“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

メルマガ【魂の神秘学】Vol4.「潜在意識という畑を耕せ!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■VOL.4「今号のコンテンツ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・潜在意識という畑を耕せ!
・編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■タイトル 理性で、潜在意識という畑を耕せ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
はい、どーも。オレさまです。
今週も元気に、
学びを進めるとしようぜ。


前回は、内省によって記憶を観察し、
胎児のころの記憶まで取り戻した男の話をしたな。


そのことによって、
彼は原因不明だった父への憎しみの原因を理解し、
劇的な和解へと至った。


そんなわけで今回の話だが、
結論から言うと「潜在意識」とは、
理性の光で浄化しなくてはならない意識世界なのだ、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということ。


ちょっと今回は概念的な話で小難しいが、
がまんしてくれ。(笑


で、潜在意識は、願望をとにかく刷り込んでおけば、
自然に叶えてくれるといったパワーマシンではない。
(苦笑


そもそも潜在意識とは、通常状態の意識(顕在意識)
で認識できない深層意識の領域だよな。


呼び名はともかくとして、
どうやら人には、「意識していない(できない)意識の
領域がある」ということは、古くから想定されてきた。


そしてどうやら、
この意識の深いところまで刷り込まれた内容は、
「人の行動を決定しているらしい」という
心理学的なことだけでなく、
人生における「願いの現実化までも左右している」、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
というところまで人は気づき始めた。


前者は、まぁ分かりやすいだろ。
たとえば広告とかで、ある製品の名称を繰り返したり、
いいイメージを付与させておけば、
いつの間にか意識下に刷り込まれ、
購買行動に影響与えるというわけだ。


しかし、周囲の環境まで含めた現実化まで起きるのは、
なぜだろうか。




・・・・つづきは、コチラ。









↓【日本神秘学徒協会のFacebookページ】「いいね!」をクリックして、各コンテンツ記事をどうぞ。↓








関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(18/01/14)
    ふらさま 気づくの遅れちゃって今頃ですけど、読んでもらえるかな?ドキドキ > 仏教関係は前世で何度もお坊さんやってるんで こういうのこういうの! デンパ話は、今度、オレさまとお話しする機会がありましたら、隅っこでこっそり聴き耳を立てております(笑)お布施は般若湯で。
    » 日本的霊性についての対談:鈴木大拙の言説をもとに/後編
  • User Avatar なが さんより(18/01/14)
    ふんとだ! なんだっけ?お供えは般若湯(笑) なんかやばいこと書いてたっけか? また書いとくo(^▽^)o わざわざありがとう〜!
    » 日本的霊性についての対談:鈴木大拙の言説をもとに/後編
  • User Avatar なが さんより(18/01/14)
    こういう記事を待っていましたよ!センセー!!(笑) 私も頭デッカチな人間なもので、すぐ気が上っちゃう。 幸か不幸か気が上がりすぎると具合悪くなるし、元々ぐうたらなので、そんなに辛い思いをした事はないですが。 (私の今生はきっとこのレベルでいいの(笑)) シェアさせてね〜!
    » 【実録!】グラウンディング無きスピリチュアルがヤバいワケ【後編】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/01/03)
    あれ、ながのコメントがひとつ反映されてねぇな。おれの方では間違って削除した記録とかはないのだが。ながの方で消していたら問題はないけど。
    » 日本的霊性についての対談:鈴木大拙の言説をもとに/後編

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter