては、
違うカタチにも見えるだろう、と。
講座でも少し言ったが、
思考・欲望といった「想念」は、
それ自体が四大元素力で構成されている。


そして強い想念は、
それ自体カタチとなって、
「エレメンタル」と呼ばれる想念形態となって、
独立的な活動をする。


俗にいう生霊ようなもだ。


これは良くも悪くも使用される。


中毒性欲望は、
「欲望→思考型エレメンタル」となって生み出した本人にとり憑く。
そしてそ欲望を叶えようと本人を操作する。


聖書では、
言わぬ悪霊として描かれている。


一方、正しい思考から生まれた「思考→欲望型エレメンタル」は、
たとえばヒーリングように「誰かを癒したい」
という願いを叶えるために機能する。
ゆえに神秘徒は、
意識的にこうしたエレメンタルを形成することをび、
ヒーリング等に活用する。

またこうしたエレメンタルは、
夜寝てる間に、人は生産してしまうだ。
無意識的にね。


人に言えないような歪んだ欲望も
エレメンタルとなって生産されて出ていき、
同じ波動を持つ人に憑依し、
人を通じて欲望を叶えさせようとする。


これが怖いは、単なる食欲程度ならいいが、
犯罪的欲望波動を持つエレメンタルならば、
似たような人に憑依したとき、
最後一歩を超えさせてしまうからだ。


よく言う「魔がさした」という状態を自分知らないところで、
誰かになしてしまっているかもしれない。


ゆえにこ道を歩むもは、
日頃自分が抱く欲望すらも、
「正しいもか」と常に検討する必要がある。


そして理性光を潜在意識にあてて、
クリアに浄化しなくてはならない。


誰にも言わない妄想だから、
誰にも迷惑かけていないということは、
決してないだ。


と、一通りエレメンタル予備知識を与えたところで、
オレは思う。


純粋な動物霊というもが人間に悪さをする
ということはホントにあるか?と疑問だ。


動物霊に憑依され、
それを祓う坊主。


お経を唱えると苦しむ、
憑依された人。


おいなりさんを定期的に供えて供養することで、
離れると約束する・・・。


ホントかよ!!と、
オレは思う。


まぁ上記は典型的なステレオタイプだが、
そういう「動物霊とされる設定」自体が、
人間側が思い込みで生み出した物語だ。


ホントに動物霊ならそんな設定は通じないだろ?


だからまぁエレメンタルじゃねー
とずっと思っているだが、
それでも疑問は幾つかある。

 

動物霊に憑かれた?と感じる人々

オレがネットとかで見つける、
オレと「合わない」スピ系能力者多くが、
「動物霊か?」と感じるモを憑けている。


うまく言えないが、
まぁそういうヤツは、
どうしても「ケモ臭いぜ」とオレは思う。
(そして絶対にオレとは仲良くならないwww)

繰り返すが、
オレは動物霊の憑依など信じていない。

しかし、
動物霊と感じるナニかを憑依させているヤシらは、

・ちょっとした霊能を発揮する。
・そ内容はもちろん低次元。
・簡単な透視、当ても、ペットとか通訳をする。
・やたらと神だ仏だフリをするか、
 そうした存在言葉を伝えたがる。


主にこあたりことをする。(したがる)


そして自分に憑いているが動物霊だとわかっても、
祓いたがらない。


霊能が失われるからな。


岡野玲子漫画「陰陽師」に
動物霊に憑かれる行者をボロクソに言う
ワンシーンがあったが、上記ようなカンジだ。
行者の中には、

動物霊とわかっていても、

霊能がある程度は憑くから、

そのままにしている、と。

とまぁ、そうした特徴を持っている。


なんなだろうね?


そしてまぁへんに危機意識が高いか、
自分に危機を及ぼす人間には攻撃的になり、
すぐに遠ざかる。

霊的な事柄をんでいる知人も、
一度は向こうから助けを求められたにもかかわらず、
本格的な介入前に、
音信不通となってしまったクライアントがいた、と話していたことがある。

やはり動物的な何かが憑いていたようだ。

結局、
まだこ「動物霊」と感じる存在について
正体はまだなんとも言えない。


的にいって、
「動物」には人間ような「自我」がなく、
「憑依」だ「人間を操る」などといったことは
できないはずなんだがなーと思ってはいるだが。


結構ね、
世界も慣例的に「動物霊」とか
「水子霊」とか、ふつうに使うヤシはいる。


しかし、
水子が祟るなんて元を出せば仏教カルト
近代に生み出した霊感商法のための
ホラ話みたいなもんだし、実にいい加減なもだ。

スピリチュアルだからって何でもアリ、
当たり前、と思考停止にはしないで、
きちんと検討することは大切だと思う。


それはこ領域に限らず、
日常生活、仕事、
どんなことにも当てはまるはずだ。


理性的に生きるということは、
思考停止から脱却で始まる。


ま。そんな話だ。



■編集後記

というわけで、
今回はエレメンタルと動物霊話。

動物霊に憑依されていることにも気付けない、
自称・霊的能力有りな連中には必ず避けられ、
嫌われるでw、
ふとそんなことを考えていた。

ぽまいらも、
変なモン憑けないようになw

 

追伸としてのお知らせ

 

本質的なスピリチュアルを学ぶ講座in横浜

上記の講座を実施してします。

次回は、2月14日土曜日。

この回からの参加ももちろんオッケーです。

詳細は、

こちらの記事からどうぞ。

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter