スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

本質的なスピリチュアルを学ぶ講座in横浜

2015年2月14日(土)

神秘学講座ベーシックVol.3を開催します。

 

内容

今回の内容は、
神秘学の基礎的内容でありつつ、
Vol.3からは非常に概念的な学びの要素も
強くなってきます。


■スピリチュアルな成長の概論
■人生の「楽しさ」の二側面
■真理を学ぶということ
■エソテリック・ティーチング
■思考、観察
■原因と結果の法則
■愛、知恵、力のバランスについて
■エゴイズムのその仕組み


そして、
実践練習として、
心身の浄化のエネルギーワークを
数点練習します。

 

具体的には、
■浄化法としてスワイショウ(気功系)
■エネルギーワークとしての站粧功(たんとう功)・立禅
■気功法として八段錦

以上を練習していきます。

 

参加者の学び

参加者は、講座に参加することで、
座学を通して

 

  • 本格的なスピリチュアルな知識を学び、
  • 安全な霊性の発達について知り、
  • サポートのもとに道を歩み、
  • 少しずつ確実にスピリチュアリティを高めていきます。

さらに、併せて学ぶ実践的なプラクティスによって

 

  • 安全で確実なエネルギーワークを体得し、
  • 本当のヒーリングを身に着けていき、
  • 少しずつサイキックな能力を高め、
  • 高次世界との健全な関係を築くことになります。

これらは、
長い道のりかもしれません。

今、流行しているスピリチュアルなサービスや講座では、
上記のような結果をごく短期間で提供することを掲げる
ものが多くあります。


神秘家としての加藤夏樹は、
残念ながら、
そのような約束はできません。


スピリチュアルな学びは、
一歩ずつ確実に、
そしてゆっくり進むことが肝要だと思います。


なぜなら、
知識の獲得や能力の開発よりも、
「エゴイズム」を減らしていくことは、
本当に時間がかかり、
慎重に進める必要があるからです。


文字にすると簡単ですが、
そこには本当に深い意味があります。


真摯に、
この道に向き合おうという方の
参加を待っています。

と、
硬く書いたけど、
まぁ気楽に。


楽しく学んでいこうぜ。(笑)

 

申し込みと講座概要は、コチラ。

 

注)本講座は月1回開催の通年の講座ですが、

いつから参加してもOKです。

受け付けます。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter