“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

復活の呪文

b7f362462cfee3945495da3e4a674855_s

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★
これからの人生を
最高にパワフルにするために!

1000人以上が読むだけで
魂が熱くなり、
 
「人生を諦めない!」
 
と気力が爆発した8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」
著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
今まで何度も挑戦して失敗した

☑決めたことが長続きしない

挑戦したいけど、もう自分は歳かもしれない。

もういろいろと諦めている。

主婦だし、自分の夢を持つなんて。。。

 

そんな自分の人生に諦めを感じて
いるすべてのオトナたちへ。
 
人生に、復活はある!! 

【メール『復活の呪文』の受け取りはコチラ】
     
https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■
“オトナのためのスピリチュアル”       
~人生を変える8本のメール~
■■■■■■■■■■■■■■■■■
     
こんちは~。
メルマガ「魂の神秘学」
著者加藤夏樹といいます。
 
 
今回、
伝統的神秘学を修めた
スピリチュアリスト/神秘家として、
8本のメールから成る
この無料メール講座を用意しました。
  
それは、
次のような気持ちからです。
  
  
日々ブログやメルマガを書いて多くの
読者と交流したり、
普通に社会人として
過ごす中、
次のような気持ちを
抱いている人って割と多くないかな?
という印象を持ちました。

             
「人生の酸いも甘いも味わった。
 挫折もした。
       
 気が付けば、
 この先の人生も見通しがつくし、
 漠然とした不安しかない。

 でも新しく何か出来る気がしない。
 自分の可能性や限界が、
 なんとなく分かってしまう…」
 
 
そんな、
どこかくすぶった気持ちを
抱えたまま、
どこか惰性で今を
生きてしまっている・・・。

 

そんなくすぶった気持ちで
毎日を過ごしている人が、
今のご時世、多いように思う。
 
 
そして一方で、 
      
「このまま、
 静かに人生の
 終焉を迎えるのだろうか…?」
 
 
そんな諦めと
焦燥感が心の中で衝突している
オトナも多いのではないか。
 
そう感じてる。
 
そこで、
自分も40歳を迎えて、
オトナの
仲間入りをした今、
「仲間」へのエールとして、
8本のメッセージレターを
書き上げました。
 
 
焦燥感と諦めが混在する
オトナたちにこそ、
強く言いたい。
 
 
これから、
おれたちの世代こそ、
熱く、タフに生きることが、
この国には求められている、と。
 
 
【なぜ熱いオトナ復活が必要か】
 
 
今、日本という社会は、
成熟期後半に入り、
ますます盛り上がりに欠けてくる。

残念だけど、それは現実ですよね。

 
アベノミクスやオリンピック、
そんな一時的なカンフル剤では、
どうしようもなくなる。
 
 
止まらない少子化や、
重税国家という在り方、
格差社会、移民問題、若者の貧困化、
消費税増税、超高齢化社会の
問題がますます表面化し、
生きることがとても
大変な時代に突入するだろう。
 
 
だから今、一人ひとりが、
稼ぐ力、熱く生きる力、
たくましく人生を全うする力
を求められている。
そう強く感じる。
 
 
そのめたに、
おれたち「オトナ」が熱く、
カッコよくなかったら、
明日を担う世代が、
熱く、楽しく生きていける
ハズがないと思わないかい?
 
 
「オトナになるってことは、
こんなにカッコいいんだ」
 
「こんなに楽しいんだ」
 
そういえる、
本気のオトナたちが、
この国にはもっと必要なんだ。
 
 
「人生はこれからだ・・・!」
  
    
「まだできるはずだ」

 

「ツーストライク、ツーアウトかもしれない。
 でも、まだ負けていないね」
 
「さぁ、もう一度立ち上がってみせようかな」
  
    
そう自分を信じることができるなら。
  
    
だったら今度こそ、
諦めに終止符を打ち、
確実に目標を成し遂げ、
人生を謳歌しようぜ。
 
 
そんな明日を実現する
「魂の力」を養うことが
できるとが信じられるなら。
  
    
復活すればいい。
  
    
もう一度、
立ちあがればいいじゃねぇか。
  
    
だからオレは
そのために書きつづった。
  
     
魂に力を与え、
現実を生成するために
『必要な知恵』と、
『魂を賦活する処方箋』
  
    
メルマガ『魂の神秘学』
著者加藤夏樹が、
渾身の力でつづった
8本のメールによる、
 
【復活の呪文】。
 
 
    
あなたがもう一度
立ちあがるために、
ぜひ読んで欲しいと思います。

 

いつだって人生は、
思い立ったその時が、最高のタイミングじゃないかな。


さぁ、改めて最高のスタートダッシュを切ろう!!
  
     
【メールの受け取りはコチラ】
     
https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/
    
※完全無料です。
 
 
     
明日を創る力を取り戻したい
オトナたちに向けて書いた
8本の手紙。
 
 
あなたに
必要な知恵は、
すべて込めておきました!
    
加藤夏樹

 

【メールの受け取りはコチラ】
https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

 
 

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/11/19)
    そうそう!結局内観が一番のコアですよ。ここに取り組み、それだけで問題ないっす。
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar たかメイ さんより(18/11/19)
    こんにちは! 最近、つくづく思うのです。夏樹さんも言っていたと思われますが(違ってたらごめんなさい)、「内観だけでいい」と。 過去に意識をやたらフォーカスしてしまうと、それが国家規模になるとすごいルサンチマンになってしまいます。 個人たとトラウマですか。 未来にフォーカスだとまだ、希望的観測がありますが、いまここでいられる(時間を忘れている)無我夢中状態というのは、集中力が必須だと思います。 日常で、いまここに立ち帰れるというのは 内観 しかないのではないのかと。 仕事に集中できるってことはいいことなのですね。 「内観」、すごいですね!
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter