“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

メルマガ【魂の神秘学】VOL.8「内観/内省とエーテル・バイタリティー」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■VOL.8「今号のコンテンツ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・内観/内省とエーテル・バイタリティー
・エーテルの基礎的プラクティス1
・編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■内観/内省とエーテル・バイタリティー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて。
今号から、またプラクティスの話をしていこう。
後述するが、
エーテルを手の中でコントロールするテクニックだ。


練習するさいは、自分の肉体(手の中)を強力にイメージして、
実際に手の中を流れるエーテルをインナー・サイト
(内なる眼差し)で見つめ、
その流れや温かさを感じることが大切だ。


そして、こうした肉体(とエーテル)の
微細な動きを把握するだけでなく、
思考や感情を見つめるといった作業においても、
そもそもそれ自体がエーテルによって可能になるんだ。


まず、この点について触れていこう。


エーテルとは、
オレさまたち東洋人には「気」の名称と概念で親しまれているよな。


これは、身体だけでなく、
精神(記憶、イメージ、集中etc)の作業においてもガソリン的役割を果たす。


精神―つまり魂の作業は、
このエーテル・バイタリティーを媒介にして動き出し(エーテル体の動き)、
肉体(脳)へと落とし込まれる。


つまり、魂と肉体の媒介者としての機能があるんだ。


(余談だが、死とは肉体がエーテル体をつなぎとめるこ機能を失うことと定義できる。)


早い話、エーテルバイタリティが十分でないと、
文字通り「気力がない」状態になるわけ。


それはつまり、そもそもエーテルを扱うプラクティスに取り組む以前。


だから欝とか精神的疾患を抱えている人が、
この道に入ることを戒められるのは、
そもそも体力がないのにマラソンをやろうとするようなものだからだ。


出直してこい。(笑 となる。


・・・なのに、
ヘンなメンヘラーさんがヒーラーとかやりたがるけど。。。



まぁいいや。


このように、エーテルは、
精神の働きそのものを支えているわけだ。


だから、エーテルのプラクティスを行って、
エーテルというものを実地で理解を深めることは、
神秘学の基礎を実体験することでもある。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「精神の働き」それ自体を自らの意志でコントロールすることへと
直結する行為だからな。


だからこそ、
知的・理性的な学習とプラクティスが両輪であるというのは、
こういうことなわけだ。


教科書を広げているだけでは精神(魂)の変容は進まないし、
意味も分からずプラクティスばかりしてもしょうがない。


時間の無駄だな。


とりあえずこの場では、
エーテルはそれ自体が精神の働き(機能)
に直結するものであるということと、
プラクティスはそれを実地で体験するものであるということを
理解しておこう。


これは、内省でもそうなんだ。


内省は、自分の記憶(エーテル体への刻印)を紐解き、
自らに刻まれたカルマ(行為)を観察し、
その意味を理解していく作業だ。


自らのエーテル体を見つめ、
一点一点に意識をあわせていく。
(エーテルバイタリティによって焦点の固定化は支えられる)


真剣に集中すると、
自己の思考や感情の観察や考察って疲れるだろ?


それほど、精神(魂)に一定の働きをさせるのは、
エーテルを消費するってこと。


基本的に健康じゃないとできんよ。(笑


もう一つ、内観。


武道家を例に取ろう。
彼らは、ある意味エーテルコントロールの達人だ。


彼らこそ身体知の積み上げでそうした
高みへと至ったいい例なんだ。


たとえば、彼らは自分の身体を内観する。
右腕を極限までリラックスしようとする。
ひたすら練磨されると、その意識は、
筋肉繊維一本一本まで目が届くようになる。


筋繊維一本一本までエーテルがふんだんに届き、
意識されたことを実行しようと、肉体へと働きかける。
その様も、充実したエーテルによってインナーサイトで次第に視えるようになる。

もう、本当に、彼らは体内が見え出すんだ。
霊視の領域だよ、実際。
(※すぐれた武道家は時折、霊視能力を発揮するものもいた。
合気道家の植柴盛平氏とか。)


東洋で優れた武道家が半ば宗教家になっていくのも、
まぁある意味必然かもしれないな。


っと、余談がすぎたな。(笑




・・・・つづきは、コチラ。









↓【Facebookページ】「いいね!」をクリックして、各コンテンツ記事をどうぞ。↓






関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter