“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

メルマガ【魂の神秘学】Vol4.「潜在意識という畑を耕せ!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■VOL.4「今号のコンテンツ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・潜在意識という畑を耕せ!
・編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■タイトル 理性で、潜在意識という畑を耕せ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
はい、どーも。オレさまです。
今週も元気に、
学びを進めるとしようぜ。


前回は、内省によって記憶を観察し、
胎児のころの記憶まで取り戻した男の話をしたな。


そのことによって、
彼は原因不明だった父への憎しみの原因を理解し、
劇的な和解へと至った。


そんなわけで今回の話だが、
結論から言うと「潜在意識」とは、
理性の光で浄化しなくてはならない意識世界なのだ、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということ。


ちょっと今回は概念的な話で小難しいが、
がまんしてくれ。(笑


で、潜在意識は、願望をとにかく刷り込んでおけば、
自然に叶えてくれるといったパワーマシンではない。
(苦笑


そもそも潜在意識とは、通常状態の意識(顕在意識)
で認識できない深層意識の領域だよな。


呼び名はともかくとして、
どうやら人には、「意識していない(できない)意識の
領域がある」ということは、古くから想定されてきた。


そしてどうやら、
この意識の深いところまで刷り込まれた内容は、
「人の行動を決定しているらしい」という
心理学的なことだけでなく、
人生における「願いの現実化までも左右している」、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
というところまで人は気づき始めた。


前者は、まぁ分かりやすいだろ。
たとえば広告とかで、ある製品の名称を繰り返したり、
いいイメージを付与させておけば、
いつの間にか意識下に刷り込まれ、
購買行動に影響与えるというわけだ。


しかし、周囲の環境まで含めた現実化まで起きるのは、
なぜだろうか。




・・・・つづきは、コチラ。









↓【Facebookページ】「いいね!」をクリックして、各コンテンツ記事をどうぞ。↓






関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter