“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

メルマガ【魂の神秘学】Vol3.「内省」で訪れた、生まれ変わった瞬間。

メルマガ更新ー。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■VOL.3「今号のコンテンツ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・「内省」で訪れた、生まれ変わった瞬間。
・編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■タイトル 「内省」で訪れた、生まれ変わった瞬間。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
はい、どーも。オレさまです。
今週も元気に、
学びを進めるとしようぜ。


さて。
前回は、内省の究極の目的は、神人合一って話だった。
で、実践の基礎も書いた。
少しは、やってみたかい?


きっと、寝てしまった人も多いんじゃねぇかな。
でも、続けて欲しいと思う。


エゴイズムは、この道を歩く上で天敵だからな。
善人で、美しいフリをしてやってくるからな……。


さて。
今回は、神人合一なんて究極の話じゃなく、
内省によって訪れた、
「生まれ変わった瞬間」について話したい。


個人的で具体的な話なので、
ある程度、個人情報にフェイクをいれるが、
ストーリー自体は実話だ。


さて。
話は、ある30代の米国人の話だ。


別にオレさまが指導したわけじゃないが、
こんなことがあったんだ。


その米国人男性は、
日本文化が好きだった。
漫画アニメに始まり、村上春樹や純文学。
果ては仏教、禅の世界。

留学に日本に来たのだが、
仏教や文学を学ぶためだったようだ。


自分で留学費用も用意した、
かなりのがんばり屋のようだな。


しかし、彼は親、とくに父親との問題を抱えていた。
それというのも、彼は、幼い頃から、
ずっと父親に対して、
隔意というか敵意を持っていたんだ。


理由は、
分からなかった。


少年時代、グレることはなかったものの、
父親とはとことんディスコミュニケーション。


日本出立の日も、そして留学を終えて、
そのまま日本で高校の英語教師になって働き始めてもなお、
彼は父親とは連絡を取らなかった。


母や弟たちも、
もう長男である彼に、
父親との和解を口にすることもなくなっていてた。


自分でも、
不思議なほどの父親への敵意、憎しみだった。
別に、虐待などは、とくになかったにもかかわらずだ。


客観的に考えれば、父親は別に悪い人間ではない。
仕事にもまじめだし、両親の夫婦仲自体は問題ない。
他の兄弟にとっては、普通の良き父親のようだ。
頭ではわかる。


本当のところは、
具体的に憎む理由がないのだ。


なのに、なぜ自分は……。


日本で働き始めて数年。
日本人の愛する女性ができて、
結婚も視野にはいったとき、
いよいよ彼も、問題の根っこは自分にあると認め、
向き合う決意をした。


禅に知的に精通していたこともあり、
自分の心を徹底的に見つめなおし、
心のうちに原因を探ることにしたんだ。


もちろん、
内省に関してのちゃんとした指導者はいたよ。
オレさまの知人で、その彼から話を聞いたわけで。


そして彼は持ち前の集中力と根気で、
徹底的に自分と向き合った。


彼が取り組んだのは、
時を少しずつ遡り、
自分と家族との記憶を探索することだった。


毎日、毎日、何度も向き合った。
その結果、彼はどんどん幼い頃まで、
記憶をさかのぼり、観察できるようになったんだ。


その結果、何が起きたのか。




・・・・つづきは、コチラ。









↓【Facebookページ】「いいね!」をクリックして、各コンテンツ記事をどうぞ。↓








関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter