“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

メルマガ【魂の神秘学】VOL.8「内観/内省とエーテル・バイタリティー」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■VOL.8「今号のコンテンツ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・内観/内省とエーテル・バイタリティー

・エーテルの基礎的プラクティス1

・編集後記



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■内観/内省とエーテル・バイタリティー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて。

今号から、またプラクティスの話をしていこう。

後述するが、

エーテルを手の中でコントロールするテクニックだ。





練習するさいは、自分の肉体(手の中)を強力にイメージして、

実際に手の中を流れるエーテルをインナー・サイト

(内なる眼差し)で見つめ、

その流れや温かさを感じることが大切だ。





そして、こうした肉体(とエーテル)の

微細な動きを把握するだけでなく、

思考や感情を見つめるといった作業においても、

そもそもそれ自体がエーテルによって可能になるんだ。





まず、この点について触れていこう。





エーテルとは、

オレさまたち東洋人には「気」の名称と概念で親しまれているよな。





これは、身体だけでなく、

精神(記憶、イメージ、集中etc)の作業においてもガソリン的役割を果たす。





精神―つまり魂の作業は、

このエーテル・バイタリティーを媒介にして動き出し(エーテル体の動き)、

肉体(脳)へと落とし込まれる。





つまり、魂と肉体の媒介者としての機能があるんだ。





(余談だが、死とは肉体がエーテル体をつなぎとめるこ機能を失うことと定義できる。)





早い話、エーテルバイタリティが十分でないと、

文字通り「気力がない」状態になるわけ。





それはつまり、そもそもエーテルを扱うプラクティスに取り組む以前。





だから欝とか精神的疾患を抱えている人が、

この道に入ることを戒められるのは、

そもそも体力がないのにマラソンをやろうとするようなものだからだ。





出直してこい。(笑 となる。





・・・なのに、

ヘンなメンヘラーさんがヒーラーとかやりたがるけど。。。







まぁいいや。





このように、エーテルは、

精神の働きそのものを支えているわけだ。





だから、エーテルのプラクティスを行って、

エーテルというものを実地で理解を深めることは、

神秘学の基礎を実体験することでもある。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



「精神の働き」それ自体を自らの意志でコントロールすることへと

直結する行為だからな。





だからこそ、

知的・理性的な学習とプラクティスが両輪であるというのは、

こういうことなわけだ。





教科書を広げているだけでは精神(魂)の変容は進まないし、

意味も分からずプラクティスばかりしてもしょうがない。





時間の無駄だな。





とりあえずこの場では、

エーテルはそれ自体が精神の働き(機能)

に直結するものであるということと、

プラクティスはそれを実地で体験するものであるということを

理解しておこう。





これは、内省でもそうなんだ。





内省は、自分の記憶(エーテル体への刻印)を紐解き、

自らに刻まれたカルマ(行為)を観察し、

その意味を理解していく作業だ。





自らのエーテル体を見つめ、

一点一点に意識をあわせていく。

(エーテルバイタリティによって焦点の固定化は支えられる)





真剣に集中すると、

自己の思考や感情の観察や考察って疲れるだろ?





それほど、精神(魂)に一定の働きをさせるのは、

エーテルを消費するってこと。





基本的に健康じゃないとできんよ。(笑





もう一つ、内観。





武道家を例に取ろう。

彼らは、ある意味エーテルコントロールの達人だ。





彼らこそ身体知の積み上げでそうした

高みへと至ったいい例なんだ。





たとえば、彼らは自分の身体を内観する。

右腕を極限までリラックスしようとする。

ひたすら練磨されると、その意識は、

筋肉繊維一本一本まで目が届くようになる。





筋繊維一本一本までエーテルがふんだんに届き、

意識されたことを実行しようと、肉体へと働きかける。

その様も、充実したエーテルによってインナーサイトで次第に視えるようになる。



もう、本当に、彼らは体内が見え出すんだ。

霊視の領域だよ、実際。

(※すぐれた武道家は時折、霊視能力を発揮するものもいた。

合気道家の植柴盛平氏とか。)





東洋で優れた武道家が半ば宗教家になっていくのも、

まぁある意味必然かもしれないな。





っと、余談がすぎたな。(笑









・・・・つづきは、コチラ。


















↓【Facebookページ】「いいね!」をクリックして、各コンテンツ記事をどうぞ。↓













関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter