“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

ハゲシクわらた。wwww

最近、くっそアヤシイ予言ブログとやらが、ネットでウワサになったようですなぁなんてぽよぽよしているオレさまです。



ママゴンだかなんだかの。



オレさまも人に教えられてみてみたが、まぁ、文を読む前に「アウト!」というのが分かってしまうほどわかりやすいところだったので、幾人かには「アウトじゃんw ビタイチ信じるに値しねぇよ」と伝えて藁っていた。



まぁ非常に分かりやすい好例とさえ言えたな。したらまぁ、最後はどういう風かしらんが、とにもかくも、閉鎖でトンズラぶっこいたようだな。



で、したらどこぞのスピ団体の人だったというオチだったようだな。ゆくゆくは人寄せ集客ブログにでもするつもりだったのかwと下衆のかんぐりのひとつでもしたくなる。



まぁ世の中には同波長というか、同じ程度のモンの波長レベルに惹かれたり、評価したりするもんだ。



ああいうところを良いとかなんとか評価するような心根は、間違いなく、そういうところと同レベルだ。




お里が知れますな。その団体の背後のナニガシさまとナカーマ♪ってなところだろう。



波動は正直だ。



話は変わるが、もう2年かそこらは前になるだろうか。



うちのダンに「ネットとはいえ、付き合うのは選べよ」とチクリと言われたもんだ。



そんときは、「っせぇなぁ。おもしれぇと思ってるうちはいいだろ」と突っ張っていたもんだが。



が。



やっこさんが「やれやれ」というのは、ことごとく、怪しく堕ちていく。



とくに最近はどこぞがさすがに分かりやすくなってきたのか、「ちょっとオレさま、あれ、どーなんよ」というのが極端に増えたがw、まぁぽまいらの感じている通り、そういうことだ。



生暖かくしているのが無難。エラく態度と頭の悪いエラそうなのも周囲にいてw、「おかげで分かりやすい。w」という意見もあるが、まぁとやかく言うこっちゃないわな。



むしろ、同情してあげろ、と言いたいね。まだ若いようなので、立ち直るチャンスもあるかもしれない。



よくオレさまは、「スピの世界は玉石混合だ」と言う。



しかし、玉なんてホントにそうカンタンにみつかんねぇよ。



ってか、なんで高いカネぶんどってわけわかんねーセミナーやら勉強会やらをやるとこばっかじゃん。ダスカロス系勉強サークルなんてほとんど必要経費くらいだけだぜ。



それでいて、継続的な勉強ができる。ほんとに霊性の道で自己の成長を望むなら、ダスカロスのような一級の神秘家の残したシステムがある。ヤる気があるならそういうとこをまず選ぶのが無難だろうに。



まぁキリスト教神秘主義はあわん、となったらダスカロス系ではダメだろうけど。しかし、なんであれまともなところは、「継続的勉強の場(内容)の用意 + 続けやすいことを考慮した低額」であることが不可欠。というより、自然とそうなるはずなんだよ。



提供者がまともならな。



気ぃつけろよ。



この道で怖いのは、中途半端なのは、「昨日までまともだったのに、今日堕ちていた」がザラだからだ。とくに「先生」と呼ばれたがる者、指導者的立場、プライドを抱く者は要注意だ。



ダスカロスのような一級の覚者でさえ「名誉とは罠なんだ」「先生と呼ばれたがってはいけない」と自分にも周囲にも注意していた。



ましてや、「みんなより少しだけこの道を知ってるから、勉強したいなら教えるよ」といった程度のモンは、ほんとに堕ちやすい。



オレさまなんざ、一週間、「せんせー♪」なんて甘い声でささやき続けられたら、すぐにエゴイズムが肥大化して堕ちる自信があるっつーの。w



ほんっっっとに、気をつけろよ。



おまいを堕とすエゴイズムは、おまいの内で育ち続け、明晰な理性と誠実さの仮面を被ってやってくるのだ。



気がつけば、思考そのものを乗っ取られている。



ま。そんな話だ。



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter