“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

メルマガ【魂の神秘学】Vol3.「内省」で訪れた、生まれ変わった瞬間。

メルマガ更新ー。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■VOL.3「今号のコンテンツ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・「内省」で訪れた、生まれ変わった瞬間。
・編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■タイトル 「内省」で訪れた、生まれ変わった瞬間。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
はい、どーも。オレさまです。
今週も元気に、
学びを進めるとしようぜ。


さて。
前回は、内省の究極の目的は、神人合一って話だった。
で、実践の基礎も書いた。
少しは、やってみたかい?


きっと、寝てしまった人も多いんじゃねぇかな。
でも、続けて欲しいと思う。


エゴイズムは、この道を歩く上で天敵だからな。
善人で、美しいフリをしてやってくるからな……。


さて。
今回は、神人合一なんて究極の話じゃなく、
内省によって訪れた、
「生まれ変わった瞬間」について話したい。


個人的で具体的な話なので、
ある程度、個人情報にフェイクをいれるが、
ストーリー自体は実話だ。


さて。
話は、ある30代の米国人の話だ。


別にオレさまが指導したわけじゃないが、
こんなことがあったんだ。


その米国人男性は、
日本文化が好きだった。
漫画アニメに始まり、村上春樹や純文学。
果ては仏教、禅の世界。

留学に日本に来たのだが、
仏教や文学を学ぶためだったようだ。


自分で留学費用も用意した、
かなりのがんばり屋のようだな。


しかし、彼は親、とくに父親との問題を抱えていた。
それというのも、彼は、幼い頃から、
ずっと父親に対して、
隔意というか敵意を持っていたんだ。


理由は、
分からなかった。


少年時代、グレることはなかったものの、
父親とはとことんディスコミュニケーション。


日本出立の日も、そして留学を終えて、
そのまま日本で高校の英語教師になって働き始めてもなお、
彼は父親とは連絡を取らなかった。


母や弟たちも、
もう長男である彼に、
父親との和解を口にすることもなくなっていてた。


自分でも、
不思議なほどの父親への敵意、憎しみだった。
別に、虐待などは、とくになかったにもかかわらずだ。


客観的に考えれば、父親は別に悪い人間ではない。
仕事にもまじめだし、両親の夫婦仲自体は問題ない。
他の兄弟にとっては、普通の良き父親のようだ。
頭ではわかる。


本当のところは、
具体的に憎む理由がないのだ。


なのに、なぜ自分は……。


日本で働き始めて数年。
日本人の愛する女性ができて、
結婚も視野にはいったとき、
いよいよ彼も、問題の根っこは自分にあると認め、
向き合う決意をした。


禅に知的に精通していたこともあり、
自分の心を徹底的に見つめなおし、
心のうちに原因を探ることにしたんだ。


もちろん、
内省に関してのちゃんとした指導者はいたよ。
オレさまの知人で、その彼から話を聞いたわけで。


そして彼は持ち前の集中力と根気で、
徹底的に自分と向き合った。


彼が取り組んだのは、
時を少しずつ遡り、
自分と家族との記憶を探索することだった。


毎日、毎日、何度も向き合った。
その結果、彼はどんどん幼い頃まで、
記憶をさかのぼり、観察できるようになったんだ。


その結果、何が起きたのか。




・・・・つづきは、コチラ。









↓【Facebookページ】「いいね!」をクリックして、各コンテンツ記事をどうぞ。↓








関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(18/03/06)
    認める迄が ↓ココ ー\/ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーー ーーーーーーー (魂?) なイメージかな? こんな真っ直ぐじゃないけれど。 今の実感としては、入口さえ間違っていたから明後日の方向に行ってるのさえ気付かなかったのが、(自分に至る)入口をやっと見つけた、しかもめっちゃ目の前にあった!っていう迄が長かったから、分析・解体が遅々として進まなくても、「あ、今なんか違っているかもしれない」って気がするだけで、自分にとってすごく進歩しているように思えるの。 で、一回「よっし!これだ!答え(分析結果)出た!」って思っても、 次の時に同じ答え(分析結果)がどうもしっくりこなくて、 「あれ?一回めのはなんだったん?」て戻ってみたら、更に隠れていた答えが見つかって… の繰り返しかな?と(今のところ)思っていて、 正直、自分は内省をしている感ほぼ無いし(←ここにも思い込みがありそう)、 理性ってなんなん?って思うけど(理性が分かっていないことが分かったw)、 これは続けていくしかないな(多分そうせずにおれない)という気がしている。 そんなだから、ダスカロスのチェック事項、まじ多過ぎる。 とっても手がまわんない。 ただ、それだけあるって知っておくと、 光の当てる角度が変えられるっていうのはあるのかな? 何度も云うけど、今の私の雑感だから、後々、 「うわ!全く違ったわ!」となるかもしれん。 それでも北極星が見えているだけで全然気持ち的に楽なんだな。 自分を責めるのって、 自分がすごく正しいことをしているような気がしてしまうんだよね。 それでなかなか止められないのかも。
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/03/06)
    責めたらあかんな。(笑) >内省って自分のエゴイズムを認めるまでがごっつ苦しくて、 >そこを突破したら内省ってこういうことか〜って分かるのかなと。 意外とそうでもない。(笑) 認めても分析がすすまないと、なんとも、、、だね。 アレやらコレやらが「エゴイズムだったな」と 気づいたら、その根っこをさらに分析していき、、、と。 理性でどんどこ解体していくんだな。 その過程でさらに分析対象が増えてリストアップされていく。(笑) 単純に「難問」の回答に四苦八苦する受験生のように、 エゴイズムを理性で解体(分析)していくプロセスがまってるぜぃ。 なかなか満足がいく答えにたどり着けないしねぇ。
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar なが さんより(18/03/06)
    わはw 私、内省の仕方?手法?めちゃくちゃ間違ってたことに気付いたw 自分にダメ出しばかりし過ぎて、ちょっとMっぽくなってたw 今現在の認識だけど、 内省って自分のエゴイズムを認めるまでがごっつ苦しくて、 そこを突破したら内省ってこういうことか〜って分かるのかなと。 スピリチュアルを学んでいるという優越感もあって、 自分はちゃんとやってると思い込んでいたから、間違いに中々気付かなかったのかもな。 ちょっとスピリチュアルから離れて、 要するに外から知識を仕入れることを止めて、 そもそもの自分の感情とか考えの癖とかをどんなにグダグダで利己的であろうと、 これが自分の中にあるものだ と認めて見ぬふりとか押さえつけるのとかを止め始めたら、 今まで教わったことが分かるようになってきた気がする。 まだ、ダスカロスの内省する時の言葉の通りにはいかないけどw
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/01/20)
    ははは。(笑)まぁ不吉なほどの難問来たら食らっておきなよw そーなんだねー。httpsも済んでるし。理由がわかんなくてさー。Twitterに問い合わせてもレス寄越さないし。 やれやれだよ。
    » 【実録!】グラウンディング無きスピリチュアルがヤバいワケ【後編】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter