“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

本質的なスピリチュアルを学ぶ講座in横浜

2015年2月14日(土)

神秘学講座ベーシックVol.3を開催します。

 

内容

今回の内容は、
神秘学の基礎的内容でありつつ、
Vol.3からは非常に概念的な学びの要素も
強くなってきます。


■スピリチュアルな成長の概論
■人生の「楽しさ」の二側面
■真理を学ぶということ
■エソテリック・ティーチング
■思考、観察
■原因と結果の法則
■愛、知恵、力のバランスについて
■エゴイズムのその仕組み


そして、
実践練習として、
心身の浄化のエネルギーワークを
数点練習します。

 

具体的には、
■浄化法としてスワイショウ(気功系)
■エネルギーワークとしての站粧功(たんとう功)・立禅
■気功法として八段錦

以上を練習していきます。

 

参加者の学び

参加者は、講座に参加することで、
座学を通して

 

  • 本格的なスピリチュアルな知識を学び、
  • 安全な霊性の発達について知り、
  • サポートのもとに道を歩み、
  • 少しずつ確実にスピリチュアリティを高めていきます。

さらに、併せて学ぶ実践的なプラクティスによって

 

  • 安全で確実なエネルギーワークを体得し、
  • 本当のヒーリングを身に着けていき、
  • 少しずつサイキックな能力を高め、
  • 高次世界との健全な関係を築くことになります。

これらは、
長い道のりかもしれません。

今、流行しているスピリチュアルなサービスや講座では、
上記のような結果をごく短期間で提供することを掲げる
ものが多くあります。


神秘家としての加藤夏樹は、
残念ながら、
そのような約束はできません。


スピリチュアルな学びは、
一歩ずつ確実に、
そしてゆっくり進むことが肝要だと思います。


なぜなら、
知識の獲得や能力の開発よりも、
「エゴイズム」を減らしていくことは、
本当に時間がかかり、
慎重に進める必要があるからです。


文字にすると簡単ですが、
そこには本当に深い意味があります。


真摯に、
この道に向き合おうという方の
参加を待っています。

と、
硬く書いたけど、
まぁ気楽に。


楽しく学んでいこうぜ。(笑)

 

申し込みと講座概要は、コチラ。

 

注)本講座は月1回開催の通年の講座ですが、

いつから参加してもOKです。

受け付けます。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter